218件中 11 - 20件表示
  • 脳梗塞

    脳梗塞から見た血圧血圧

    血行力学性(hemodynamic)によるものとは 一時的に血圧が下がったために、脳の一部が十分な血流を得ることができなくなって壊死に陥ったものである。血栓性や塞栓性では壊死しにくい分水嶺領域に発症することが特徴的である。分水嶺領域(Watershed Area)とは、どの動脈に栄養されているかで脳を区分した時に、その境目に当たる区域のことである。この部分は、一方の動脈が閉塞してももう一方から血流が得られるため動脈の閉塞に強い。しかし、動脈本幹から遠いため血圧低下時には虚血に陥りやすいのである。この場合は診断名はアテローム血栓性脳梗塞である。脳梗塞 フレッシュアイペディアより)

  • 内分泌学

    内分泌学から見た血圧血圧

    腎臓の血管に障害が起こって腎血流が低下し、これを体全体の血圧の低下と勘違いした腎臓が血圧を上げるホルモン : レニンを分泌して、鉱質コルチコイドが駆動されて、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。内分泌学 フレッシュアイペディアより)

  • バイタルサイン

    バイタルサインから見た血圧血圧

    医学用語で「生きている証」を意味し、人体の現在の状態を示す様々な数値情報で表す。その主対象となるのは、脳神経機能、循環機能、呼吸機能である。一般的には、脈拍あるいは心拍数・呼吸(数)・血圧・体温の4つを指すことが多い。また、救急医学などでは意識レベルなどもバイタルサインとして重要視している。視神経のチェックとして瞳孔の反射を診ることも行われる。さらに、尿量をバイタルサインに含める論者もいる。バイタルサイン フレッシュアイペディアより)

  • 筋原説

    筋原説から見た血圧血圧

    血圧上昇 ⇒ 動脈壁伸展 ⇒ 機能的細動脈収縮 ⇒ 血流抵抗上昇 ⇒ 血流量増大を相殺。筋原説 フレッシュアイペディアより)

  • 万井正人

    万井正人から見た血圧血圧

    血圧のはなし』同朋舎出版、1987年万井正人 フレッシュアイペディアより)

  • S.M散

    S.M散から見た血圧血圧

    副作用は少ないが、まれに便秘、むかつきや長期服用時に血圧上昇、むくみなどが確認されている。腎臓病患者や高齢者は、高マグネシウム血症や尿路結石にも注意する。S.M散 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧反射機能

    血圧反射機能から見た血圧血圧

    血圧反射機能(けつあつはんしゃきのう)とは、血圧の値を一定の範囲に保持するための反射システム。血圧反射、動脈圧反射、圧受容器反射(英 baroreflex)と表現されることもある。血圧反射機能 フレッシュアイペディアより)

  • サマンダリン

    サマンダリンから見た血圧血圧

    サマンダリン(Samandarin、もしくはSamandarine)は、主にファイアサラマンダー (Salamandra salamandra) の皮脂腺に含まれるステロイドアルカロイドである。猛毒で、中枢神経系に作用して呼吸麻痺を起こす。血圧上昇作用、局所麻酔作用もあると言われている。サマンダリン フレッシュアイペディアより)

  • 傍糸球体細胞

    傍糸球体細胞から見た血圧血圧

    傍糸球体細胞は酵素レニンを合成、貯蔵、分泌する。この細胞は、糸球体に入る輸入細動脈の内壁にあり、緻密斑からのシグナルによりレニンを分泌する。レニンはレニン-アンジオテンシン系を介して血液量や血圧を制御する。傍糸球体細胞 フレッシュアイペディアより)

  • ファンシーGUYきゃとらん

    ファンシーGUYきゃとらんから見た血圧血圧

    ネズミのファンシーキャラクター。若手なのに血圧が高いのが悩み。ファンシーGUYきゃとらん フレッシュアイペディアより)

218件中 11 - 20件表示