290件中 121 - 130件表示
  • イプラグリフロジン

    イプラグリフロジンから見た血圧血圧

    治験段階では血糖低下以外に、血圧低下、血清尿酸値低下、コレステロールプロファイルの改善、体重減少も有意に認められた。イプラグリフロジン フレッシュアイペディアより)

  • ダパグリフロジン

    ダパグリフロジンから見た血圧血圧

    治験段階では血糖低下以外に、血圧低下、血清尿酸値低下、コレステロールプロファイルの改善、体重減少も有意に認められた。ダパグリフロジン フレッシュアイペディアより)

  • 生体情報モニタ

    生体情報モニタから見た血圧血圧

    人のバイタルサインをモニタリングする装置である。心電図・心拍数、血圧、体温といったバイタルサインをモニタリングし(=継続的に測定・記録し)、患者の状態が異常になったときにはアラーム音などで知らせる。最近では、パルスオキシメーターも組み込まれている装置が多くなった。生体情報モニタ フレッシュアイペディアより)

  • 血圧反射機能

    血圧反射機能から見た血圧血圧

    血圧反射機能(けつあつはんしゃきのう)とは、血圧の値を一定の範囲に保持するための反射システム。血圧反射、動脈圧反射、圧受容器反射(英 baroreflex)と表現されることもある。血圧反射機能 フレッシュアイペディアより)

  • 圧受容器

    圧受容器から見た血圧血圧

    圧受容器(あつじゅようき、英:baroreceptor又はbaroceptor)とは圧力変化に反応する受容器の総称。皮膚の圧変化を感知する受容器、細胞外液量を感知する受容器、血圧変化を感知する受容器が存在するが、特に血圧変化を感知する受容器を指すことがある。血圧変化を感知する受容器は頚動脈洞、大動脈弓、心房、心室に存在する。血圧変化を感知する受容器は短期における変化には応答するが、慢性的な変化にはほとんど反応しない。これは長期的な変化では反応レベルが再設定されるためである。圧受容器 フレッシュアイペディアより)

  • エイコサペンタエン酸

    エイコサペンタエン酸から見た収縮期血圧血圧

    基礎研究で脂質代謝、血液凝固異常の改善が認められた。1日4グラム以下のEPA、DHAの摂取により、LDLコレステロール値5%?10%、中性脂肪値が25%?30%低下した。神戸大学の研究では、1日2700ミリグラムのEPAを8週間投与することにより本態性高血圧患者の収縮期血圧が低下した。エイコサペンタエン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 恒常性

    恒常性から見た血圧血圧

    恒常性の保たれる範囲は体温や血圧、体液の浸透圧や水素イオン指数などをはじめ病原微生物やウイルスといった異物(非自己)の排除、創傷の修復など生体機能全般に及ぶ。恒常性 フレッシュアイペディアより)

  • ラドン

    ラドンから見た血圧血圧

    温泉の含有成分としてラドンを含むものは放射能泉として分類される。ラドンおよびそれ以後の各種放射性同位体が放つ放射線が健康に寄与するとの考え方(ホルミシス効果)があり、痛風、血圧降下、循環器障害の改善や悪性腫瘍の成長を阻害するなどの効能が信じられている。ラドン フレッシュアイペディアより)

  • 造影剤

    造影剤から見た血圧血圧

    ヨウ素を使用しておりアレルギー反応が出現することがあるため、使用前に既往歴の問診が欠かせない。実際にアレルギーが出現し血圧低下などが起こった場合は輸液やカテコールアミンの使用で対処する必要がある。造影剤 フレッシュアイペディアより)

  • イソプロテレノール

    イソプロテレノールから見た血圧血圧

    イソプロテレノールの循環器への非選択的作用は、細動脈のに存在するβ1、β2両受容体への作用による。β2受容体が刺激されると細動脈平滑筋が弛緩して血管が拡張する。イソプロテレノールは心臓に対する陽性変力作用および陽性変時作用を持ち、これらの作用は血圧を上昇させるが、血管拡張効果のため血圧は低く保たれる。結果的に全体としてはは低下する。イソプロテレノール フレッシュアイペディアより)

290件中 121 - 130件表示

「血圧」のニューストピックワード