153件中 11 - 20件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た藤波辰爾藤波 辰爾

    1994年のG1優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た藤田和之

    2001年は武藤率いるBATTと抗争。2002年、蝶野は4度目のG1チャンピオンとなった。また、札幌大会でアントニオ猪木に指名され、新日本プロレスのブッカー(現場責任者)となった。2003年5月2日の東京ドーム大会でプロレスリング・ノアの三沢光晴と初対決。30分ドローに終わる。8月には4度目のG1優勝を果たした。大会後、魔界倶楽部、高山善廣、藤田和之ら外敵との抗争に入り新日本隊に合流し、TEAM 2000は自然消滅。2003年にノアに初参戦、三沢と組み小橋建太・田上明組と対戦。5月の新日本東京ドーム大会では小橋の持つGHCヘビー級王座に左足靭帯損傷の状態で挑戦。敗れるも「ミスタープロレス対ミスタープロレス」と称されたこの試合で蝶野は小橋のハーフネルソンスープレックス6発を受けきって見せ、小橋と共にファンの大喝采を受けた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た天山広吉

    1994年のG1優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た松本人志

    『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』にゲスト出演した際に、強烈なビンタを見舞うことが「蝶野ビンタ」として有名になった。実際に喰らう事が多い山崎は「星が散った」と零す程威力があるそうで、それを見ていた松本人志は「川で熊が鮭を捕る時のよう」と称賛している。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た三浦大輔三浦 大輔

    横浜ベイスターズの三浦大輔、鈴木尚典と親交があり、以前はnWo時代を中心に三浦がリングサイドで観戦したり、逆に横浜スタジアムの試合前にnWo軍で激励に行ったりしていた。1998年に横浜ベイスターズが優勝した時は、三浦と鈴木尚はnWoのフェイスペインティングをしてビールかけをした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た鈴木尚典

    横浜ベイスターズの三浦大輔、鈴木尚典と親交があり、以前はnWo時代を中心に三浦がリングサイドで観戦したり、逆に横浜スタジアムの試合前にnWo軍で激励に行ったりしていた。1998年に横浜ベイスターズが優勝した時は、三浦と鈴木尚はnWoのフェイスペインティングをしてビールかけをした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た坂口征二

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た田中直樹 (お笑い芸人)

    『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の罰ゲームスペシャル「笑ってはいけないシリーズ」で2007年から2012年にかけて制裁ビンタの執行役として登場しており恒例化している。その際、ビンタを受けるのは決まって山崎邦正である。ただし例外として一度だけココリコの田中直樹を『笑ってはいけないホテルマン』にてビンタしたことがある。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た坂口征夫

    1月13日 - 東京・後楽園ホール『LEGEND THE PRO-WRESTLING 2013』で、2013年度の初戦で勝利を収めた(坂口征夫と初対戦)蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たココリコ

    『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の罰ゲームスペシャル「笑ってはいけないシリーズ」で2007年から2012年にかけて制裁ビンタの執行役として登場しており恒例化している。その際、ビンタを受けるのは決まって山崎邦正である。ただし例外として一度だけココリコの田中直樹を『笑ってはいけないホテルマン』にてビンタしたことがある。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

153件中 11 - 20件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード