前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示
  • 第33SS武装擲弾兵師団

    第33SS武装擲弾兵師団から見た行方不明行方不明

    第8フランスSS義勇突撃旅団第?大隊は1944年9月1日に前線から引き揚げるまで粘り強く戦ったが、その損害は甚大であった。8月5日の戦線到着時に約980名いた大隊の将兵のうち、90名から130名が戦死し、40名から50名が行方不明となり、660名が負傷した。また、この戦闘中にソビエト赤軍の捕虜となったフランス人義勇兵の多くは赤軍兵によって即座に殺害された(処刑を免れた場合でもソビエト連邦領内での過酷な収容所生活が待ち受けていた)。第33SS武装擲弾兵師団 フレッシュアイペディアより)

  • 大槌町

    大槌町から見た行方不明行方不明

    3月19日:行方不明となっていた加藤町長が遺体で発見される。津波被害のため選挙が実施できず、以後5箇月余にわたって町長が空席となる。大槌町 フレッシュアイペディアより)

  • 第28SS義勇擲弾兵師団

    第28SS義勇擲弾兵師団から見た行方不明行方不明

    東部戦線で戦死(もしくは行方不明):26名第28SS義勇擲弾兵師団 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ヴェストリン

    ヨハン・ヴェストリンから見た行方不明行方不明

    なお、ヴェストリンは1987年に至るまで戦死が公式に確認されておらず、第二次世界大戦終結から40年以上もの間「行方不明」として扱われていた。ヨハン・ヴェストリン フレッシュアイペディアより)

  • 浪江町

    浪江町から見た行方不明行方不明

    4月9日:この時点で、死者1人、行方不明者185人。浪江町 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見た行方不明行方不明

    1970年代から1980年代にかけ、日本において不自然な形で行方不明となる者が出ていた。警察による捜査や、亡命北朝鮮工作員や逮捕された土台人の証言などから北朝鮮による拉致の疑いが濃厚であることが明らかになった。1991年以来、日本政府は北朝鮮に対し拉致事件を提起していたが、北朝鮮側は否定し続けた。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 遭難

    遭難から見た行方不明行方不明

    警察庁がとりまとめた平成20年中における山岳遭難の概況によれば、2008年に日本国内で発生した山岳遭難の件数は1,631件、遭難者数は1,933人(うち死亡・行方不明 281人)となっている。1961年以降最高の数を記録してしまった。遭難 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年

    2011年から見た行方不明行方不明

    オーストラリア北東部のクイーンズランド州が、前日に発生した鉄砲水により、10人が死亡、78人が行方不明と発表。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • 岩手宝くじ殺人事件

    岩手宝くじ殺人事件から見た行方不明行方不明

    岩手県一関市の42歳女性が2005年4月下旬を最後に行方不明となる。捜査の過程で、交際相手の男性(2005年時点で48歳)の元自宅から2007年2月に女性の預金通帳や印鑑、家財道具などが発見される。捜査を続けていくうちに、男が犯行を自供。女性から100万円近くを借りていたこと、女性が宝くじで1等2億円を当てていたことが判明。また女性が2億円の宝くじを当てていたことは家族ですら知らない者もいる中でそのことを知っている数少ない人物が交際相手の男性であった。男性は2005年5月に女性を殺害して埋めたと供述。2008年10月22日、男性の供述した場所から女性の遺体が発見されたため、同日に男性は殺人罪で逮捕された。被疑者は宝くじの当せん金2億円を借金返済に充てていた。岩手宝くじ殺人事件 フレッシュアイペディアより)

  • 那須烏山銃撃事件

    那須烏山銃撃事件から見た行方不明行方不明

    元暴力団員のグループ同士が金銭トラブルなどを端に対立。2009年6月15日に抗争へ発展した。抗争は、午後1時半という白昼に、住宅地で双方が拳銃を発砲する市街戦へ発展。銃撃戦自体で死亡者は生じなかったが、重傷を負った構成員1名は、対立グループ側の自動車のトランクに押し込められ拉致、行方不明となった。那須烏山銃撃事件 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
134件中 1 - 10件表示

「行方不明」のニューストピックワード