74件中 11 - 20件表示
  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たIHIエアロスペース

    宇宙ステーション補給機(うちゅうステーションほきゅうき、、略称: HTV)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発し三菱重工業や三菱電機、IHIエアロスペースなどの大小100社程度の企業が製造する、国際宇宙ステーション (ISS) で使う各種実験装置や宇宙飛行士の食糧や衣類の輸送業務を担う無人宇宙補給機である。愛称はこうのとり (KOUNOTORI) 。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たH-IIAロケット

    ちなみに、当初HTVはH-IIAロケットに液体ロケットブースター (LRB) 1基を追加した212型で打ち上げる前提で開発が進められていた。しかし再検討の結果、LRBを追加するより、1段目を大型化する方が経済性、確実性、輸送能力などの点でより優れていると判断され、H-IIBロケットの開発が決定した。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たアメリカ航空宇宙局

    1988年、日本、カナダ、アメリカ合衆国、および欧州宇宙機関 (ESA) 加盟国の政府間で宇宙基地協力協定 (IGA) が署名された。1993年にロシアも加わり、1994年に現在の国際宇宙ステーション計画が誕生した。こうした中で、1994年7月の宇宙ステーション計画の了解覚書協議において、アメリカ航空宇宙局 (NASA) は宇宙ステーションへの輸送を、国際パートナーがスペースシャトルでの輸送経費を実費負担する方式から、各パートナーごとが輸送能力を提供することを原則とする方式への変更を提案した。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たグローバル・ポジショニング・システム

    この距離では、きぼうに設置された近傍域通信システム (PROX) との通信が可能になる。きぼうに搭載されているGPS受信機を利用したGPS相対航法 (RGPS) により、ISSと同じ高度で、ISSの5km後方の接近開始点 (AI点 ()) に投入される。AI点まで正常な状態が確認できれば、AIマニューバ()により接近を継続する。何らかの理由で接近を中断したい場合は、AI点にて相対的に停止(ISSと一定の位置関係を保持)する。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た太陽電池

    HTVは当初、一次電池のみを搭載する予定だったが、開発途中で太陽電池と蓄電池を追加した。その後、高性能の宇宙用一次電池が入手できなくなったため、どちらも同じリチウムイオン二次電池を使用することになった。しかし当初の設計を引き継いでいるため、一次電池の代わりに搭載した電池は太陽電池で充電することができず、電池が重複して搭載された設計になってしまっている。そこで、地上で充電した蓄電池に、軌道上で太陽電池から充電できるよう回路の設計を変更し、総重量の1割程度を占めている蓄電池を削減することが検討されている。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た発光ダイオード

    補給部与圧区内の照明にはISS共通の蛍光灯が使用されている。この蛍光灯はアメリカ製で、割れてもガラスや水銀が飛散しないなど宇宙での使用に対応した特別品である。ISS計画の遅れによる経年劣化もあり、ISS内で点灯しなくなるものが相次いでいる。そこで、HTV用に発光ダイオード (LED) を使用したLED照明装置が開発され、2010年打ち上げの2号機から搭載された。この照明装置はパナソニック電工がJAXAの事業公募制度「宇宙オープンラボ」 に応募して採用されたもので、LEDは蛍光灯と比べ劣化や故障が起きにくく、万一故障しても20個のLEDと2組の電源回路を使用するため完全に不点灯になる可能性が低いとされている。まずHTVで使用されるが、引き続きISS本体にも採用するため、検討が行われている。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た宇宙航空研究開発機構

    宇宙ステーション補給機(うちゅうステーションほきゅうき、、略称: HTV)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発し三菱重工業や三菱電機、IHIエアロスペースなどの大小100社程度の企業が製造する、国際宇宙ステーション (ISS) で使う各種実験装置や宇宙飛行士の食糧や衣類の輸送業務を担う無人宇宙補給機である。愛称はこうのとり (KOUNOTORI) 。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た欧州宇宙機関

    1988年、日本、カナダ、アメリカ合衆国、および欧州宇宙機関 (ESA) 加盟国の政府間で宇宙基地協力協定 (IGA) が署名された。1993年にロシアも加わり、1994年に現在の国際宇宙ステーション計画が誕生した。こうした中で、1994年7月の宇宙ステーション計画の了解覚書協議において、アメリカ航空宇宙局 (NASA) は宇宙ステーションへの輸送を、国際パートナーがスペースシャトルでの輸送経費を実費負担する方式から、各パートナーごとが輸送能力を提供することを原則とする方式への変更を提案した。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た水銀

    補給部与圧区内の照明にはISS共通の蛍光灯が使用されている。この蛍光灯はアメリカ製で、割れてもガラスや水銀が飛散しないなど宇宙での使用に対応した特別品である。ISS計画の遅れによる経年劣化もあり、ISS内で点灯しなくなるものが相次いでいる。そこで、HTV用に発光ダイオード (LED) を使用したLED照明装置が開発され、2010年打ち上げの2号機から搭載された。この照明装置はパナソニック電工がJAXAの事業公募制度「宇宙オープンラボ」 に応募して採用されたもので、LEDは蛍光灯と比べ劣化や故障が起きにくく、万一故障しても20個のLEDと2組の電源回路を使用するため完全に不点灯になる可能性が低いとされている。まずHTVで使用されるが、引き続きISS本体にも採用するため、検討が行われている。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たエアロジェット

    軌道変更や姿勢制御のための推進装置を装備する区画。燃料(MMH: モノメチルヒドラジン)タンク2基、酸化剤(MON3: 窒素添加四酸化二窒素)タンク2基、軌道変換用メインエンジン4基、姿勢制御用RCSスラスタ28基を装備する。実証機と2号機と4号機のメインエンジン (R-4D) とRCSスラスタ (R-1E) は、米エアロジェット社製であるが、3号機と5号機以降はIHIエアロスペース社製の国産品(メインエンジンはHBT-5、RCSスラスタはHBT-1)に置き換えられる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

74件中 11 - 20件表示

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」のニューストピックワード