134件中 51 - 60件表示
  • 伊吹隼人

    伊吹隼人から見た行方不明行方不明

    早稲田大学教育学部を卒業後、旅行代理店の川越支店で2年間「狭山・川越・所沢地区修学旅行営業担当」を務めた縁から狭山事件の研究を再開。広告制作会社コピーライター等を経て、ノンフィクションライターとなる。もともと事務所に所属し、別名義でライターとして活動していたが、『狭山事件?46年目の現場と証言?』でノンフィクション作家としてデビューするにあたり、「狭山事件の本の著者は脅迫や嫌がらせを受ける」との理由で覆面作家となった。。。狭山事件以外にも各地の事件・事故を追い続けており行方不明事件など未解決事件に関して特に詳しい。。伊吹隼人 フレッシュアイペディアより)

  • 猟奇の檻

    猟奇の檻から見た行方不明行方不明

    日本全国に計16もの支店を持つ、零式百貨店。その本店では、来客が店内で突然行方不明になるという事件が15年前から多発していた。犠牲者が子供から大人まで多岐に渡るこの事件は、警察の度重なる捜査にもかかわらず、真相は不明。犯行声明や身代金要求も一切無いことから、誘拐ではなく謎の失踪とされ、人々の間で話題となっていた。猟奇の檻 フレッシュアイペディアより)

  • 狂った果実 (ゲーム)

    狂った果実 (ゲーム)から見た行方不明行方不明

    月島宅の住み込みメイドを務めている美女。月島教授とは遠縁関係にあり、メイドの仕事も花嫁修業の一環である模様。いわゆるメイド服ではなく、私服にエプロン姿。気さくな性格をしており、美夏の家庭教師として月島宅を訪れる哲とは、同年代という理由からもすぐに打ち解けるほど。やがて、教授が自分と美夏を残して留守にした日には、自室を訪れた哲との会話中に秋美の死亡事故に纏わる件を怖がったことがきっかけとなり、彼に流される形でベッドイン。ピロートーク時には施錠し忘れていたドアに気付くも、構わず哲に更なるセックスを望むほど彼に夢中となっており、その後も朝方まで嬌声を廊下へ響かせ続ける熱い一夜を楽しむ。だが翌日、行方不明を経て庭のゴミ焼却炉の中から焼死体となって発見される。狂った果実 (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • 汚い戦争

    汚い戦争から見た行方不明行方不明

    なお、この弾圧により1万3千人から3万人が行方不明とされている。後に、アルゼンチンの法廷はこの政府による犯罪行為を人道に対する罪として、これは大量虐殺であると非難した。汚い戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 捜査官ジーナ

    捜査官ジーナから見た行方不明行方不明

    新米婦人警察官ジーナは小さな町の小さな部署、リバーサイド警察署に勤めていた。ある日、行方不明になった子供の遺体が森で発見される。捜査官ジーナ フレッシュアイペディアより)

  • 封印映像

    封印映像から見た行方不明行方不明

    本シリーズの最大の特徴が「オチ」である。オチにも様々な理由があり、それが映像が封印された理由であったり、映像内に行方不明者や死者が発生している場合の元凶であったり、呪いといっても過言ではないほどのそれに限りなく近いオチであったりと、一種の怪談のような話のしめ方を連想させる。封印映像 フレッシュアイペディアより)

  • 塚本三郎

    塚本三郎から見た行方不明行方不明

    1988年1月28日、衆議院本会議において竹下登首相の施政方針演説に対する代表質問の中で前年11月の大韓航空機爆破事件、「李恩恵」(田口八重子)及び金賢姫等に言及した。それとともに1978年7月から8月にかけて福井県(地村保志・濱本富貴惠)・新潟県(蓮池薫・奥土祐木子)・鹿児島県(市川修一・増元るみ子)において発生した若年男女の行方不明事件、富山県高岡市で発生した若年男女の拉致未遂事件について国会において初めて「北朝鮮による犯行ではないか」と指摘し、真相究明を求める。この質問は政党代表者が代表質問において初めて北朝鮮による日本人拉致問題について取り上げたものであったが、竹下は明確な答弁を避けた(1980年に公明党の和泉照雄が参議院での質問で拉致問題に連なるアベック失踪事件を取り上げたことがあるが、質疑応答において北朝鮮という国名は出なかった)。その後、この件に注目した日本共産党の橋本敦が参議院予算委員会で国家公安委員長梶山静六から拉致の事実を認める答弁を引き出すことに成功するが、塚本の代表質問がなければ橋本の委員会質問もなかったといえ、拉致問題を表舞台に出したという点で高い評価を受けている。塚本三郎 フレッシュアイペディアより)

  • サルタナ

    サルタナから見た行方不明行方不明

    寄港地であったメンフィスを出港し、10キロメートルほど上流に達した4月27日午前2時過ぎ、サルタナの第3ボイラーが爆発し、火災が起こった。続いて他のボイラーも爆発、過密状態の船内は大混乱になった。爆発によって将校の大多数が死亡したため指揮を取る者がいなくなり、消火作業や避難誘導は不可能となった。船長は、当初乗船者の救助に当っていたが、川に流されて死亡したらしく、行方不明となった。他にも、爆発や炎に巻かれて焼死する者、川に飛び込んで溺死する者が続出した。炎上したサルタナは27日朝には沈没、運良く流木につかまったり、自力で岸に泳ぎ着いた者、或いは事故を知ったメンフィスなどから来た救援の船に助けられた者も少なくなかったが、膨大な死者を出した。死者は1450人と言うのが伝えられる数字であるが、これは収容された遺体の数であって、実際にはさらに数百人が流されて行方不明になったともされ、1700人あまりが亡くなったとする説もある。サルタナ フレッシュアイペディアより)

  • 平成23年台風第15号

    平成23年台風第15号から見た行方不明行方不明

    9月16日、高知県南国市で増水した用水路に流されて1人が行方不明となった。平成23年台風第15号 フレッシュアイペディアより)

  • レオーネ・セクスタス・デニス・オズウルフ・フラウダティフィリウス・トルマッシュ=トルマッシュ・デ・オレラーナ・プランタジェネット・トルマッシュ=トルマッシュ

    レオーネ・セクスタス・デニス・オズウルフ・フラウダティフィリウス・トルマッシュ=トルマッシュ・デ・オレラーナ・プランタジェネット・トルマッシュ=トルマッシュから見た行方不明行方不明

    またレオーネの兄レオ・クインタス・トルマッシュ=トルマッシュ・デ・オレラーナ・プランタジェネット(Leo Quintus Tollemache-Tollemache de Orellana Plantagenet)も、リンカンシャー連隊第1大隊の一員としてフランス戦線に従軍していたが、1914年11月1日に行方不明になっている。レオは戦死したとされているが遺体は発見されなかった。レオの名はメニン門記念碑に刻まれている。レオーネ・セクスタス・デニス・オズウルフ・フラウダティフィリウス・トルマッシュ=トルマッシュ・デ・オレラーナ・プランタジェネット・トルマッシュ=トルマッシュ フレッシュアイペディアより)

134件中 51 - 60件表示

「行方不明」のニューストピックワード