290件中 21 - 30件表示
  • タウリン

    タウリンから見た血圧血圧

    タウリンには「からだ、細胞を正常状態で保つ作用(ホメオスタシス)」がある。たとえば、血圧上昇に対する下降作用などがこれに該当する。特に、肝臓に対して働きかける作用を持ち、大まかに分類すると以下のようになる。タウリン フレッシュアイペディアより)

  • 食物繊維

    食物繊維から見た血圧血圧

    食物繊維摂取量との関連が検討された生活習慣病は多岐に及び、心筋梗塞の発症ならびに死亡、糖尿病の発症との間に負の関連を認めたとする研究報告が数多くある。また、循環器疾患の強い危険因子である血圧並びに血清(または血漿)LDLコレステロールとの間でも負の関連が示唆されている。さらに、肥満との関連を示した疫学研究も多数存在する。一方、がん、特に、大腸(結腸並びに直腸)がんとの関連については、最近の疫学研究の結果は必ずしも一致していない。ハーバード大学公衆衛生学部は、「食物繊維の摂取は、健康効果のある健全な食事としてもてはやされ、心臓病、糖尿病、憩室疾患、便秘を含む様々な疾患のリスクを減少させていた。多くの人が信じていたにも関わらず、食物繊維には大腸がんのリスクの減少の効果はほとんど認められなかった。」と発表している。食物繊維 フレッシュアイペディアより)

  • 脳梗塞

    脳梗塞から見た血圧血圧

    血行力学性(hemodynamic)によるものとは 一時的に血圧が下がったために、脳の一部が十分な血流を得ることができなくなって壊死に陥ったものである。血栓性や塞栓性では壊死しにくい分水嶺領域に発症することが特徴的である。分水嶺領域(Watershed Area)とは、どの動脈に栄養されているかで脳を区分した時に、その境目に当たる区域のことである。この部分は、一方の動脈が閉塞してももう一方から血流が得られるため動脈の閉塞に強い。しかし、動脈本幹から遠いため血圧低下時には虚血に陥りやすいのである。この場合は診断名はアテローム血栓性脳梗塞である。脳梗塞 フレッシュアイペディアより)

  • 子癇前症

    子癇前症から見た血圧血圧

    子癇前症のリスク要因は:肥満、高血圧、高齢年齢、糖尿病などである。初めての妊娠または双子を妊娠している場合、通常よりも頻繁に診られる。その根本的なメカニズムは異常な血管が胎盤に成形されることが要因のひとつである。多くの場合、出産前に診断されるので、出産後に子癇前症になることはまれである。歴史的に高血圧とたんぱく尿の人は診断してもらうことが義務付けられており、高血圧と関連する臓器機能障害も検査の対象に含まれる場合がある。血圧が高いと診断されるのは妊娠20週後の最高血圧が140mmHgまたは最低血圧が90mmHgを4時間以上おきの2度の測定で上回る場合である。子癇前症は出生前診断で定期的に検査される。子癇前症 フレッシュアイペディアより)

  • 筋原説

    筋原説から見た血圧血圧

    血圧上昇 ⇒ 動脈壁伸展 ⇒ 機能的細動脈収縮 ⇒ 血流抵抗上昇 ⇒ 血流量増大を相殺。筋原説 フレッシュアイペディアより)

  • オシロメトリック法

    オシロメトリック法から見た血圧血圧

    オシロメトリック法(オシロメトリックほう、英 oscillometric methods)とは血圧の間接測定法の一つ。四肢あるいは尾にカフを巻き、カフを加圧した後、減圧していく。この過程でのカフ圧の変化を調べることにより血圧を測定する。一般に圧脈波が急激に大きくなる時のカフ圧を収縮期血圧(最高血圧)、急激に小さくなるときのカフ圧を拡張期血圧(最低血圧)とする。その他の血圧測定法としてコロトコフ音法(聴診法)、超音波ドップラー法などがある。オシロメトリック法 フレッシュアイペディアより)

  • エナラプリルマレイン酸塩

    エナラプリルマレイン酸塩から見た血圧血圧

    エナラプリルマレイン酸塩 (Enalapril maleate)とは、血管を拡張させる作用と血圧を降下させる作用を持った薬剤である。マレイン酸エナラプリルと表記されていることもある。アンジオテンシン変換酵素の阻害により、血圧を上げる物質であるアンジオテンシンIIの生成を抑えて血圧を下げる。なお本剤は母乳に移行することが知られている。エナラプリルマレイン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • 暖色

    暖色から見た血圧血圧

    暖色は人の感情を高揚させ、脈拍や呼吸、血圧が高まり、自律神経を刺激するため、性ホルモンの分泌を促進、筋肉の緊張の増大、食欲や空腹感の増進効果がある。また、時間の流れが早く感じる作用もあるとされる。暖色 フレッシュアイペディアより)

  • 失活歯髄切断法

    失活歯髄切断法から見た血圧血圧

    失活歯歯髄切断法(しっかつしずいせつだんほう)とは、歯髄炎などの歯髄疾患のために歯髄を除去しなければならない患者のうち、血圧がきわめて高いなどの問題があるために、局所麻酔の適用ができない患者に対して行う歯髄の一部除去療法。失活歯髄切断法 フレッシュアイペディアより)

  • 中心血圧

    中心血圧から見た血圧血圧

    中心血圧(ちゅうしんけつあつ)とは主に大動脈起始部の血圧を指す。中心血圧 フレッシュアイペディアより)

290件中 21 - 30件表示

「血圧」のニューストピックワード