218件中 61 - 70件表示
  • ベナゼプリル

    ベナゼプリルから見た血圧血圧

    ベナゼプリル()は、アンジオテンシン変換酵素阻害薬の1つ。アンジオテンシンIはアンジオテンシン変換酵素 (ACE)の作用によりアンジオテンシンIIに変化する。アンジオテンシンIIは血圧を上昇させる作用を有する。アンジオテンシン変換酵素阻害薬はアンジオテンシン変換酵素を抑制することによりアンジオテンシンIIの生成を抑制し、血圧を低下させる。アルドステロン分泌の抑制による利尿作用を有する。高血圧、うっ血性心不全の治療に使用される。副作用として肺のブラジキニン増加による空咳が生じる。ベナゼプリル フレッシュアイペディアより)

  • バイオマーカー (薬学)

    バイオマーカー (薬学)から見た血圧血圧

    薬学においてバイオマーカー(Biomarker;あるいは生物指標化合物)は、ある疾病の存在や進行度をその濃度に反映し、血液中に測定されるタンパク質等の物質を指す用語である。さらに一般的にはバイオマーカーは特定の病状や生命体の状態の指標である。NIH(アメリカ国立衛生研究所)の研究グループは1998年に「(バイオマーカーとは)通常の生物学的過程、病理学的過程、もしくは治療的介入に対する薬理学的応答の指標として、客観的に測定され評価される特性」と定義づけた。過去においては、バイオマーカーは主として血圧や心拍数など生理学的指標のことであった。近年になるとバイオマーカーは、前立腺癌の分子バイオマーカーとなる前立腺特異抗原、肝機能測定のための酵素測定などに例えられる、分子バイオマーカーの同義語となってきた。最近では、大腸癌やその他のEGFR(上皮成長因子受容体)関連癌におけるKRAS遺伝子の役割など、腫瘍学におけるバイオマーカーの有用性が注目されている。変異したKRAS遺伝子を発現している患者では、EGFRシグナル伝達経路の形成しているKRASタンパクが、常に「オン」状態である。この過剰活性したEGFRシグナル伝達は、たとえシグナル経路上流がセツキシマブなどのEGFR阻害剤でブロックされていても、シグナルが経路下流に伝達され続け、結果として癌細胞が成長し、増殖し続けることを意味する。腫瘍のKRAS状態(野生型対変異型)を試験して、患者がセツキシマブを用いた療法において効果を期待できるかが判断できる。バイオマーカー (薬学) フレッシュアイペディアより)

  • 受動輸送

    受動輸送から見た血圧血圧

    ろ過は血圧により水分と溶質が血管外へ漏出する現象である。どのような溶質が漏出するかは血管壁の穴のサイズに依存する。腎臓のボウマン嚢では非常に穴が小さく、健常人では血中蛋白質のなかでも分子量が小さいアルブミンでさえほとんど通ることができない。一方、肝臓では穴が大きくあらゆる蛋白質が通り抜け可能である。受動輸送 フレッシュアイペディアより)

  • クルアン

    クルアンから見た血圧血圧

    中山(2007)が2007年1月にクルアン市民228人を対象に健康状態や生活習慣を調査したところ、男性の方が女性よりも骨密度の低い人の割合が高く、特にマレー系男性は約半数が骨密度基準値を下回っていた。また、マレー系の人は中国系の人に比べウエスト値が高く、BMI値も高いが、血圧正常域の人が多かった。また、運動習慣のある人は調査対象の約7割と高く、BMI25以上の肥満の人のうち、中国系とマレー系の女性は8割以上が運動を行っていた。クルアン フレッシュアイペディアより)

  • ストレス (生体)

    ストレス (生体)から見た血圧血圧

    コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンである糖質コルチコイドの一種であり、ヒドロコルチゾン(hydrocotisone)とも呼ばれる。炭水化物、脂肪、およびタンパク代謝を制御し、生体にとって必須のホルモンである。3種の糖質コルチコイドの中で最も生体内量が多く、糖質コルチコイド活性の約95%はこれによる。ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このホルモンは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。ストレス (生体) フレッシュアイペディアより)

  • 脂質メディエーター

    脂質メディエーターから見た血圧血圧

    免疫、生体防御、血圧調節、痛みや発熱、消化管活動、細胞増殖、分裂と分化制御など幅広い生理機能を持っており、このバランスの破綻が多くの疾患と関連している。多くの脂質メディエーターは細胞膜にあるGタンパク質共役受容体に結合し作用する。他方、ステロイドホルモン、ビタミンA、ビタミンDなどは核内受容体に結合し、遺伝子発現を起こす。脂質メディエーター フレッシュアイペディアより)

  • 合食禁

    合食禁から見た血圧血圧

    胡桃と酒 :のぼせやすくなるとされた。胡桃の実には血圧を上げる効果があるため。合食禁 フレッシュアイペディアより)

  • 電気マッサージ器

    電気マッサージ器から見た血圧血圧

    電気マッサージ器(でんきマッサージき)とは、電動で人体の疲れをほぐす機械のこと。かつては「電気あんま器」とも言っていた。ハンディー型から椅子型まである。ハンディー型(俗に、特にアダルト界隈で電マと呼ばれるタイプのもの)は30cmから50cm程度の棒状で、強力に振動する丸い先端部を疲れた筋肉部分にあてて使用する。ハンディー型でも100V電源を使用するため、強力なマッサージ効果が得られる。椅子型は、背中を中心に揉みほぐす。高級品は足や手に振動を与えたり揉みほぐすことができるほか、心拍数や血圧なども測れる物も存在するなど年々高度化してきている。医療機器になるため製造には医療機器の認証が必要。電気マッサージ器 フレッシュアイペディアより)

  • 中華料理店症候群

    中華料理店症候群から見た血圧血圧

    その他には、過剰のナトリウム(濃い塩分に由来するナトリウムも含む)を急激に摂取したことによる血圧の変化、劣化した油脂の多量の摂取なども原因ではないかと考えられている。中華料理店症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 医学・心理学に関する都市伝説

    医学・心理学に関する都市伝説から見た血圧血圧

    生物が真空状態に置かれると、肺が破裂したり目玉が飛び出したり血液が常温沸騰して体が破裂する、というもの。実際には体内の空気やガスは口や肛門から排出され、血液も血圧により常温沸騰には至らず、破裂することはない。これらは動物実験でも実証されている。またソユーズ11号の事故の際の搭乗員の死因は窒息であり、噂のような事象は起こっていない。医学・心理学に関する都市伝説 フレッシュアイペディアより)

218件中 61 - 70件表示

「血圧」のニューストピックワード