290件中 11 - 20件表示
  • ヘスペリジン

    ヘスペリジンから見た血圧血圧

    様々な薬理作用に関する報告がこれまでになされている。ヘスペリジンはラットにおいて、コレステロールや血圧を低下させる。ヘスペリジン フレッシュアイペディアより)

  • 合食禁

    合食禁から見た血圧血圧

    胡桃と酒: のぼせやすくなるとされた。胡桃の実には血圧を上げる効果があるため。合食禁 フレッシュアイペディアより)

  • スマートドラッグ

    スマートドラッグから見た血圧血圧

    ナイアシン (ビタミンB3) - 必須栄養素。集中力や記憶力を穏やかに改善する。血管拡張作用。気分安定、強い抗不安作用。副作用:異常亢進、血圧の低下、皮膚の紅潮(血管拡張作用による)、痒み(ヒスタミンの生成による)スマートドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 点滴静脈注射

    点滴静脈注射から見た血圧血圧

    点滴装置は、ガラス瓶あるいは合成樹脂製バッグに無菌的に充填された薬液と、患者の静脈に刺入される注射針が、「点滴ライン」あるいは「点滴セット」と称される専用のチューブで繋がれたものより成る(組み立てる順番は後述する)。静脈であっても相応の血圧が存在するので、圧力をかけるため薬液は高い位置に吊す必要がある。点滴ラインの途中には「チャンバー」と呼ばれる太くなった箇所があり、ここに薬液が滴下される(「点滴」という呼称はここから来ている)。これにより薬液中の微小な気泡が除去されると共に時間当たりの注入量(=注入速度)を測ることができる。注入速度は「ローラークレンメ」というころ状の部品でチューブを圧迫し、狭窄させることによって調節するが、正確な管理が要求される場合は輸液ポンプが用いられる。点滴ではないが、微量の薬剤を持続的に投与する方法としては注射器をすこしずつ押すシリンジポンプも用いられる。急速に薬剤を注入するときは、加圧バッグで薬液を圧迫する方法もとられる(野外での応急手当のような設備が存在しない環境の場合、手で押すこともある)。点滴静脈注射 フレッシュアイペディアより)

  • 高血圧治療薬

    高血圧治療薬から見た血圧血圧

    高血圧治療薬(こうけつあつちりょうやく、)は、医薬品の分類の一つであり、何らかの原因で血圧が正常範囲から持続的に逸脱している場合(いわゆる高血圧)、具体的には収縮期血圧(最高)が140mmHg以上あるいは拡張期血圧(最低)が90mmHg以上の場合に、その血圧を低下させる目的で用いられる治療薬であるが、この基準値は患者の年齢や糖尿病などの基礎疾患の有無により異なる。また、家庭血圧と診療室血圧の値がそれぞれ異なる値を示すことが東北大学の今井らによって行われた大迫研究により明らかにされており、ガイドラインにおいても考慮されている。日本の高血圧人口は4000万人に及ぶとも言われ、もはや国民的な疾患であると言える。高血圧は生活習慣病の一つに位置づけられ、自覚症状はほとんど認められないものの、血管内皮の障害を起因として動脈硬化症を発症する原因となり、さらにそこから虚血性心疾患や脳卒中など種々の合併症が引き起こされることから問題となる。高血圧治療薬 フレッシュアイペディアより)

  • 覚醒剤

    覚醒剤から見た血圧血圧

    最近の研究では、非定型抗精神病薬との併用試験において、快の気分が生じなくても心拍数や血圧の上昇が起こることがあり、薬物への依存性にほとんど変化がなかったとの結果が示された。これらの研究では、非定型抗精神病薬を併用した方が心拍数や血圧の上昇を増強しているようであり、依存の治療にはむしろ有害である可能性が示された。覚醒剤 フレッシュアイペディアより)

  • ショック

    ショックから見た血圧血圧

    ショックまたは循環性ショック(じゅんかんせいショック)とは、主に血圧が下がって、瀕死の状態になる急性の症候群。生命の危険がある状態のひとつ。医学用語としての「ショック」は、単にびっくりした状態、急に衝撃を受けた状態、という意味ではない。より正確には、身体の組織循環が細胞の代謝要求を満たさない程度にまで低下することによる重要臓器の機能障害と細胞死によって引き起こされる、重度かつ生命の危機を伴う病態のこと。但し、明かな血圧低下を認めない事もある。ショック フレッシュアイペディアより)

  • 救急救命士

    救急救命士から見た血圧血圧

    (13) 血圧計の使用による血圧の測定救急救命士 フレッシュアイペディアより)

  • 血液

    血液から見た血圧血圧

    水分代謝を調整し、血圧や組織液の浸透圧などをコントロールする。血液 フレッシュアイペディアより)

  • 敗血症

    敗血症から見た血圧血圧

    悪寒、全身の炎症を反映して著しい発熱、倦怠感、鈍痛、認識力の低下を示す。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。播種性血管内凝固症候群を合併すると血栓が生じるために多臓器が障害(多臓器不全)され、また血小板が消費されて出血傾向となる。起炎菌が大腸菌などのグラム陰性菌であると、菌の産生した内毒素(エンドトキシン)によってエンドトキシンショックが引き起こされる。また代謝性アシドーシスと呼吸性アルカローシスの混合性酸塩基平衡異常をきたす。敗血症性ショック症状を起こすと患者の25%は死亡する。敗血症 フレッシュアイペディアより)

290件中 11 - 20件表示

「血圧」のニューストピックワード