290件中 31 - 40件表示
  • シェロンテスト

    シェロンテストから見た血圧血圧

    シェロンテストは、血圧計を用いて、安静時(正確には仰臥位)と、起立時の血圧を比較し、自律神経の安定度を診る検査である。シェロンテスト フレッシュアイペディアより)

  • 大腿動脈

    大腿動脈から見た血圧血圧

    橈骨動脈で脈拍を触れる事が出来ないが大腿動脈では触れる場合、血圧はおおよそ60?80mmHgである事が経験的に知られている。大腿動脈 フレッシュアイペディアより)

  • 眼圧

    眼圧から見た血圧血圧

    眼内圧と血圧は別のものである。しかし、拡張時血圧(最低血圧)の高い人や、糖尿病患者と眼圧値の間に正の相関がみられるという報告もある(山梨医大雑誌 1999)。眼圧 フレッシュアイペディアより)

  • 腹腔内出血

    腹腔内出血から見た血圧血圧

    大量出血が起こると血圧低下、頻脈、皮膚蒼白、冷汗などのショック症状、濁音界移動を伴った腹部膨隆、腹痛が生じ、検査では赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値、中心静脈圧値、時間尿量が減少、低下する。腹腔内出血 フレッシュアイペディアより)

  • 乏尿

    乏尿から見た血圧血圧

    脱水、ショック、腎不全、といった徴候が見られる場合、腎前性の乏尿の可能性が考えられる。健常者であっても血圧が70 - 80mmHg以下では腎の有効な灌流圧が得られないが、老化や動脈硬化を有する場合、あるいはすでに腎機能が低下している場合には、この値より軽度の血圧降下でも容易に尿量の減少をきたし腎不全となりうる。乏尿 フレッシュアイペディアより)

  • 丹参

    丹参から見た血圧血圧

    血管拡張、血流増加、血圧降下、抗血栓、血液粘度低下、動脈硬化の予防・改善、抗酸化、鎮痛、抗炎症、抗菌、精神安定丹参 フレッシュアイペディアより)

  • エプロサルタン

    エプロサルタンから見た血圧血圧

    この薬品はレニン-アンギオテンシン系に作用する。まず、血管の平滑筋のAT1レセプターへのアンギオテンシンIIの結合を阻害し、血管を拡張させる。次に、交感神経系ノルアドレナリンの合成を阻害し、さらに血圧を減少させる。エプロサルタン フレッシュアイペディアより)

  • 神経内分泌学

    神経内分泌学から見た血圧血圧

    神経内分泌系は我々がストレス及び感染に対処する手段を支配する。また、我々の摂食行動や取り込んだエネルギーをいかに利用するかということ、すなわち、どのように我々が脂質を取り込むかということを左右する代謝作用を調節する。そして我々の状況に影響を与える。神経内分泌系は体液や電解質の恒常性、そして血圧を調節する。言い換えれば、神経内分泌系は主要な健康に関するいくつもの中心的関心事であり、しばしば奥深い個人的な興味である。神経内分泌学 フレッシュアイペディアより)

  • 脂質メディエーター

    脂質メディエーターから見た血圧血圧

    免疫、生体防御、血圧調節、痛みや発熱、消化管活動、細胞増殖、分裂と分化制御など幅広い生理機能を持っており、このバランスの破綻が多くの疾患と関連している。多くの脂質メディエーターは細胞膜にあるGタンパク質共役受容体に結合し作用する。他方、ステロイドホルモン、ビタミンA、ビタミンDなどは核内受容体に結合し、遺伝子発現を起こす。脂質メディエーター フレッシュアイペディアより)

  • 頚動脈小体

    頚動脈小体から見た血圧血圧

    頚動脈小体からの情報は舌咽神経を通じて延髄の呼吸中枢にフィードバックされる。これらの中枢が呼吸と血圧を調節する。頚動脈小体 フレッシュアイペディアより)

290件中 31 - 40件表示

「血圧」のニューストピックワード