宇宙ステーション補給機「こうのとり」 ニュース&Wiki etc.

宇宙ステーション補給機(うちゅうステーションほきゅうき、、略称: HTV)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発し三菱重工業や三菱電機、IHIエアロスペースなどの大小100社程度の企業が製造する、国際宇宙ステーション (ISS) で使う各種実験装置や宇宙飛行士の食糧や衣類の… (出典:Wikipedia)

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」Q&A

  • Q&A

    宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)が国際宇宙ステーションから分離…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年9月24日 13:25

  • Q&A

    宇宙ステーション補給機の件 日本のこうのとり補給機が成功しましたが日本はアメリカと…

    [続きを読む]

    回答数:5質問日時 - 2015年8月21日 17:50

  • Q&A

    宇宙ステーション補給機の件 日本のこうのとり補給機が成功しましたが日本はアメリカと…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2015年8月21日 17:49

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「宇宙ステーション補給機」のつながり調べ

  • 山田洋行

    山田洋行から見た宇宙ステーション補給機

    国際宇宙ステーション、宇宙ステーション補給機、かぐやなどの各部機材(山田洋行 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た宇宙ステーション補給機

    日本は航空宇宙工学や宇宙探査でも世界有数の国である。宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は航空宇宙研究、ロケットや人工衛星の開発を行なっている。JAXAは様々なロケットを開発しており、最新鋭のロケットはH-IIBロケットである。H-IIA/Bロケットは最大8トンの静止トランスファ軌道 (GTO) への打ち上げ能力を持ち 、現在三菱重工業が製造、打ち上げを行なっている。三菱重工業はきぼうの開発にも携わっている。「きぼう」は2008年にスペースシャトルで国際宇宙ステーションへと運ばれて運用が開始され、宇宙ステーション補給機 (HTV) は2009年に国際宇宙ステーションへ補給物資を運搬する役割を果たした。(日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

「宇宙ステーション補給機」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」のニューストピックワード