前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示
  • 日本の宇宙開発

    日本の宇宙開発から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    宇宙開発事業団(NASDA)は、H-IIロケットの打ち上げ失敗を反省してロケットの再設計と簡素化を行い、2001年にH-IIAロケットの初打ち上げを成功させた。宇宙航空研究開発機構(JAXA)設立直後のH-IIAロケット6号機の打ち上げは失敗したものの、2013年1月までに22機中21機の打ち上げを成功させており、2012年のH-IIA21号機によるアリラン3号の打ち上げは初の商業受注となった。さらに2009年には、より搭載能力の高いH-IIBロケットによる宇宙ステーション補給機(HTV)の打ち上げも成功させ、国際宇宙ステーション(ISS)への物資の補給を初めて成功させた。また同年にはISSで最大の実験棟となるきぼうの運用も開始された。これらにより80年代から始まったISS関連の日本の有人宇宙開発事業は大きな成果を得た。2013年夏に、M-Vロケットの後継の固体燃料ロケットのイプシロンロケットの初号機が打ち上げられる予定である。日本の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション

    国際宇宙ステーションから見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    日本 (JAXA) 宇宙ステーション補給機 (H-II Transfer Vehicle:HTV) - 無人補給船国際宇宙ステーション フレッシュアイペディアより)

  • H-IIAロケット

    H-IIAロケットから見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    初期の構想では、さらに打ち上げ能力を増強するため、上記のSRB-Aを2基を使用した標準型に、LRBを1基、あるいは2基を装着する増強型の構想があった。この構想はH-IIBロケットの開発に置き換えられた。(詳細は下記のラインナップの変遷を参照のこと)LRBは第1段機体を基本とし、LE-7A 型ロケットエンジンを2基クラスタ化して搭載し、ブースタとして使用するもので、燃料タンクや搭載機器、エンジンなど多くを第1段と共通化する予定であった。技術試験衛星VIII型(きく8号)や宇宙ステーション補給機(HTV、こうのとり)、HOPE(ホープ)はLRBを使用して打ち上げる予定であった。H-IIAロケット フレッシュアイペディアより)

  • BT-4

    BT-4から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機(HTV)で採用されたHBT-5では燃料がモノメチルヒドラジン(MMH)に変更されている。BT-4 フレッシュアイペディアより)

  • こうのとり2号機

    こうのとり2号機から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    こうのとり2号機は、日本の2機目の宇宙ステーション補給機。このミッションはHTV-2とされている。三菱重工業とJAXAが生産したH-IIBロケットの2号機によって2011年1月に国際宇宙ステーションへの物資補給用に打ち上げられた。物資をISSに降ろし、使用済みの実験装置や衣料品などISSで発生した廃棄物を載せた後、係留を解除し、ISSから離れて地球の大気に再突入し、燃え尽きた。こうのとり2号機 フレッシュアイペディアより)

  • シグナス (宇宙船)

    シグナス (宇宙船)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    標準型2段式アンタレスによって打ち上げられシグナスは宇宙ステーション補給機(HTV)と同様にグローバル・ポジショニング・システム(GPS)やTDRSを用い、ISSに自動でランデブーした後、カナダアーム2によってハーモニー(ノード2)の共通結合機構(CBM)に結合する。シグナス (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州補給機

    欧州補給機から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    ISS とのドッキングは日本の宇宙ステーション補給機(HTV)と違い、完全に自動で行なわれる事になっている。もしも最終段階で何らかの問題が発生した場合には、メインの誘導システムから完全に独立したものとして設定されている、一連の衝突回避マニューバが起動するようになっている。また非常時には、ISSの宇宙飛行士がドッキングの中止命令を送信することが出来るようになっている。欧州補給機 フレッシュアイペディアより)

  • こうのとり3号機

    こうのとり3号機から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    こうのとり3号機(こうのとり3ごうき、HTV3)は、3番目の宇宙ステーション補給機。国際宇宙ステーション(ISS)への補給物資を搭載し、2012年7月21日にH-IIBロケット3号機によって打ち上げられた。こうのとり3号機 フレッシュアイペディアより)

  • ハーモニー (ISS)

    ハーモニー (ISS)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    与圧結合アダプタのPMA-2が先端(前方)に取り付けられており、スペースシャトルとのドッキングに利用された。また、きぼうの船内保管室(ELM-PS)が2008年3月から6月まで上部に仮設置されていたほか、宇宙ステーション補給機2号機(HTV2)も2011年2月から3月まで上部に仮置きされた。ハーモニー (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • きぼう

    きぼうから見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    この合意に基づき、きぼう初の打ち上げ要素となる船内保管室は、2008年3月11日に打ち上げられたスペースシャトル「エンデバー」、ミッションSTS-123で宇宙に運ばれ、同月14日国際宇宙ステーションに取り付けられ、翌15日から運用が始まった(日付は全て日本時間)。続いて同年6月にミッションSTS-124で船内実験室及びロボットアームを設置、2009年7月に打ち上げられたエンデバーによって、7月18日に船外実験プラットフォームが取り付けられ完成した。電力供給や通信機能といった機能にも問題がないことが確認され、本格的な運用を開始した。同年9月には、宇宙ステーション補給機(HTV)による実験装置と物資の輸送が始まった。2010年2月の衛星間通信システム(ICS)の本格稼働、3月の子アームの設置をもって、基本要素の設置は終了した。きぼう フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
56件中 1 - 10件表示

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」のニューストピックワード