134件中 21 - 30件表示
  • 錦町 (三重県)

    錦町 (三重県)から見た行方不明行方不明

    1944年(昭和19年)12月7日 - 昭和東南海地震が発生し、津波の被害を受ける。死者56人、行方不明者8人、総額8,040,400円の損害を被った。錦町 (三重県) フレッシュアイペディアより)

  • 失踪者

    失踪者から見た行方不明行方不明

    ほぼ、同義語である。「行方不明」という表現は「どこに行ったのか分からない」意味である。事故・事件に巻き込まれていると特定されている場合は、自分の意志が入っていないというニュアンスが(「失踪」に比べれば)比較的強い「行方不明」という表現が多く使われる傾向がある。すでに命が失われていることが予想される場合でも「行方不明」ならば違和感が無い。また未成年に「行方不明」、成年に「失踪者」という使い分けもある。失踪者 フレッシュアイペディアより)

  • FRAGILE 〜さよなら月の廃墟〜

    FRAGILE 〜さよなら月の廃墟〜から見た行方不明行方不明

    グラスケイジ計画の触媒に相応しい人間を遺伝子工学で創り出そうとした計画。倫理的な反発を招くとの理由で極秘扱いとなった。人工子宮により女性の三つ子を生み出すことに成功した(この内の一人が今作のヒロインであるレン)が、この三つ子の一人は実験中に事故死、もう一人は行方不明になりレンだけが残った。これにより触媒の巫女にはレンが使用されると思われたが、サイが選出された事により、レンは使用される事なく、研究所のカプセルに保存された。FRAGILE 〜さよなら月の廃墟〜 フレッシュアイペディアより)

  • 進級

    進級から見た行方不明行方不明

    日本では、行方不明になっている児童生徒に対しても、学年末に進級がなされる場合がある(「年齢主義と課程主義」も参照)。進級 フレッシュアイペディアより)

  • 安明進

    安明進から見た行方不明行方不明

    1993年、朝鮮労働党中央委員会作戦部から大韓民国への潜入を命ぜられる。韓国に潜入する特殊部隊の一隊員として非武装地帯を隠密行動中に部隊から逃亡。非武装地帯の南側で韓国軍に投降し亡命した。その後1997年にソウル特別市で「88年9月から91年初めにかけて金正日政治軍事大学で、行方不明になっている横田めぐみさんを見た」と証言。この発言が突破口になり、1978年に起きた一連のアベック失踪事件や、ヨーロッパに留学したまま行方不明になっていた日本人が北朝鮮に拉致されていたことが解明された。安明進 フレッシュアイペディアより)

  • カリバタ英雄墓地

    カリバタ英雄墓地から見た行方不明行方不明

    インドネシア独立戦争に参加した日本人(インドネシア残留日本兵)のうち、戦死が確認され、遺体が収容された者は各地の英雄墓地に埋葬されており、カリバタ英雄墓地には27人の日本人戦没者が埋葬されている。戦死を確認されながらも名前が判明していない者は無名戦士として英雄墓地に埋葬されている。ただし、独立戦争に参加しつつも、その後行方不明となっている元日本兵の数も少なくないと思われる。カリバタ英雄墓地 フレッシュアイペディアより)

  • SOS遭難事件

    SOS遭難事件から見た行方不明行方不明

    1989年7月24日午後、大雪山系で黒岳から旭岳に向かう途中に行方不明になった登山者を捜索していた北海道警察のヘリコプターが、登山ルートから外れた旭岳南方の忠別川源流部で、倒木を積み上げて造られたSOSという文字を発見。行方不明だった登山者はそこから2、3キロ北で無事救助されたが、SOSの文字については知らないと話した。別の遭難者がいたと見た北海道警察は、翌日改めてヘリコプターを派遣し、調査を進めた。その結果、動物により噛まれた痕のある人骨の破片とSOSと叫ぶ若い男の声が記録されたカセットテープレコーダーなどが収容された。最終的には、行方不明者のリストや遺留品から1984年頃に遭難した男性と特定されたが、一時、人骨は女性のものと判定され混乱を来した。SOS遭難事件 フレッシュアイペディアより)

  • 国際映画社

    国際映画社から見た行方不明行方不明

    倒産時の混乱などの影響から、同社関係のほとんどのオリジナルネガフィルムが一時期所在不明になっており、次回予告やエンディング素材が欠落して現存しない作品も多々ある。現在までにCS放送での放映やソフト化された作品の中には、テレビ局で発見された放送用のフィルムなどを元にデジタル処理されたものもある。国際映画社 フレッシュアイペディアより)

  • 錦タワー

    錦タワーから見た行方不明行方不明

    1944年(昭和19年)12月7日午後1時40分、昭和東南海地震が発生し、三重県北牟婁郡錦町(現在の大紀町錦)では1分程度の揺れが続いた。同年の10月7日に暴風雨による高潮を経験した錦町では、家財を高い所に移すなどの行動をとる者もいた。津波は地震の数十分後に錦町に到達、6回押し寄せた。津波の高さは6.5mであった。この日は錦町の住民にとって忘れることのできない一日となり、死者56人、行方不明者8人、総額8,040,400円の損害をもたらした。当時の錦町の全住宅733戸のうち93%にあたる642戸が被災(流失・全壊・半壊・浸水)した。この時の被災者の中に、当時5歳だった2011年9月現在大紀町長を務める谷口友見がいた。谷口は後に建設会社で防波堤や灯台などを建設する仕事に就いた。その後、46歳で谷口は度会郡紀勢町の町長に就任する。錦タワー フレッシュアイペディアより)

  • 第11SS装甲偵察大隊

    第11SS装甲偵察大隊から見た行方不明行方不明

    ナルヴァ市防衛に伴ってドイツ国防軍(陸軍、空軍、海軍)および武装親衛隊の諸部隊が移動した後、ナルヴァ西方のバルト海沿岸地域にはエストニア警察大隊、海軍沿岸砲台部隊、「ベルリン」戦闘団、海軍大隊などの部隊が配置され、クリスチャン・P・クリッシングSS上級大佐(SS-Oberführer Christian Peder Kryssing)(デンマーク人)が指揮を執る「キュステ」戦闘団(Kampfgruppe Küste)の指揮下に置かれた。ちなみに、クリッシングSS上級大佐の息子ニルス・クリッシングSS少尉(SS-Ustuf. Niels Kryssing)は第11SS装甲偵察大隊第1中隊に小隊長として勤務していたが、1944年1月下旬に負傷し、ヴォロソヴォ(Wolossowo/Волосово)からヤンブルク(Jamburg/現ロシア領キンギセップКингисепп)への後送中に敵に捕捉されて行方不明となった。第11SS装甲偵察大隊 フレッシュアイペディアより)

134件中 21 - 30件表示

「行方不明」のニューストピックワード