224件中 31 - 40件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た小学館

    『白兵武者』蝶野正洋 原案、石渡治 作画、小学館、全12巻蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た幻冬舎

    『烈闘生 傷だらけの履歴書』幻冬舎 増補改訂版 1999年4月 共著:橋本真也・武藤敬司・蝶野正洋 ISBN 4-877287-22-1蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た松竹

    2007年10月6日に公開された松竹映画『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』を撮った映画監督・蝶野博は、従兄弟にあたる(蝶野の父の弟の息子)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た東京メトロポリタンテレビジョン

    『バラいろダンディ』(2015年10月 - TOKYO MX) - 水曜隔週レギュラーのち、2017年1月4日より月曜から木曜日担当メインMC。それ以前より、ゲスト枠で数回出演あり。なおMC初回はワールドプロレス解説のため1時間遅刻し、未出演。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たサントリー

    サントリー マグナムドライ(すべて声のみの出演)蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たMBS毎日放送

    『ちちんぷいぷい (テレビ番組)』(2017年10月?)MBS毎日放送) - 金曜日コメンテーター蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たnWoジャパン

    1994年のG1 CLIMAX優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た真壁刀義

    2007年1月4日、東京ドーム大会で武藤とタッグを結成して勝利。G1 CLIMAXにおいて真壁刀義に敗北をした後、リング上にて長州、越中詩郎、マシン、ライガーを呼び出し、新軍団結成を呼びかけた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たストーン・コールド・スティーブ・オースチン

    蝶野は1992年にも再びG1 CLIMAXで優勝し、同時にNWA世界ヘビー級王座を獲得した。このG1連覇により「夏男」と呼ばれるようになった。1992年9月23日横浜アリーナ大会、スティーブ・オースチンとのNWA世界ヘビー級王座初防衛戦において防衛。古傷の首を悪化。1993年1月4日、グレート・ムタとのNWA・IWGPダブルタイトル戦で敗戦した。3連覇が掛かった1993年の第三回G1 CLIMAXでは準決勝で馳浩に破れた。1994年1月、橋本真也のIWGPヘビー級王座に挑戦したが敗戦した。1994年8月、G1クライマックス決勝でパワーウォーリアーを破り、3度目のタイトルを手にした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た2009年

    2009年1月4日、東京ドーム大会でケビン・ナッシュ、カート・アングル、長州力と日米レジェンドタッグを結成し、G・B・Hに勝利を収めた。10月3日、ノア・大阪府立体育会館で行われた三沢光晴追悼興行に参戦。かつて戦った小橋と、GHC王者の潮崎豪とタッグを結成した。10月12日、蝶野正洋25周年特別興行「ARISTRIST IN 両国国技館」開催。自身は小橋と武藤とタッグを組んでメインイベントに登場して勝利した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

224件中 31 - 40件表示