218件中 21 - 30件表示
  • タキシン

    タキシンから見た血圧血圧

    心臓毒の一種であり、症状としては末梢神経性循環障害食欲廃絶、筋力低下、四肢の振戦、呼吸困難、心臓麻痺、心拍数減少、血圧低下、体温低下、痙攣、硬直など様々なものが挙げられる。タキシン フレッシュアイペディアより)

  • オシロメトリック法

    オシロメトリック法から見た血圧血圧

    オシロメトリック法(オシロメトリックほう、英 oscillometric methods)とは血圧の間接測定法の一つ。四肢あるいは尾にカフを巻き、カフを加圧した後、減圧していく。この過程でのカフ圧の変化を調べることにより血圧を測定する。一般に圧脈波が急激に大きくなる時のカフ圧を収縮期血圧(最高血圧)、急激に小さくなるときのカフ圧を拡張期血圧(最低血圧)とする。その他の血圧測定法としてコロトコフ音法(聴診法)、超音波ドップラー法などがある。オシロメトリック法 フレッシュアイペディアより)

  • マラオクソン

    マラオクソンから見た血圧血圧

    その他にも結膜の充血、視界のかすみ、鼻水、気管支収縮、せき、攣縮、食欲不振、失禁、目の変化、衰弱、呼吸困難、気管支痙攣、呼吸停止による低血圧又は高血圧、落ち着きのなさ、不安症、めまい、眠気、震え、運動失調、抑うつ、精神錯乱、神経障害(まれ)、昏睡、循環器系]又は呼吸器の機能低下による死の症状を引き起こす。このタイプの物質への曝露は、目のくらみ、緊張感、視覚のぼけ、胸部の(締め付けられるような)不快感、浮腫、筋肉の脱力、反射の喪失、括約筋コントロールの喪失、心臓不整脈、様々な程度の心臓ブロック及び心不全などを引き起こす。遠近調節痙攣、目の周囲のうずく痛み、眼震、遅発性の遠近軸索変性症、知覚異常、手足の麻痺、なども起こす。血圧低下も引き起こすことがある。呼吸不全を起こすこともある。マラオクソン フレッシュアイペディアより)

  • エラグ酸

    エラグ酸から見た血圧血圧

    エラグ酸は、その摂取による潜在的なヒトの健康上の効能に関心が持たれている。しかし、これらの提案された効能についての研究が2010年に至るまでほとんど報告されていない。頸動脈狭窄症患者19名を含む小規模なランダム化比較試験は、エラグ酸を豊富に含むザクロ果汁の摂取が血圧と頸動脈壁の厚さを減らす効果を示した。前立腺癌の化学療法を受けていた48人の患者の2005年の対照実験では、(エラグ酸または対照群いずれでも重度の好中球減少症はなかったが)エラグ酸サプリメントは、化学療法に伴う好中球減少症の割合を減少させることを示した。エラグ酸サプリメントは、この試験では前立腺癌の患者の全生存期間及び無増悪生存期間の改善を示さなかった。エラグ酸 フレッシュアイペディアより)

  • 医業

    医業から見た血圧血圧

    なお、逆に、体温測定、血圧測定、パルスオキシメーターによる動脈血酸素飽和度の測定、軽微な切り傷や擦り傷の処置、服薬介助などが医療行為に該当しないことについては、2005年の医政局長通知 で提示されている。医業 フレッシュアイペディアより)

  • 計量法

    計量法から見た血圧血圧

    水銀柱ミリメートル(血圧計量法 フレッシュアイペディアより)

  • エナラプリルマレイン酸塩

    エナラプリルマレイン酸塩から見た血圧血圧

    エナラプリルマレイン酸塩 (Enalapril maleate)とは、血管を拡張させる作用と血圧を降下させる作用を持った薬剤である。マレイン酸エナラプリルと表記されていることもある。アンジオテンシン変換酵素の阻害により、血圧を上げる物質であるアンジオテンシンIIの生成を抑えて血圧を下げる。なお本剤は母乳に移行することが知られている。エナラプリルマレイン酸塩 フレッシュアイペディアより)

  • ビリーズブートキャンプ

    ビリーズブートキャンプから見た血圧血圧

    メリットとして、対象者がそれぞれ個々のペースで取り組むことが出来る点がある。55分のプログラムでは、負荷も増大しており、通常時から血圧の高い人は脳出血などの重篤な急性症状を引き起こす恐れがあるとされる。また、体力に自信があっても不調を感じた時点でエクササイズを休憩・中止するべきであり、ビリーも本編やテレビ出演時にコメントしている。バンドを用いたエクササイズは高い負荷がかかるため、運動不足の人はそれを用いないことが勧められている。ビリーズブートキャンプ フレッシュアイペディアより)

  • 電解質代謝

    電解質代謝から見た血圧血圧

    ミネラルコルチコイドは Na+ の再吸収、K+ の分泌、アンモニウムイオン NH4+ としてのプロトン H+ の分泌を促進する。K+ や H+ の分泌増加は、Na+ の再吸収増大により負の粘膜ポテンシャルが増加することで起こるため、ミネラルコルチコイドが過剰になると細胞外の[Na+]増加、細胞外液の増大が起こり、血清[K+]の減少を伴うアルカローシスが発生する。細胞外液増大により血圧は上昇する。ミネラルコルチコイドの生成、分泌はレニン - アンギオテンシン - アルドステロン系により調節され、副腎皮質刺激ホルモンの関与は少ない。電解質代謝 フレッシュアイペディアより)

  • マラスムス

    マラスムスから見た血圧血圧

    病状が進むと患児は下痢に悩まされ、腸が衰弱する。タンパク質の不足で発生するクワシオルコルとは異なり、マラスムスでは浮腫は見られない。脈拍、血圧、心拍数は低下する。栄養分の不足によって、免疫機構の抵抗力も激しく低下する。患者はそのためにいくつもの感染症にかかりやすくなり、ときには死に至ることもある。マラスムス フレッシュアイペディアより)

218件中 21 - 30件表示

「血圧」のニューストピックワード