224件中 41 - 50件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たプロレスリング・ノア

    2001年は武藤率いるBATTと抗争。2002年、蝶野は4度目のG1チャンピオンとなった。また、札幌大会でアントニオ猪木に指名され、新日本プロレスの現場責任者となった。2002年5月2日の東京ドーム大会でプロレスリング・ノアの三沢光晴と初対決。30分ドローに終わる。この東京ドーム大会は現場監督就任の最初仕事になった。8月には4度目のG1優勝を果たした。大会後、魔界倶楽部、高山善廣、藤田和之ら外敵との抗争に入り新日本隊に合流し、TEAM 2000は自然消滅。猪木派vs新日蝶野派の図式、総合推進派vsプロレス推進が進んだ。2003年にノアに初参戦、三沢と組み小橋建太・田上明組と対戦。ノアの有明コロシアム大会に来場し、自ら「ミスタープロレス対ミスタープロレス」と称し、小橋の持つGHCヘビー級王座に挑戦を表明、5月2日の新日本東京ドーム大会で対決した。敗れるも蝶野は小橋のハーフネルソンスープレックス6発を受けきって見せ、小橋と共にファンの大喝采を受けた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た日本文化センター

    若手時代に日本文化センターテレフォンショッピングに出演したことがあり、体を鍛える器具を紹介していた。ファンの間では伝説のCMと呼ばれている。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たロイヤル・ハント

    ロイヤル・ハント「MARTIAL ARTS」のタイトル違い。1999年以降、パフ・ダディーの「No Way Out」と「VICTORY (NINE INCH NAILS REMIX)」の一部を前奏として付け加えたバージョンを主に使用している。前奏部分の歌詞は、「Damn. I would have never thought it ever would have been like this. Fuck you all niggaz wanna do!(和訳:クソったれ、こんなになるとは思ってなかった。この野郎、一体何がやりてえんだ)」となっている。アメトーークでは江頭2:50の登場曲としても使用されたこともある。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た闘魂三銃士

    1988年7月が1回目の短期凱旋で、新日本プロレス有明コロシアム大会に参戦。帰国直前、プエルトリコで武藤敬司、橋本真也とともに「闘魂三銃士」を結成し凱旋。闘魂継承を最も意識したのは橋本真也で、蝶野正洋、武藤敬司の2人は乗り気でなかった。1989年4月、プロレス会初の新日本プロレス第1回東京ドーム大会参戦が、2度目の凱旋帰国。IWGP王座決定トーナメントに出場し、ビッグバン・ベイダーに準々決勝で破れた。この後は、ドイツブレーメンを拠点に、オーストラリア遠征、アフリカのジンバブエ遠征に参戦。正式な帰国は1989年秋。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たハルク・ホーガン

    1994年のG1 CLIMAX優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たAKIRA (プロレスラー)

    復帰後の1999年、AKIRA、ドン・フライらと共にTEAM 2000を結成。武藤率いるnWoと抗争を開始し、2000年に武藤との決着戦に勝利。nWoを消滅(実際にはWCWとの提携解除に伴いnWoの使用権が消滅したため)させ、nWoの残存勢力を吸収し組織を拡大。同年、所属選手の大半が離脱し、存続の危機に陥った全日本プロレスから渕正信が新日本に登場。蝶野がマイクパフォーマンスで応戦し、対抗戦の口火を切った。単身全日本プロレス日本武道館大会に歴史的参戦。渕とシングルマッチを行い勝利後、「お前ら家に帰ってマスでもこいてろ!」とアピールし全日本ファンを敵に回した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た石渡治

    『白兵武者』蝶野正洋 原案、石渡治 作画、小学館、全12巻蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た狼群団

    1994年のG1 CLIMAX優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た矢野通

    監督・ばんざい!(2007年) - 蝶天ラーメン店員A役、店員Bは天山広吉。因縁をつけてきた客(邪道、外道、真壁刀義、矢野通、高橋裕二郎)をケンカキックや天山のモンゴリアンチョップで成敗する。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たトリプルH

    ブレイド3(2005年・日本語吹き替え) - グリムウッド(演・トリプルH) 役蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

224件中 41 - 50件表示