26件中 11 - 20件表示
  • 血圧

    血圧から見た白衣高血圧

    心理的要素 - 緊張や感情の動揺、ストレスは血圧を上昇させる。逆にリラックスすると血圧はやや低下する。医療機関で測定した値と家庭や職場で測定した値とで血圧血が大きく異なる場合など(白衣高血圧・仮面高血圧も参照)。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見たSI単位

    血圧(けつあつ、)とは、血管内の血液の有する圧力のことである。一般には動脈の血圧のことで、心臓の収縮期と拡張期の血圧をいい、それぞれ収縮期血圧(または最高血圧、)、拡張期血圧(または最低血圧、)と呼ぶ。単位は永年の慣行からSI単位のパスカル(Pa)ではなく、水銀柱ミリメートル(mmHg)を使用することがほとんどである。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見た眼圧

    にあるとおり、「血圧の計量」については、水銀柱ミリメートル(mmHg)を恒久的に使用することができる。2013年9月30日までの猶予措置がなされているのは、「生体内の圧力」の方であり、この「生体内の圧力」は、例えば、頭蓋内圧力、眼圧、気道内圧、膀胱内圧力のことであり、「血圧」はここでいう「生体内の圧力」ではない。生体内圧力の計量に使われている mmHg は、2013年10月1日以降は、トルのみが使えることになる。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見た頭蓋

    にあるとおり、「血圧の計量」については、水銀柱ミリメートル(mmHg)を恒久的に使用することができる。2013年9月30日までの猶予措置がなされているのは、「生体内の圧力」の方であり、この「生体内の圧力」は、例えば、頭蓋内圧力、眼圧、気道内圧、膀胱内圧力のことであり、「血圧」はここでいう「生体内の圧力」ではない。生体内圧力の計量に使われている mmHg は、2013年10月1日以降は、トルのみが使えることになる。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見た肥満

    体格 - 肥満の人は、やせたひとよりも高い傾向がある。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見たショック

    心臓の収縮力低下、アナフィラキシーショックなど血管の異常な拡張、血液の喪失などによって重要臓器への血流が保てないほど血圧が低下した状態はショック(末梢循環不全)と呼ばれる。この場合、中心静脈圧(静脈血圧)の低下も同時にみられる。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見たナトリウム

    電解質 - 食塩中のナトリウムは血圧を上昇させる。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見た気道

    にあるとおり、「血圧の計量」については、水銀柱ミリメートル(mmHg)を恒久的に使用することができる。2013年9月30日までの猶予措置がなされているのは、「生体内の圧力」の方であり、この「生体内の圧力」は、例えば、頭蓋内圧力、眼圧、気道内圧、膀胱内圧力のことであり、「血圧」はここでいう「生体内の圧力」ではない。生体内圧力の計量に使われている mmHg は、2013年10月1日以降は、トルのみが使えることになる。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見た動脈

    血圧(けつあつ、)とは、血管内の血液の有する圧力のことである。一般には動脈の血圧のことで、心臓の収縮期と拡張期の血圧をいい、それぞれ収縮期血圧(または最高血圧、)、拡張期血圧(または最低血圧、)と呼ぶ。単位は永年の慣行からSI単位のパスカル(Pa)ではなく、水銀柱ミリメートル(mmHg)を使用することがほとんどである。血圧 フレッシュアイペディアより)

  • 血圧

    血圧から見た計量法

    なお、血圧の単位について、一定の猶予期間後に水銀柱ミリメートル(mmHg)からパスカル(Pa)への移行が企図されているかのような誤解があり、医療現場から用途を限定する非SI単位としてmmHgの存続を望むという、頓珍漢な意見が多く出されている実態がある。血圧 フレッシュアイペディアより)

26件中 11 - 20件表示

「血圧」のニューストピックワード