290件中 41 - 50件表示
  • 血液循環説

    血液循環説から見た血圧血圧

    1628年、ハーベーは『動物における血液と心臓の運動について』 (Exercitatio anatomica de motu cordis et sanguinis in animalibus) において血液循環説を発表した。発表当時これは激しい論争の的となり、1649年に反論に対する再反論の冊子をハーベーが発行した。その後血液循環説は多くの人々によって様々に実験・検証され、その正しさは次第に受け入れられていく。また、この血液循環説が後に心臓や血圧の正しい理解へと繋がった。血液循環説 フレッシュアイペディアより)

  • ファンシーGUYきゃとらん

    ファンシーGUYきゃとらんから見た血圧血圧

    ネズミのファンシーキャラクター。若手なのに血圧が高いのが悩み。ファンシーGUYきゃとらん フレッシュアイペディアより)

  • マラオクソン

    マラオクソンから見た血圧血圧

    その他にも結膜の充血、視界のかすみ、鼻水、気管支収縮、せき、攣縮、食欲不振、失禁、目の変化、衰弱、呼吸困難、気管支痙攣、呼吸停止による低血圧又は高血圧、落ち着きのなさ、不安症、めまい、眠気、震え、運動失調、抑うつ、精神錯乱、神経障害(まれ)、昏睡、循環器系]又は呼吸器の機能低下による死の症状を引き起こす。このタイプの物質への曝露は、目のくらみ、緊張感、視覚のぼけ、胸部の(締め付けられるような)不快感、浮腫、筋肉の脱力、反射の喪失、括約筋コントロールの喪失、心臓不整脈、様々な程度の心臓ブロック及び心不全などを引き起こす。遠近調節痙攣、目の周囲のうずく痛み、眼震、遅発性の遠近軸索変性症、知覚異常、手足の麻痺、なども起こす。血圧低下も引き起こすことがある。呼吸不全を起こすこともある。マラオクソン フレッシュアイペディアより)

  • コバイケイソウ

    コバイケイソウから見た血圧血圧

    有毒であり、全草にプロトベラトリン等のアルカロイド系の毒成分を持つ。誤食すると嘔吐や痙攣を起こし、血管拡張から血圧降下を経て、重篤な場合死に至る。若芽は山菜のオオバギボウシやノカンゾウの若芽に似ており、誤食による食中毒が毎年のように発生しているため注意が必要コバイケイソウ フレッシュアイペディアより)

  • 傍糸球体細胞

    傍糸球体細胞から見た血圧血圧

    傍糸球体細胞は酵素レニンを合成、貯蔵、分泌する。この細胞は、糸球体に入る輸入細動脈の内壁にあり、緻密斑からのシグナルによりレニンを分泌する。レニンはレニン-アンジオテンシン系を介して血液量や血圧を制御する。傍糸球体細胞 フレッシュアイペディアより)

  • 万井正人

    万井正人から見た血圧血圧

    血圧のはなし』同朋舎出版、1987年万井正人 フレッシュアイペディアより)

  • 心臓足首血管指数

    心臓足首血管指数から見た血圧血圧

    脈波伝播速度は、動脈硬化の進展を定量的に診断するための、動脈の硬さを表すパラメータの一つであるが、血圧の変動に大きく影響されるので、患者の血圧の上下が激しいと、動脈硬化指数としての定量診断が困難になる。そこで、フクダ電子から、腕と足首の脈波から簡単に計測する診断機器が市販され、日本国内では大きく市場が広がっている。血管の弾性係数そのものであるスティフネスパラメータβ法(stiffness parameterβ)を提示する心臓足首血管指数(CAVI)として、提案されている。心臓足首血管指数 フレッシュアイペディアより)

  • 胸部大動脈瘤

    胸部大動脈瘤から見た血圧血圧

    S. Sugitaらによると、血圧上昇に伴う大動脈瘤壁スティフネス上昇の指標である硬さ降伏パラメータ τP が破裂圧力と有意に相関した。動脈壁の接線剛性 S と生体内の血圧 Pvivo との関係を胸部大動脈瘤 フレッシュアイペディアより)

  • メーンズ・コルテベークの式

    メーンズ・コルテベークの式から見た血圧血圧

    メーンズ・コルテベークの式の述べるところは、血管壁の壁厚 h の血管の半径 r と血液の密度 ρ に対する比が一定である時、脈波伝播速度 PWV は増分弾性係数 Einc の平方根に比例するというものである。但し、動脈壁は等方的であり血圧による等積変化を受けるものと仮定する。メーンズ・コルテベークの式 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンドケッセルモデル

    ウィンドケッセルモデルから見た血圧血圧

    "Windkessel" は元はドイツ語であり、英語に直訳すれば "air chamber" 、即ち「空気室」となるが、通常は「弾性を持った貯留槽モデル」といったニュアンスで使用される。太い弾性血管(例: 大動脈、総頸動脈、鎖骨下動脈、肺動脈、そしてそれらの主要分枝)はエラスチンによって構成された弾性線維を含んでいる。これらの血管は収縮期に血圧が上がると拡張し、拡張期に血圧が下がるともとの径に収縮する。があるために、それらの弾性血管に流入する血流量は、流出する血流量よりも多くなる。そのため、収縮期に差し引きの血液量が血管内に蓄えられ、それが拡張期に末梢側に放出されることになる。その結果、心臓からの血液の拍出が止まる拡張期でも臓器への血液灌流が維持されている。これをウィンドケッセル効果(Windkessel effect)と呼ぶ。ウィンドケッセル効果は、一回のにおける血圧の変動(=)に対する緩衝作用を果たしている。ウィンドケッセルモデル フレッシュアイペディアより)

290件中 41 - 50件表示

「血圧」のニューストピックワード