290件中 91 - 100件表示
  • Γ-エンドルフィン

    Γ-エンドルフィンから見た血圧血圧

    γ-エンドルフィン(γ-Endorphin)は、α-エンドルフィンよりも1つだけ多い17個のアミノ酸の存在で特徴づけられるオピオイドペプチドである。他のエンドルフィンと同様に、1970年代の発見当初から研究が続いているが、体内での正確な役割については未だ証明されていない。しかしいくつかの研究では、このポリペプチドは、統合失調症の特定の分類の患者に対し、抗精神病薬活性を持つことが示されている。一方、γ-エンドルフィンは血圧の調整を助けていると主張する研究者もいる。さらなる研究が必用であるが、γ-エンドルフィンが実際にそのような性質を持つとすれば、将来的に医薬品として利用できる可能性がある。Γ-エンドルフィン フレッシュアイペディアより)

  • 鉄過剰症

    鉄過剰症から見た血圧血圧

    マウスに鉄を過剰に投与することによる心臓障害モデルで、タウリンの投与により心筋のアポトーシスの抑制、細胞の繊維化の抑制が認められ、生存率の増加、血圧などの症状が改善された。鉄過剰症 フレッシュアイペディアより)

  • ボストーク基地

    ボストーク基地から見た血圧血圧

    このような条件により1週間から2ヶ月間で気候順応し、頭痛、目の痙攣、耳の痛み、窒息知覚 、鼻血、血圧の急激な上昇、睡眠不足、食欲不振、嘔吐、筋肉痛、関節リウマチおよび、3〜5 kgの体重減少を伴う。ボストーク基地 フレッシュアイペディアより)

  • カナグリフロジン

    カナグリフロジンから見た収縮期血圧血圧

    単剤、メトホルミン併用、メトホルミン・SU剤併用の各臨床試験の結果、偽薬に比べてHbA1cが0.6〜0.9%低下した。また若干の体重減少(偽薬より0.3〜3.3%)が見られた。HDLコレステロールおよび収縮期血圧も改善したが、同時にLDLコレステロールも上昇した。カナグリフロジン フレッシュアイペディアより)

  • オファツムマブ

    オファツムマブから見た血圧血圧

    Infusion reaction が繰り返し現れることがある。点滴静注中はバイタルサイン(血圧、脈拍、呼吸数等)や自他覚症状を充分に観察する必要がある。症状:アナフィラキシー、発熱、悪寒、発疹、疼痛、咳嗽、呼吸困難、気管支痙攣、血圧下降、徐脈、心筋梗塞、肺水腫等オファツムマブ フレッシュアイペディアより)

  • 一酸化窒素供与型COX阻害薬

    一酸化窒素供与型COX阻害薬から見た血圧血圧

    最初のCINODは1990年代に開発され始めたが、上市された化合物はない。であるやが2000年代中盤に血管系の副作用で市場から撤退した事でCINODsの重要性は高まっている。さらに、既存のNSAIDsは血圧を上昇させ、高血圧治療薬の作用に拮抗する。CINODsのいくつかは治験の段階にある。その内では(NO-ナプロキセン)が最も先行していたが、2010年に米国FDAがさらなる臨床試験の必要性を指摘し不承認を決定した。他のCINODsも炎症関連疾患の治療薬として開発中である。一酸化窒素供与型COX阻害薬 フレッシュアイペディアより)

  • パンクロニウム

    パンクロニウムから見た血圧血圧

    副作用としては若干の心拍数上昇とそれに伴う動脈血圧上昇・心拍出量増加、唾液過多、および、皮疹、、発汗である。筋弛緩作用は重篤な疾患を惹起し、衰弱を蓄積させ得るので、パンクロニウムは、ICUで換気管理されている患者に対して長期間用いることは好ましくない。パンクロニウム フレッシュアイペディアより)

  • アセビ

    アセビから見た血圧血圧

    有毒植物であり、葉を煎じて殺虫剤に利用される。有毒成分はグラヤノトキシンI(旧名アセボトキシン)、アセボプルプリン、アセボイン、ジテルペン、アンドロメドトキシン。毒部位は、全株、葉、樹皮、茎、花。毒症状は、血圧低下、腹痛、下痢、嘔吐、呼吸麻痺、神経麻痺。近年では、殺虫効果を自然農薬として利用する試みがなされている。アセビ フレッシュアイペディアより)

  • クラック・コカイン

    クラック・コカインから見た血圧血圧

    コカイン使用時の短期間的な生理学的影響としては、血管収縮、瞳孔散大、体温上昇、心拍数増大、血圧上昇などが生じる。一度に数百ミリグラム以上の量を使用をした場合、利用者はコカインの作用でハイになる他に、奇妙な振る舞いや、常軌を逸した振る舞い、暴力的な振る舞いをする。クラック・コカインの大量使用、もしくは繰り返し使用することで、震え、めまい、筋肉の痙攣、譫妄などの状態をひきおこすが、これらの中毒反応はアンフェタミンの中毒反応と非常に似通っている。幾人かのコカイン使用者は、落ち着きのなさ、興奮性、不安を感じたことを報告している。まれに、コカインの使用時(初使用時も含む)に突然死に至ることがある。コカインによる突然死の原因の多くは、心不全や呼吸停止発作によるものである。クラック・コカイン フレッシュアイペディアより)

  • 電解質代謝

    電解質代謝から見た血圧血圧

    鉱質コルチコイドは Na+ の再吸収、K+ の分泌、アンモニウムイオン NH4+ としてのプロトン H+ の分泌を促進する。K+ や H+ の分泌増加は、Na+ の再吸収増大により負の粘膜ポテンシャルが増加することで起こるため、鉱質コルチコイドが過剰になると細胞外の[Na+]増加、細胞外液の増大が起こり、血清[K+]の減少を伴うアルカローシスが発生する。細胞外液増大により血圧は上昇する。鉱質コルチコイドの生成、分泌はレニン・アンジオテンシン・アルドステロン系により調節され、副腎皮質刺激ホルモンの関与は少ない。電解質代謝 フレッシュアイペディアより)

290件中 91 - 100件表示

「血圧」のニューストピックワード