186件中 121 - 130件表示
  • 高萩洋次郎

    高萩洋次郎から見た行方不明行方不明

    高萩の実家があるいわき市勿来地区は、太平洋の海岸線から約1キロメートル前後内陸に位置する。2011年3月11日東北地方太平洋沖地震により発生した津波により、当時同市岩間町にあった実家は被災し1階部分は浚われていた。両親は助かったものの祖母は2016年現在も行方不明のままである。高萩自身は広島の吉田サッカー公園で練習中だった。なお2010年ナビスコカップニューヒーロー賞受賞の際に貰ったトロフィーは当時実家に置いており同様に被災したものの、後に家財に埋もれた状況で発見され補修復旧した実家に現在も飾ってある。高萩洋次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 志賀町

    志賀町から見た行方不明行方不明

    1963年(昭和38年)5月11日 :富来町(現・志賀町富来町)の漁師であった寺越昭二(当時36歳)と寺越外雄(当時24歳)が甥の武志(当時13歳、中学生)と共に富来町の福浦漁港から能登半島沖へ漁に出たまま行方不明になる(のちに北朝鮮による拉致の被害者ではないかとの疑惑を取り沙汰される寺越事件の発生)。志賀町 フレッシュアイペディアより)

  • 土井淳

    土井淳から見た行方不明行方不明

    大学卒業後、1956年4月に大洋ホエールズへ入団。プロ入り時には西鉄の監督だった三原脩(後の大洋監督)が「土井をどうしても獲ってくれ」と言っていたが、土井は秋山と「せっかくここまで縁があってきたのだから、プロもバッテリーで挑戦しよう」と決めていた。明大3年時には巨人との約束ができていたが、秋山の腰の状態を気にして白紙に戻される。その空白を突いて大洋が秋山、土井を含む5人を明大から獲得した。1960年からはコーチ兼任となり、正捕手として球団初のリーグ優勝と日本一に貢献。なお、大毎との日本シリーズ第4戦で最後の打者が三振した際、土井は嬉しくてウイニングボールをスタンドへ放り投げ、そのまま行方不明にしてしまっている(土井は島田源太郎の完全試合のウィニングボールも同様に行方不明にしてしまっている(「さらば、愛しきプロ野球…。」で本人談))。同年にはベストナイン(捕手)も受賞。打撃は非力で生涯打率.215に過ぎないが、強肩とインサイドワークなど守備力が高く評価され、三原からは「グラウンドの指揮官」と呼ばれた。1964年からは伊藤勲に定位置を奪われる。1968年には巨人との開幕戦で、5回の無死満塁で打席に入ると金田正一の真ん中高めのストレートを弾き返し、史上初の開幕戦グランドスラムを達成したが、同年の本塁打はその一本に留まり、引退した。土井淳 フレッシュアイペディアより)

  • 錦タワー

    錦タワーから見た行方不明行方不明

    1944年(昭和19年)12月7日午後1時40分、昭和東南海地震が発生し、三重県北牟婁郡錦町(現在の大紀町錦)では1分程度の揺れが続いた。同年の10月7日に暴風雨による高潮を経験した錦町では、家財を高い所に移すなどの行動をとる者もいた。津波は地震の数十分後に錦町に到達、6回押し寄せた。津波の高さは6.5mであった。この日は錦町の住民にとって忘れることのできない一日となり、死者56人、行方不明者8人、総額8,040,400円の損害をもたらした。当時の錦町の全住宅733戸のうち93%にあたる642戸が被災(流失・全壊・半壊・浸水)した。この時の被災者の中に、当時5歳だった2011年9月現在大紀町長を務める谷口友見がいた。谷口は後に建設会社で防波堤や灯台などを建設する仕事に就いた。その後、46歳で谷口は度会郡紀勢町の町長に就任する。錦タワー フレッシュアイペディアより)

  • コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ)

    コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ)から見た行方不明行方不明

    フィリップの教え子の女学生。論文をフィリップに提出するためにしばしばビアギッテ達の家に訪れる。よく忘れ物をするのでビアギッテにフィリップとの仲を疑われる。その後も疑われ続け、フィリップが行方不明になった時にビアギッテに自宅のアパートに乗り込まれてしまう。だがその結果、同世代の恋人と一緒にいた事がわかり誤解が解ける。その後もマスコミにリークせずフィリップに連絡し、ビアギッテの身を案じ続けた心優しい美女。コペンハーゲン (デンマークのテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 広島小1女児殺害事件

    広島小1女児殺害事件から見た行方不明行方不明

    11月22日午後、下校途中の女子児童(当時7歳)が学校を出てから行方不明となり、同日17時頃に空き地に放置されていた段ボール箱の中から遺体となって発見された。死因は絞殺による窒息死で、推定死亡時刻は13時から14時。遺体の下半身には性的暴行の際に受けたと思われる指で傷つけられた痕跡が存在していた。頬には涙の跡があった。広島小1女児殺害事件 フレッシュアイペディアより)

  • 生前葬

    生前葬から見た行方不明行方不明

    大日本帝国陸軍第14方面軍の情報部付として、フィリピン防衛戦に派遣される。終戦後も復員せず行方不明になっていたため、厚生省引上援護局は戸籍法89条に基づいて1959年12月10日に「死亡日・昭和29年5月8日」として「死亡公報」を出し、翌11日に公示され、これに合わせて翌12月12日には小野田元少尉の故郷の和歌山県海南市にて親類の手により葬儀が行われた。しかし1974年、日本の冒険家鈴木紀夫が小野田との接触に成功、3月12日に小野田は日本に帰国する。生前葬を行う意図を親族に伝達する手段は行方不明当時の小野田にはなかったが、1959年の葬儀は結果的に生前葬となった(通常の生前葬とは違い、本人の意図に基づかずに式が執り行われ、また、自分の葬儀が行われていることを本人は知ることができなかった)。2014年死去。生前葬 フレッシュアイペディアより)

  • 欠落

    欠落から見た行方不明行方不明

    欠落(かけおち・闕落)とは、戦乱・重税・犯罪などを理由に領民が無断で住所から姿を消して行方不明の状態になること。江戸時代には走り(はしり)などとも称された。武士の場合には出奔(しゅっぽん)・立退(たちのき)などと呼んで区別したが、内容的には全く同一である。欠落 フレッシュアイペディアより)

  • ドーリットル空襲

    ドーリットル空襲から見た行方不明行方不明

    爆撃機隊は日本列島を横断し、中華民国東部にて乗員はパラシュート脱出した。この結果、15機のB-25が全損となった(11機落下傘脱出、4機着水)。8番機はソ連のウラジオストクに不時着、乗員は抑留された(詳細前述)。爆撃機隊のうち、乗員戦死が1名、行方不明が2名、捕虜となったのが8名(後日3名処刑、1名病死。詳細後述)。ドーリットル中佐は陸軍准将へ二階級特進、隊員全員は重慶で蒋介石と宋美齢(蒋介石夫人)と晩餐会を共にした。5月5日、ドーリットルはダグラスDC-3で重慶を出発し、中東・アフリカ経由で5月18日にアメリカ(ワシントン)へ帰国。議会名誉勲章を授与された。他の隊員も順次帰国し、熱烈な歓迎を受けた。ただし、捕虜搭乗員への配慮から、作戦の全貌は秘密にされた。ドーリットル空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 明石全登

    明石全登から見た行方不明行方不明

    その後の消息は不明である。『徳川実記』『土屋知貞私記』『石川家中留書』など徳川方の複数の家伝が全登はこの戦いで討ち取られたとし、『大坂御陣覚書』『大坂記』は水野勝成家臣の汀三右衛門が首を獲ったとし、『石川家中留書』では石川忠総がその手で討ち取り、全登が豊臣秀頼から賜った吉光の短刀も分捕ったとする。このように幾つかの史料は戦死説をとるが、それ以上に落ち延びたとする伝承も多く、『大村家譜』『山本豊久私記』など幾つかは嫡子内記と共に九州に、また『戸川家譜』『武家事紀』には南蛮に逃亡したのであろうと取沙汰したと書かれたものもあるほどで、諸説あって判然としない。もし南蛮へ渡ったとすればイエズス会文書などで特筆されるはずだが、全登の消息は記されていない事から南蛮逃亡説は空想の産物であろうとされている。明石全登 フレッシュアイペディアより)

186件中 121 - 130件表示

「行方不明」のニューストピックワード