前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示
  • ユビサキから世界を

    ユビサキから世界をから見た行定勲行定勲

    「ユビサキから世界を」(ユビサキからせかいを)は、日本のロックバンドのアンダーグラフの5枚目のシングル。2006年6月21日にリリースされた。また、行定勲監督により同タイトルの映画も製作されている。ユビサキから世界を フレッシュアイペディアより)

  • 椎名英姫

    椎名英姫から見た行定勲行定勲

    18歳の時にモデルとしてデビューし、ベネトンのワールドキャンペーンでパリのショーに参加。1995年にエリートモデルルック'95でグランプリを獲得し、日本代表として世界大会へ出場した。1998年に行定勲監督の『OPEN HOUSE』で映画主演デビュー。2003年制作の映画『アニムスアニマ』では、ダブル主演を務めた忍成修吾と恋人同士のような姉弟を演じて注目された。椎名英姫 フレッシュアイペディアより)

  • 篠田昇

    篠田昇から見た行定勲行定勲

    1997年 『OPEN HOUSE』(監督:行定勲篠田昇 フレッシュアイペディアより)

  • 今度は愛妻家

    今度は愛妻家から見た行定勲行定勲

    2002年に板垣恭一演出で上演される。2010年に行定勲監督で映画化された。今度は愛妻家 フレッシュアイペディアより)

  • 石坂拓郎

    石坂拓郎から見た行定勲行定勲

    2002年 月に沈む - 監督:行定勲 撮影監督:篠田昇石坂拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大口広司

    大口広司から見た行定勲行定勲

    北の零年 - 行定勲監督 (2005年)大口広司 フレッシュアイペディアより)

  • パレード (吉田修一)

    パレード (吉田修一)から見た行定勲行定勲

    『パレード』は、日本の小説家吉田修一による小説。5人の若者達のルームシェアを舞台に、彼らの共同生活とそのひずみで起きる経過と結末が描かれている。第15回山本周五郎賞受賞作。2010年に行定勲監督・脚本で映画化された。映画版は、第60回ベルリン国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞している。パレード (吉田修一) フレッシュアイペディアより)

  • みちのく国際ミステリー映画祭

    みちのく国際ミステリー映画祭から見た行定勲行定勲

    第2回(1998年)『OPEN HOUSE』監督:行定勲みちのく国際ミステリー映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 塩見 三省

    塩見三省から見た行定勲行定勲

    OPEN HOUSE(1997年、行定勲監督、松竹) -塩見三省 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山和由

    奥山和由から見た行定勲行定勲

    和由は常にアメリカ型プロデューサーと言われたが、その象徴的事件として『RAMPO』監督解任劇があった。当初、NHKのディレクター・黛りんたろうに監督を依頼。しかし完成した作品を観て、撮り直しを要求。それを黛が拒否したため、奥山自身の監督による別バージョンを製作し、2つのバージョンの同名タイトルの作品を同時公開するという暴挙に出た。当時は大変な話題となりヒットはしたものの、強引さを非難する声もあがった。その一方で、今やヒットメーカーに成長した行定勲ら多くの新人監督にもチャンスを与え、監督デビューのきっかけを与えられた北野武はその後海外での評価が高まる等、奥山の多くの監督を育てた映画界への貢献に再評価の動きも見られる。奥山和由 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
154件中 1 - 10件表示

「行定勲」のニューストピックワード