153件中 81 - 90件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たサークルK

    STF弁当(「サークルK」より出品した。)蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たアミューズブックス

    『Gray zone』蝶野正洋・辻義就 共著、アミューズブックス、1999年、ISBN 4-906613-37-3蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たワニブックス

    『会社に負けない喧嘩の仕方』ワニブックス、2010年、ISBN 4-84706-510-7蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た日本文化センター

    日本文化センターテレホンショッピング「パワートレーナー」蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たJ SPORTS

    J sports ESPNで放送中の新日本プロレスSXWなどで実況を務めるフリーアナウンサーの鍵野威史は小学校時代の同級生。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た横浜スタジアム

    横浜ベイスターズの三浦大輔、鈴木尚典と親交があり、以前はnWo時代を中心に三浦がリングサイドで観戦したり、逆に横浜スタジアムの試合前にnWo軍で激励に行ったりしていた。1998年に横浜ベイスターズが優勝した時は、三浦と鈴木尚はnWoのフェイスペインティングをしてビールかけをした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たG1 CLIMAX

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た東京ドーム

    蝶野は1988年7月に新日本プロレスに短期帰国した。遠征からの帰国後は武藤敬司、橋本真也とともに「闘魂三銃士」として活躍するものの、人気は武藤と橋本の後塵を拝した。1989年4月、新日本プロレス初の東京ドームでの興行であるIWGP王座決定トーナメントに出場し、ビッグバン・ベイダーに準々決勝で破れた。この間には、アメリカ合衆国に戻ったり、短期間オーストラリアに遠征などした。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た東京都

    蝶野 正洋(ちょうの まさひろ、男性、1963年9月17日 - )は、日本のプロレスラー。本名:同じ。アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ、東京都三鷹市育ち。闘魂三銃士の1人。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たシャイニング・ウィザード

    シャイニングケンカキック(シャイニングヤクザキック・シャイニングマフィア)蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

153件中 81 - 90件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード