218件中 41 - 50件表示
  • エピネフリン反転

    エピネフリン反転から見た血圧血圧

    エピネフリン反転(えぴねふりんはんてん、英:epinephrine reversal)は、α1受容体拮抗薬投与後にエピネフリンを静脈内注射するとエピネフリンの血圧上昇作用が血圧下降作用に反転する現象。アドレナリン反転とも呼ばれる。'血管壁に存在するα1受容体及びβ2受容体と呼ばれるG蛋白質共役受容体はともにエピネフリンに対する受容体として機能することが知られている。α1受容体にエピネフリンが結合すると血圧上昇作用を示すが、一方β2受容体へのリガンドの結合により血圧下降作用を示す。通常ではα1受容体を介した作用が優位のためエピネフリンの投与により血圧上昇を示す。しかし、α1受容体拮抗薬の存在下ではβ2受容体を介した作用が優位となり血圧下降作用を生じる。抗精神病薬などの中にはα遮断作用を持つ薬物もあり、このような薬物を服用した状態でエピネフリンを静脈投与することにより血圧降下を誘導するため大変危険である。なおエピネフリンと同じく内因性カテコールアミンであるノルエピネフリンはβ2受容体を介した血圧下降作用が弱いため、α1受容体拮抗薬により血圧上昇作用の抑制は起こるが血圧反転は起こらない。1906年Daleによって、麦角アルカロイドを予め投与したネコにエピネフリンを投与すると血圧下降作用が生じることから発見された。エピネフリン反転 フレッシュアイペディアより)

  • 急性腹症

    急性腹症から見た血圧血圧

    問診とともに重要な診断方法である。視診、聴診、打診、触診、直腸診、内診の順に行う。また、バイタルサイン(脈拍、血圧、呼吸、意識レベル、体温)を測定し、輸液やその他の体調管理が必要ないか調べる必要がある。急性腹症 フレッシュアイペディアより)

  • 川満聡

    川満聡から見た血圧血圧

    一時期体重が85kg以上になり『ありえない血糖値』『ありえない血圧』をマークしたことによりダイエットを決意。沖縄県民が滅多に乗らない自転車にも乗り、現在の体重は70kg前後だという。このことは同業の(特に肥満気味な)沖縄のローカルタレントたちに少なからず影響を与えた。川満聡 フレッシュアイペディアより)

  • 丹参

    丹参から見た血圧血圧

    血管拡張、血流増加、血圧降下、抗血栓、血液粘度低下、動脈硬化の予防・改善、抗酸化、鎮痛、抗炎症、抗菌、精神安定丹参 フレッシュアイペディアより)

  • ナプロキセン

    ナプロキセンから見た血圧血圧

    腎臓におけるプロスタグランジン合成阻害作用をもつ他のNSAIDと同様に、ナトリウムの排泄を抑制し血圧上昇をきたす可能性がある。利尿薬、ACE阻害薬、β遮断薬などとの併用は、それらの薬の降圧効果を減少させる可能性があるため、相互作用に十分注意する必要がある。ナプロキセン フレッシュアイペディアより)

  • ヘスペリジン

    ヘスペリジンから見た血圧血圧

    様々な薬理作用に関する報告がこれまでになされている。ヘスペリジンはラットにおいて、コレステロールや血圧を低下させる。ヘスペリジン フレッシュアイペディアより)

  • 逆立ち

    逆立ちから見た血圧血圧

    過剰に行ったり、個々の体質にもよるが、脳が高い血圧に耐えられない場合がある。脳血管に圧力が掛かり、血管壁が破裂する危険性や、神経が集中している眼底を痛め、最悪の場合失明の危険性がある。逆立ち フレッシュアイペディアより)

  • 暖色

    暖色から見た血圧血圧

    暖色は人の感情を高揚させ、脈拍や呼吸、血圧が高まり、自律神経を刺激するため、性ホルモンの分泌を促進、筋肉の緊張の増大、食欲や空腹感の増進効果がある。また、時間の流れが早く感じる作用もあるとされる。暖色 フレッシュアイペディアより)

  • コルネイユ・ハイマンス

    コルネイユ・ハイマンスから見た血圧血圧

    血圧や血液中の酸素の含量が体の各部でどのように認識され、大脳に情報が届けられるのかということを示し、1938年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。コルネイユ・ハイマンス フレッシュアイペディアより)

  • 前帯状皮質

    前帯状皮質から見た血圧血圧

    この領域には背側部 (ブロードマンの脳地図における24野) と腹側部 (ブロードマンの脳地図における32野) が含まれている。前帯状皮質は血圧や心拍数の調節のような多くの自律的機能の他に、報酬予測、意思決定、共感や情動といった認知機能に関わっているとされている。前帯状皮質 フレッシュアイペディアより)

218件中 41 - 50件表示

「血圧」のニューストピックワード