218件中 31 - 40件表示
  • コバイケイソウ

    コバイケイソウから見た血圧血圧

    光沢があり、硬く葉脈がはっきりとした長楕円形の葉が互生する。有毒であり、全草にプロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持つ。誤食すると嘔吐や痙攣を起こし、血管拡張から血圧降下を経て、重篤な場合死に至る。若芽は山菜のオオバギボウシやノカンゾウの若芽に似ており、誤食による食中毒が毎年のように発生しているため注意が必要コバイケイソウ フレッシュアイペディアより)

  • 神経内分泌学

    神経内分泌学から見た血圧血圧

    神経内分泌系は我々がストレス及び感染に対処する手段を支配する。また、我々の摂食行動や取り込んだエネルギーをいかに利用するかということ、すなわち、どのように我々が脂質を取り込むかということを左右する代謝作用を調節する。そして我々の状況に影響を与える。神経内分泌系は体液や電解質の恒常性、そして血圧を調節する。言い換えれば、神経内分泌系は主要な健康に関するいくつもの中心的関心事であり、しばしば奥深い個人的な興味である。神経内分泌学 フレッシュアイペディアより)

  • 大淀町立大淀病院事件

    大淀町立大淀病院事件から見た血圧血圧

    午前4時すぎ、患者のいびきは強くなり血圧も上がり始めた。産科医が再び奈良県立医大、医大から推薦のあった奈良県立奈良病院に電話をかけたが「受け入れはできない」との回答であった。午前4時30分、約60km離れた大阪府にある国立循環器病センターから受け入れ可能の連絡が入った。この頃より患者は呼吸困難な状態に陥っていた。その後、午前4時49分に搬送開始、5時47分に同センターに到着し、午前6時20分、CT撮影を行い脳内出血と診断されたが、すでに脳ヘルニアは完成した状態であった。午前7時55分、緊急手術と帝王切開を実施、患者は2612gの男児を出産した。その後、母体は同月16日に死亡した。死因は脳出血とされた。大淀町立大淀病院事件 フレッシュアイペディアより)

  • 解離性麻酔薬

    解離性麻酔薬から見た血圧血圧

    呼吸抑制が弱く、血圧が下がりにくいため安全な麻酔薬として広く用いられている。特に動物に対しては非常に有用である。副作用として、悪夢や幻覚を見る。このため、使用時には鎮静薬を併用して脳深層部分の興奮を抑えるようにしている。覚醒後に現実からの解離を感じるため、一種の麻薬として悪用されている。解離性麻酔薬 フレッシュアイペディアより)

  • エナラプリル

    エナラプリルから見た血圧血圧

    エナラプリル (enalapril) とはアンジオテンシン変換酵素阻害薬の1つ。アンジオテンシン変換酵素 (ACE) を抑制することにより血圧を低下させる。アルドステロン分泌の抑制による利尿作用を有する。高血圧、うっ血性心不全の治療に使用される。副作用として肺のブラジキニン増加による空咳が生じる。エナラプリル フレッシュアイペディアより)

  • 棒足

    棒足から見た血圧血圧

    棒足は最高値と最低値を示すものであることから血圧等を示すグラフ作成に使われることもある。棒足 フレッシュアイペディアより)

  • クラック・コカイン

    クラック・コカインから見た血圧血圧

    コカイン使用時の短期間的な生理学的影響としては、血管収縮、瞳孔散大、体温上昇、心拍数増大、血圧上昇などが生じる。一度に数百ミリグラム以上の量を使用をした場合、利用者はコカインの作用でハイになる他に、奇妙な振る舞いや、常軌を逸した振る舞い、暴力的な振る舞いをする。クラック・コカインの大量使用、もしくは繰り返し使用することで、震え、めまい、筋肉の痙攣、譫妄などの状態をひきおこすが、これらの中毒反応はアンフェタミンの中毒反応と非常に似通っている。幾人かのコカイン使用者は、落ち着きのなさ、興奮性、不安を感じたことを報告している。まれに、コカインの使用時(初使用時も含む)に突然死に至ることがある。コカインによる突然死の原因の多くは、心不全や呼吸停止発作によるものである。クラック・コカイン フレッシュアイペディアより)

  • 即死

    即死から見た血圧血圧

    例えば交通事故により大腿骨を損傷、大腿動脈を破損した場合、激しく出血をして、大方1分以内に失血死する。轢死などでの頭部切断や腹部切断では、数分間口や手足を動かしたりすることもある。これらを大抵「交通事故により即死した」と言うが、この場合でも、激しい出血によるショック状態、そしてそれに伴う意識喪失、連続した血圧低下など様々なプロセスを経ているため、決して「瞬間に」死んでいるわけではない。即死 フレッシュアイペディアより)

  • 細動脈

    細動脈から見た血圧血圧

    細動脈(さいどうみゃく)は、直径100~200μm程度の細い動脈で、毛細血管になる前に存在する血管。抵抗血管とも呼ばれ、全身の血圧の維持と関係がある。高血圧症が持続すると、細動脈ははじめは機能的に、次に器質的に狭窄してくる。細動脈 フレッシュアイペディアより)

  • 血液循環説

    血液循環説から見た血圧血圧

    1628年、ハーベーは『動物における血液と心臓の運動について』 (Exercitatio anatomica de motu cordis et sanguinis in animalibus) において血液循環説を発表した。発表当時これは激しい論争の的となり、1649年に反論に対する再反論の冊子をハーベーが発行した。その後血液循環説は多くの人々によって様々に実験・検証され、その正しさは次第に受け入れられていく。また、この血液循環説が後に心臓や血圧の正しい理解へと繋がった。血液循環説 フレッシュアイペディアより)

218件中 31 - 40件表示

「血圧」のニューストピックワード