186件中 101 - 110件表示
  • 神田道夫

    神田道夫から見た行方不明行方不明

    28歳の時にテレビで熱気球に魅せられ、29歳の時に熱気球のパイロットの資格を取得する。その後、数百回の飛行を重ね、1984年に中軽量級長距離世界記録を達成したのを始め、同-高度世界記録、同-長距離世界記録、同-滞空時間世界記録などを樹立した。2004年と2007年には熱気球による太平洋横断に挑戦したがいずれも成功しなかった。三度目の挑戦で行方不明となり、死亡したものとみられている。神田道夫 フレッシュアイペディアより)

  • ドレスデン爆撃

    ドレスデン爆撃から見た行方不明行方不明

    現在の公式なドイツによる記録では、21,271人の埋葬者が登録されており、その中にはアルトマルクト(旧市街)で荼毘に付された6,865人も含まれている。当時の公式記録(Tagesbefehl 47)によれば、3月22日までに、戦争に関係あるなしにかかわらず25,000人ほどを埋葬したという。5月以降は埋葬の記録はない。後日多くの遺体が市街地から発掘されており、1945年10月から1957年9月までに1,557人分、1966年までに合計1,858人分の遺体が発掘された。ドレスデン市内が建設と発掘ラッシュだった1990年から1994年にかけては遺体は見つかっていない。一方、政府などによって行方不明として登録されている人数は35,000人であるが、そのうち10,000人は後日生存が確認されている。近年の調査では、ドイツ側による推定死者数が高く、イギリス側による推定死者数が低く見積もられているが、爆撃当時はイギリス側が被害を大きく見積もり、ドイツ側は小さく見積もっていた。ドレスデン爆撃 フレッシュアイペディアより)

  • 根府川駅列車転落事故

    根府川駅列車転落事故から見た行方不明行方不明

    この事故に遭遇した列車の乗員乗客と根府川駅にいた乗客及び駅勤務職員のうち、112人が死亡(行方不明を含む)、13人が負傷した。事故であるとともに関東大震災に含まれる災害でもある。根府川駅列車転落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災関連の犯罪・問題行為

    東日本大震災関連の犯罪・問題行為から見た行方不明行方不明

    原発事故の警戒区域で、行方不明者の捜索に当たった自治体の職員に対し、行政が線量計を持たせていなかった事実も判明している。東日本大震災関連の犯罪・問題行為 フレッシュアイペディアより)

  • カリヨンの戦い

    カリヨンの戦いから見た行方不明行方不明

    アバークロンビーは、戦死者547人、負傷者1,356人、行方不明77人と報告したが、レビの報告によれば、フランス軍はイギリス軍の800人の兵の遺体を回収したとなっていた。アバークロンビーが、実際の戦死者数を過少報告しているのではないかと、レビが暗示したわけである。チャートランドは、イギリス軍の戦死者、または戦傷死者は主な戦闘でおよそ1,000人、負傷者は1,500人と見積もっている。7月6日の小競り合いでは、イギリス軍は約100人が戦死もしくは負傷し、将軍ハウもこの時に死んだ。カリヨンの戦い フレッシュアイペディアより)

  • 陸前高田市

    陸前高田市から見た行方不明行方不明

    4月9日:この時点で判明していた陸前高田市における死者は1,211人、行方不明者1,183人、避難者16,579人。陸前高田市 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜事件

    岐阜事件から見た行方不明行方不明

    相原は北海道の殖民事業に携わる為に北海道へ向かうが、その向かう船上、遠州灘で行方不明となる。自殺したとも、誤って海に転落したとも、相原の背後にいた板垣襲撃を計画した者に殺害されたともいわれており真相は不明である。岐阜事件 フレッシュアイペディアより)

  • 第11SS装甲偵察大隊

    第11SS装甲偵察大隊から見た行方不明行方不明

    ナルヴァ市防衛に伴ってドイツ国防軍(陸軍、空軍、海軍)および武装親衛隊の諸部隊が移動した後、ナルヴァ西方のバルト海沿岸地域にはエストニア警察大隊、海軍沿岸砲台部隊、「ベルリン」戦闘団、海軍大隊などの部隊が配置され、クリスチャン・P・クリッシングSS上級大佐(SS-Oberführer Christian Peder Kryssing)(デンマーク人)が指揮を執る「キュステ」戦闘団(Kampfgruppe Küste)の指揮下に置かれた。ちなみに、クリッシングSS上級大佐の息子ニルス・クリッシングSS少尉(SS-Ustuf. Niels Kryssing)は第11SS装甲偵察大隊第1中隊に小隊長として勤務していたが、1944年1月下旬に負傷し、ヴォロソヴォ(Wolossowo/Волосово)からヤンブルク(Jamburg/現ロシア領キンギセップКингисепп)への後送中に敵に捕捉されて行方不明となった。第11SS装甲偵察大隊 フレッシュアイペディアより)

  • 魔斬

    魔斬から見た行方不明行方不明

    時は下り江戸時代。剣の名門である「芦屋」家で、ある日騒動が起こった。当主の「柳之進」が屋敷内の地下から一振りの刀を手に入れて以来、乱心、刀傷沙汰を起こして屋敷に引きこもったのである。しかも数日内には家臣、使用人含めて行方不明となり、代わりに人とも魔ともつかない異形が邸内を昼となく夜となくうろつく様になったという。そして、事件当時家を空けていた娘がこの妖怪屋敷に戻ったまま帰って来ない。魔斬 フレッシュアイペディアより)

  • 海軍乙事件

    海軍乙事件から見た行方不明行方不明

    そのため、司令部要員は3月31日夕刻にミンダナオ島のダバオへ飛行艇(二式大艇)2機での移動を急いだが、途中で低気圧に遭遇し、古賀が乗っていた一番機(八五一航空隊所属、機長:難波正忠大尉)が行方不明となった。二番機(八〇二航空隊所属、機長:岡村松太郎中尉)も後述のように不時着した。これは2機が異なる航空隊に所属していたため、天候不順の場合に海面を這うか(一番機)、雲上に出るか(二番機)という違う教育を受けていた為だとされる。一番機は、南方→パラオ→サイパン→パラオ→遭難という経緯であった。この事故で一番機に乗った古賀以下の司令部要員7人を含む全搭乗員は「殉職」とされた。これは嶋田繁太郎海軍大臣が、古賀の行動を前線からの逃走と批判し、戦死ではなく「殉職」扱いにさせた為である。古賀の殉職はすぐに国民には知らされず、同年の5月5日に発表され、古賀は元帥府に列せられ元帥の称号が与えられた。なお、嶋田は戦後になって「(古賀の殉職を)戦死に直せないか」と復員局に問い合わせたが、認められなかった。海軍乙事件 フレッシュアイペディアより)

186件中 101 - 110件表示

「行方不明」のニューストピックワード