74件中 21 - 30件表示
  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た商業軌道輸送サービス

    スペースシャトルが退役した2010年時点で、ISSへ物資を輸送する手段はHTVのほか、ロシアのプログレス補給船と、欧州の欧州補給機 (ATV) があった。しかしプログレスとATVは、共通結合機構(CBM、ハッチ形状は1.27m(=50インチ) × 1.27mの正方形の物資を通す事ができる角丸正方形)より小さなドッキング装置のハッチ(直径80cm)を用いるため、国際標準実験ラック (ISPR) はこのドッキング装置のハッチを通過することができず、輸送できなかった。また、定期的に交換するバッテリーなどの軌道上交換ユニット (ORU) も輸送することができなかった。これらの補給品は従来、スペースシャトルの多目的補給モジュール (MPLM) や曝露機器輸送用キャリア (ICC-VLD) で輸送していたが、シャトルが退役したことで、ドラゴン宇宙船の商業軌道輸送サービスによる物資輸送が始まった2012年までは、HTVが唯一の輸送手段であった。なお、国際標準実験ラック (ISPR) に関しては、計画中のものも含めてもHTV以外に輸送できる宇宙機はない。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たカナダアーム2

    H-IIBロケットに搭載されて打ち上げられ、高度約400キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーション (ISS) へ食糧や衣類、各種実験装置などの最大6トンの補給物資を送り届ける。その後、使わなくなった実験機器や使用後の衣類などを積み込み、大気圏に再突入させて廃棄する。ISSにはハーモニー付近に設置されたロボットアームで掴んでハーモニーの下部の共通結合機構 (CBM) に結合させる方法が採られる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た欧州補給機

    誘導制御系・電力供給系・通信データ処理系・通信系の電子機器を搭載する。なお、太陽電池はプログレスやATVと異なり、パドル形ではなく、電気モジュールや補給キャリアの外面に取り付けられる。これはHTVがプログレスやATVのような自動ドッキングではなく、共通結合機構(CBM)を用いての接続のため、カナダアーム2による把持(キャプチャ)させるためにはパドルがあると邪魔になるからである。しかし、HTVと同じ結合方式となる米国の商業補給機ドラゴンとシグナスは太陽電池パドルを使う方式を採用しており、設計次第ではどちらでも可能である。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た宇宙開発事業団

    宇宙ステーション補給機(うちゅうステーションほきゅうき、、略称: HTV)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発し三菱重工業や三菱電機、IHIエアロスペースなどの大小100社程度の企業が製造する、国際宇宙ステーション (ISS) で使う各種実験装置や宇宙飛行士の食糧や衣類の輸送業務を担う無人宇宙補給機である。愛称はこうのとり (KOUNOTORI) 。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たハーモニー (ISS)

    H-IIBロケットに搭載されて打ち上げられ、高度約400キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーション (ISS) へ食糧や衣類、各種実験装置などの最大6トンの補給物資を送り届ける。その後、使わなくなった実験機器や使用後の衣類などを積み込み、大気圏に再突入させて廃棄する。ISSにはハーモニー付近に設置されたロボットアームで掴んでハーモニーの下部の共通結合機構 (CBM) に結合させる方法が採られる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たマニューバ

    この距離では、きぼうに設置された近傍域通信システム (PROX) との通信が可能になる。きぼうに搭載されているGPS受信機を利用したGPS相対航法 (RGPS) により、ISSと同じ高度で、ISSの5km後方の接近開始点 (AI点 ()) に投入される。AI点まで正常な状態が確認できれば、AIマニューバ()により接近を継続する。何らかの理由で接近を中断したい場合は、AI点にて相対的に停止(ISSと一定の位置関係を保持)する。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た多目的補給モジュール

    HTVの係留中にスペースシャトルがドッキングする場合は、HTVのすぐ隣にシャトルのペイロードベイが位置してしまい、物資搬出に支障を来す。特にMPLMを輸送するミッションの場合、MPLMが結合に使用するハーモニーの地球側結合部をHTVが塞ぐことになる。このような場合は、あらかじめHTVをハーモニーの天頂側結合部に移しておく必要がある。実際に、HTV2号機では、STS-133の到着に備えて、HTV2をハーモニーの天頂側結合部に移動させた。ハーモニー天頂側はセントリフュージが使用する予定だったが、セントリフュージの計画中止で空いており、過去にはきぼう船内保管室の仮設置に使われた。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た共通結合機構

    H-IIBロケットに搭載されて打ち上げられ、高度約400キロメートル上空の軌道上にある国際宇宙ステーション (ISS) へ食糧や衣類、各種実験装置などの最大6トンの補給物資を送り届ける。その後、使わなくなった実験機器や使用後の衣類などを積み込み、大気圏に再突入させて廃棄する。ISSにはハーモニー付近に設置されたロボットアームで掴んでハーモニーの下部の共通結合機構 (CBM) に結合させる方法が採られる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たBT-4

    軌道変更や姿勢制御のための推進装置を装備する区画。燃料(MMH: モノメチルヒドラジン)タンク2基、酸化剤(MON3: 窒素添加四酸化二窒素)タンク2基、軌道変換用メインエンジン4基、姿勢制御用RCSスラスタ28基を装備する。実証機と2号機と4号機のメインエンジン (R-4D) とRCSスラスタ (R-1E) は、米エアロジェット社製であるが、3号機と5号機以降はIHIエアロスペース社製の国産品(メインエンジンはHBT-5、RCSスラスタはHBT-1)に置き換えられる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た宇宙政策委員会

    採用案はオプション2で、2012年8月の宇宙政策委員会第2回会合時点で、2018年度以降の打上げが検討されている。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

74件中 21 - 30件表示

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」のニューストピックワード