205件中 91 - 100件表示
  • 大塚亮

    大塚亮から見た行定勲行定勲

    ひまわり (2000年/行定勲監督)大塚亮 フレッシュアイペディアより)

  • 山口修 (美術デザイナー)

    山口修 (美術デザイナー)から見た行定勲行定勲

    『世界の中心で、愛を叫ぶ』 (2004年、監督:行定勲山口修 (美術デザイナー) フレッシュアイペディアより)

  • 岡元夕紀子

    岡元夕紀子から見た行定勲行定勲

    Seventh Anniversary(行定勲監督) - ルルの友人役岡元夕紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤ちひろ

    伊藤ちひろから見た行定勲行定勲

    本来は小説家になりたかったが、高校生の時に挫折する。2000年より、映画の装飾スタッフとして活動する。行定勲に「書いてみないか」と誘われ、『Seventh Anniversary』で脚本家デビューする。現在は脚本家としての活動が目立つが、本業はあくまでも美術スタッフであるという。伊藤ちひろ フレッシュアイペディアより)

  • つやのよる

    つやのよるから見た行定勲行定勲

    2013年1月26日に公開された日本映画。監督は行定勲、主演は阿部寛。R15+指定作品。最終興行収入は1億円。つやのよる フレッシュアイペディアより)

  • 細山田 隆人

    細山田隆人から見た行定勲行定勲

    GO 行定勲監督 正一役 (2001年10月20日)細山田隆人 フレッシュアイペディアより)

  • 奥山和由

    奥山和由から見た行定勲行定勲

    和由は常にアメリカ型プロデューサーと言われたが、その象徴的事件として『RAMPO』監督解任劇があった。当初、NHKのディレクター・黛りんたろうに監督を依頼。しかし完成した作品を観て、撮り直しを要求。それを黛が拒否したため、奥山自身の監督による別バージョンを製作し、2つのバージョンの同名タイトルの作品を同時公開するという暴挙に出た。当時は大変な話題となりヒットはしたものの、強引さを批判する声が上がった。行定勲ら多くの新人監督にもチャンスを与え、北野武に監督デビューのきっかけを与えたとして評価する声もある。一方松竹は『RAMPO』をはじめ多くの奥山プロデュース作品のDVDを発売せず、また奥山プロデュース作品を松竹直営や系列館にもかけないなど絶縁している。奥山和由 フレッシュアイペディアより)

  • 大後寿々花

    大後寿々花から見た行定勲行定勲

    2005年(平成17年)、行定勲監督の『北の零年』に出演する。また、同作品で共演した渡辺謙に推薦され映画『SAYURI』に出演。章子怡(チャン・ツィイー)が演じるヒロインの子供時代を演じ、11歳でハリウッドデビューする。大後寿々花 フレッシュアイペディアより)

  • 笠原 紳司

    笠原紳司から見た行定勲行定勲

    女たちは二度遊ぶ 行定勲監督(2010年、BeeTV)笠原紳司 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤ひとみ

    加藤ひとみから見た行定勲行定勲

    行定勲監督「世界の中心で、愛をさけぶ」、李相日監督「フラガール」等の編集助手をつとめ、加藤ひとみ フレッシュアイペディアより)

205件中 91 - 100件表示

「行定勲」のニューストピックワード