56件中 21 - 30件表示
  • 衝突回避 (宇宙開発)

    衝突回避 (宇宙開発)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機にも衝突回避マヌーバ機能が搭載されており、初号機のHTV技術実証機では飛行3日目の運用検証試験において衝突回避マヌーバの機能が試験されている。衝突回避 (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

  • クルス (ドッキングシステム)

    クルス (ドッキングシステム)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    クルスはイグラシステムの後継であり、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船などが宇宙ステーションに自動接近、ドッキングする際に使用される。かつてはミール宇宙ステーションへのドッキングに使用され、現在は国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに使用されている。日本の宇宙ステーション補給機や、アメリカのスペースシャトルもISSにドッキングするが、いずれもドッキング時には機体の操縦やロボットアームの操作などで人手が必要であり、最後まで完全自動なのはロシアのシステムだけである。クルス (ドッキングシステム) フレッシュアイペディアより)

  • ふじ (宇宙船)

    ふじ (宇宙船)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    JAXAでもHTVを基礎として有人宇宙船技術を蓄積することが掲げられたが、当初はHOPEに似た有翼型の予想図を公表していた。しかし、後にHTVを段階的に拡張して有人宇宙船を開発する構想が発表されると、これも他の宇宙船と同様、カプセル型になっていた。HTV補給部曝露区を有人カプセルに置き換える案は、ふじのスタンダードシステムに酷似している。JAXA部内における、これらHTV発展案とふじ構想の関連は不明だが、各国の動向も含め、ふじ構想の先見性を示したエピソードと言える。ふじ (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • HOPE

    HOPEから見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    しかしこのころ、建設の現実味を帯びてきた国際宇宙ステーション (ISS) へ荷物を運ぶ使い捨ての機体「HTV(後のこうのとり)」の研究が1997年にはじまり、HOPEの必要性に疑問を投げかける声があがり始めた。HOPE フレッシュアイペディアより)

  • HTV技術実証機

    HTV技術実証機から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    HTV技術実証機(HTV Technical Demonstration Vehicle: HTV-1)は2009年9月11日に打ち上げられた宇宙ステーション補給機(HTV)の初号機。同月17日国際宇宙ステーション(ISS)に結合し、物資をISSに輸送した後、10月30日に結合を解除し、11月2日に大気圏再突入を果たした。HTVの愛称決定後はこうのとり1号機とも呼ばれる。HTV技術実証機 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の科学技術

    日本の科学技術から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    日本は航空宇宙工学や宇宙探査でも世界有数の国である。宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は航空宇宙研究、ロケットや人工衛星の開発を行なっている。JAXAは様々なロケットを開発しており、最新鋭のロケットはH-IIBロケットである。H-IIA/Bロケットは最大8トンの静止トランスファ軌道 (GTO) への打ち上げ能力を持ち 、現在三菱重工業が製造、打ち上げを行なっている。三菱重工業はきぼうの開発にも携わっている。「きぼう」は2008年にスペースシャトルで国際宇宙ステーションへと運ばれて運用が開始され、宇宙ステーション補給機 (HTV) は2009年に国際宇宙ステーションへ補給物資を運搬する役割を果たした。日本の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • STS-133

    STS-133から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    ミッション中ISSにはスペースシャトル、ソユーズ(2機)、プログレス(1機)、ATV(ATV-2)、HTV(HTV2)が同時に結合している状態になった。これはISSに各国の宇宙船・補給船が集合した最初で最後の機会であった。ソユーズTMA-M宇宙船を一時的に切り離しISS全体像を記念撮影する案も検討されたが、使用するソユーズ宇宙船が改良型の初号機ということからISS近傍を飛行する安全性に疑問があったためこの案は却下された(ソユーズ宇宙船を使ってのシャトルがドッキングしたISSの撮影は次のSTS-134で実現した)。EVA中に宇宙飛行士がEVAカメラで全体撮影を行った他、帰還のために分離したシャトルからのISSの撮影は行われた。STS-133 フレッシュアイペディアより)

  • オリオン (宇宙船)

    オリオン (宇宙船)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    この延期によって、シャトルが退役する2010年(実際の退役は2011年になった)からアメリカの有人宇宙飛行に最低5年のブランクが生じる見込みになり、その間のISS滞在要員輸送手段は事実上ロシアのソユーズのみとなった。また、アレスVの初飛行は2018年以降になり、しかもアルタイル月着陸船の打ち上げが優先される予定だったので、ISSへの物資輸送も日本のHTVやロシアのプログレスなどに頼ることになった。オリオン (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • 商業軌道輸送サービス

    商業軌道輸送サービスから見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    もしこのようなサービスが2010年の終わりまでに利用できなかった場合、NASAのスペースシャトルの代替機であるオリオンの完成が2014年まで準備出来ない可能性があるため、NASAはロシア連邦宇宙局のソユーズ、プログレス補給船、ESAの欧州補給機 (ATV)、またはJAXAのH-II宇宙ステーション補給機 (HTV) などの軌道輸送サービスを調達せざるを得なくなる。しかし、NASAはCOTSが運用に入れば、その後ロシアの宇宙貨物輸送サービスを調達する必要はなくなる。商業軌道輸送サービス フレッシュアイペディアより)

  • ランデブー (宇宙開発)

    ランデブー (宇宙開発)から見た宇宙ステーション補給機宇宙ステーション補給機

    日本の宇宙ステーション補給機 (H-II Transfer Vehicle) も2009年9月11日、H-IIBロケットによって発射され、9月18日にISSとのドッキングを果たした。HTVは自動操縦ではなく、ISSに近寄った後、ロボット・アームに捕獲され船内からの操作によって結合される。ランデブー (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

56件中 21 - 30件表示

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」のニューストピックワード