290件中 111 - 120件表示
  • 発芽玄米

    発芽玄米から見た血圧血圧

    血圧上昇を抑制する働きを持つガンマアミノ酪酸(通称:ギャバ)が玄米より多く、白米の約10倍程度含有される。発芽玄米 フレッシュアイペディアより)

  • 昇圧剤

    昇圧剤から見た血圧血圧

    昇圧剤(しょうあつざい)とは、著しい血圧低下が見られた際に、一時的に血圧を上昇させることを目的として投与される薬剤のことである。強心剤についてもここで述べる。昇圧剤 フレッシュアイペディアより)

  • アンジオテンシン

    アンジオテンシンから見た血圧血圧

    アンジオテンシンにはI?IVの4種が存在し、これらのうち、アンジオテンシンII〜IVは心臓の収縮力を高め、細動脈を収縮させることで血圧を上昇させる。なお、アンジオテンシンIには血圧を上昇させる効果は無い。アンジオテンシン フレッシュアイペディアより)

  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群

    抗利尿ホルモン不適合分泌症候群から見た血圧血圧

    バソプレッシンは、脳下垂体後葉から分泌されるペプチドホルモンである。バソプレッシンは血管を収縮させて血圧を上昇させる作用のほかに、腎臓での水再吸収を促進させることにより尿量を減少させる作用を持つ。バソプレッシンはこの二つの作用により循環血液量と血圧の維持を行っている。後者の作用のため、「バソプレッシンは「抗利尿ホルモン(英:Antidiuretic hormone:ADH)」とも言われる。ADHの分泌は血漿浸透圧の上昇(すなわち、水分の減少=循環血液量の減少)および血圧の低下により促進され、その逆では抑制される。抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 フレッシュアイペディアより)

  • セルフケア

    セルフケアから見た血圧血圧

    File:Blood pressure testing.jpg|血圧計を用いて自分で血圧を測り、それを把握し、適切な対応をする。セルフケア フレッシュアイペディアより)

  • 低カリウム血症

    低カリウム血症から見た血圧血圧

    特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。低カリウム血症 フレッシュアイペディアより)

  • 発熱

    発熱から見た血圧血圧

    バイタルサインは意識、血圧、体温、脈拍、呼吸などの項目をいい、最初に測るものとして位置づけられている。発熱の場合は他のバイタルサインも連動して動くことが知られており、体温が1℃上昇すると脈拍数も10拍/min増加する。体温0.55℃上昇につき10拍/分の増加までは生理的な変化の範囲内といわれている。また発熱とともに呼吸数が増加(通常30回/分以上。代謝性アシドーシスに対する代償性頻呼吸のために起きる)したら敗血症を疑い、血圧がさがってきたら敗血症性ショックを疑う。例外として比較的徐脈を呈する疾患と呼ばれるものがある。比較的徐脈とは体温の上昇の割りに脈拍の増加が目立たない状態であり、腸チフスで有名である。あえて列記するのなら、ブルセラ症、髄膜炎、レジオネラ、オウム病、腸チフス、サルモネラである。発熱 フレッシュアイペディアより)

  • ナプロキセン

    ナプロキセンから見た血圧血圧

    腎臓におけるプロスタグランジン合成阻害作用をもつ他のNSAIDsと同様に、ナトリウムの排泄を抑制し血圧上昇をきたす可能性がある。利尿薬、ACE阻害薬、β遮断薬などとの併用は、それらの薬の降圧効果を減少させる可能性があるため、相互作用に十分注意する必要がある。ナプロキセン フレッシュアイペディアより)

  • 仮面高血圧

    仮面高血圧から見た血圧血圧

    仮面高血圧(かめんこうけつあつ) とは、診察室で医師が測定した血圧値は正常血圧であるのに、家庭や職場で自己測定した血圧値が高血圧となる場合をいう。診察室や病院では正常血圧とされるために本当の高血圧がマスクされるという意味で、仮面(をかぶった)高血圧」や「かくれ高血圧」とも呼ばれる。白衣高血圧とは正反対の概念である。また、逆白衣現象とも呼ばれている。仮面高血圧 フレッシュアイペディアより)

  • ジムノペディ

    ジムノペディから見た血圧血圧

    この曲には気分を落ち着かせる効果もあるとされ、例えば病院における血圧測定中に心身の緊張をほぐすBGMとして流されたり、精神科などでは心理療法の治療の一環として使用されることもある。また、演劇やTV番組の静かな場面でのBGMとして流されることも多い。ジムノペディ フレッシュアイペディアより)

290件中 111 - 120件表示

「血圧」のニューストピックワード