153件中 21 - 30件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た山崎邦正

    『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の罰ゲームスペシャル「笑ってはいけないシリーズ」で2007年から2012年にかけて制裁ビンタの執行役として登場しており恒例化している。その際、ビンタを受けるのは決まって山崎邦正である。ただし例外として一度だけココリコの田中直樹を『笑ってはいけないホテルマン』にてビンタしたことがある。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た渕正信

    復帰後の1999年、AKIRA、ドン・フライらと共にTEAM 2000を結成。武藤率いるnWoと抗争を開始し、2000年に武藤との決着戦に勝利。nWoを消滅(実際にはWCWとの提携解除に伴いnWoの使用権が消滅したため)させ、nWoの残存勢力を吸収し組織を拡大。同年、所属選手の大半が離脱し、存続の危機に陥った全日本プロレスから渕正信が新日本に登場。蝶野がマイクパフォーマンスで応戦し、対抗戦の口火を切った。単身全日本プロレス日本武道館大会に歴史的参戦。渕とシングルマッチを行い勝利後、「お前ら家に帰ってマスでもこいてろ!」とアピールし全日本ファンを敵に回した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た佐々木健介佐々木 健介

    蝶野は1992年にも再びG1で優勝し、同時にNWA世界ヘビー級王座を獲得した。このG1連覇により「夏男」と呼ばれるようになった。1992年9月23日、スティーブ・オースチンとのNWA世界ヘビー級王座戦において古傷の首を悪化させた。1993年1月4日、グレート・ムタとのNWA・IWGPダブルタイトル戦で敗戦した。1993年のG1クライマックスでは準決勝で馳浩に破れた。1994年1月、橋本真也のIWGPヘビー級王座に挑戦したが敗戦した1994年8月、G1クライマックス決勝でパワーウォーリアーを破り、3度目のタイトルを手にした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た田上明

    2001年は武藤率いるBATTと抗争。2002年、蝶野は4度目のG1チャンピオンとなった。また、札幌大会でアントニオ猪木に指名され、新日本プロレスのブッカー(現場責任者)となった。2003年5月2日の東京ドーム大会でプロレスリング・ノアの三沢光晴と初対決。30分ドローに終わる。8月には4度目のG1優勝を果たした。大会後、魔界倶楽部、高山善廣、藤田和之ら外敵との抗争に入り新日本隊に合流し、TEAM 2000は自然消滅。2003年にノアに初参戦、三沢と組み小橋建太・田上明組と対戦。5月の新日本東京ドーム大会では小橋の持つGHCヘビー級王座に左足靭帯損傷の状態で挑戦。敗れるも「ミスタープロレス対ミスタープロレス」と称されたこの試合で蝶野は小橋のハーフネルソンスープレックス6発を受けきって見せ、小橋と共にファンの大喝采を受けた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た三沢光晴

    2001年は武藤率いるBATTと抗争。2002年、蝶野は4度目のG1チャンピオンとなった。また、札幌大会でアントニオ猪木に指名され、新日本プロレスのブッカー(現場責任者)となった。2003年5月2日の東京ドーム大会でプロレスリング・ノアの三沢光晴と初対決。30分ドローに終わる。8月には4度目のG1優勝を果たした。大会後、魔界倶楽部、高山善廣、藤田和之ら外敵との抗争に入り新日本隊に合流し、TEAM 2000は自然消滅。2003年にノアに初参戦、三沢と組み小橋建太・田上明組と対戦。5月の新日本東京ドーム大会では小橋の持つGHCヘビー級王座に左足靭帯損傷の状態で挑戦。敗れるも「ミスタープロレス対ミスタープロレス」と称されたこの試合で蝶野は小橋のハーフネルソンスープレックス6発を受けきって見せ、小橋と共にファンの大喝采を受けた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た小学館

    『白兵武者』蝶野正洋 原案、石渡治 作画、小学館、全12巻蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た幻冬舎

    『烈闘生 傷だらけの履歴書』幻冬舎 増補改訂版版 1999年4月 共著:橋本真也・武藤敬司・蝶野正洋 ISBN 4-877287-22-1蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た松竹

    2007年10月6日に公開された松竹映画『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』を撮った映画監督・蝶野博は、従兄弟にあたる(蝶野の父の弟の息子とのこと)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た馳浩

    蝶野は1992年にも再びG1で優勝し、同時にNWA世界ヘビー級王座を獲得した。このG1連覇により「夏男」と呼ばれるようになった。1992年9月23日、スティーブ・オースチンとのNWA世界ヘビー級王座戦において古傷の首を悪化させた。1993年1月4日、グレート・ムタとのNWA・IWGPダブルタイトル戦で敗戦した。1993年のG1クライマックスでは準決勝で馳浩に破れた。1994年1月、橋本真也のIWGPヘビー級王座に挑戦したが敗戦した1994年8月、G1クライマックス決勝でパワーウォーリアーを破り、3度目のタイトルを手にした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た闘魂三銃士

    蝶野 正洋(ちょうの まさひろ、男性、1963年9月17日 - )は、日本のプロレスラー。本名:同じ。アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ、東京都三鷹市育ち。闘魂三銃士の1人。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

153件中 21 - 30件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード