74件中 31 - 40件表示
  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た一次電池

    HTVは当初、一次電池のみを搭載する予定だったが、開発途中で太陽電池と蓄電池を追加した。その後、高性能の宇宙用一次電池が入手できなくなったため、どちらも同じリチウムイオン二次電池を使用することになった。しかし当初の設計を引き継いでいるため、一次電池の代わりに搭載した電池は太陽電池で充電することができず、電池が重複して搭載された設計になってしまっている。そこで、地上で充電した蓄電池に、軌道上で太陽電池から充電できるよう回路の設計を変更し、総重量の1割程度を占めている蓄電池を削減することが検討されている。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たセントリフュージ

    HTVの係留中にスペースシャトルがドッキングする場合は、HTVのすぐ隣にシャトルのペイロードベイが位置してしまい、物資搬出に支障を来す。特にMPLMを輸送するミッションの場合、MPLMが結合に使用するハーモニーの地球側結合部をHTVが塞ぐことになる。このような場合は、あらかじめHTVをハーモニーの天頂側結合部に移しておく必要がある。実際に、HTV2号機では、STS-133の到着に備えて、HTV2をハーモニーの天頂側結合部に移動させた。ハーモニー天頂側はセントリフュージが使用する予定だったが、セントリフュージの計画中止で空いており、過去にはきぼう船内保管室の仮設置に使われた。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た神舟

    ソユーズや神舟は上から順に脱出ロケット、居住モジュールに相当する部分、有人カプセル、電気・推進部の順なので、脱出ロケットは補給キャリアごとカプセルを脱出させる。HTV有人型は有人カプセル、推進モジュール、居住モジュールの順になるので、脱出時は有人カプセルのみを脱出させる。軌道に到達すると、補給キャリアを後方から前方に入れ替え、ソユーズなどと同じ構成になる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たアトラス (ロケット)

    シャトル退役以降のISSへのアメリカ担当分の補給手段として、NASAは現在民間開発による商業軌道輸送サービス (COTS) を利用する予定である。COTSにおいてロッキード社がアトラスロケットを用いてHTVを打ち上げる事を視野に入れたが、すぐに断念した。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た宇宙ステーション

    HTVを基に、日本独自の宇宙ステーションを建設する構想も存在している。補給キャリアの代わりに宇宙ステーションのモジュールを搭載して打ち上げたり、HTV自体を宇宙ステーションの推進機能として利用することが考えられている。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たTDRS

    H-IIBロケットで高度200km/300kmの楕円軌道に打ち上げられたHTVは、NASAの追跡・データ中継衛星TDRSとの通信を開始し、筑波宇宙センターにあるHTV管制センター (HTV-CC) の管制を受ける。HTVが正常であることが確認されると、約3日間掛けて国際宇宙ステーション (ISS) から23kmの位置まで接近する。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たSTS-133

    HTVの係留中にスペースシャトルがドッキングする場合は、HTVのすぐ隣にシャトルのペイロードベイが位置してしまい、物資搬出に支障を来す。特にMPLMを輸送するミッションの場合、MPLMが結合に使用するハーモニーの地球側結合部をHTVが塞ぐことになる。このような場合は、あらかじめHTVをハーモニーの天頂側結合部に移しておく必要がある。実際に、HTV2号機では、STS-133の到着に備えて、HTV2をハーモニーの天頂側結合部に移動させた。ハーモニー天頂側はセントリフュージが使用する予定だったが、セントリフュージの計画中止で空いており、過去にはきぼう船内保管室の仮設置に使われた。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た宇宙飛行士

    宇宙ステーション補給機(うちゅうステーションほきゅうき、、略称: HTV)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発し三菱重工業や三菱電機、IHIエアロスペースなどの大小100社程度の企業が製造する、国際宇宙ステーション (ISS) で使う各種実験装置や宇宙飛行士の食糧や衣類の輸送業務を担う無人宇宙補給機である。愛称はこうのとり (KOUNOTORI) 。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たR-4D

    軌道変更や姿勢制御のための推進装置を装備する区画。燃料(MMH: モノメチルヒドラジン)タンク2基、酸化剤(MON3: 窒素添加四酸化二窒素)タンク2基、軌道変換用メインエンジン4基、姿勢制御用RCSスラスタ28基を装備する。実証機と2号機と4号機のメインエンジン (R-4D) とRCSスラスタ (R-1E) は、米エアロジェット社製であるが、3号機と5号機以降はIHIエアロスペース社製の国産品(メインエンジンはHBT-5、RCSスラスタはHBT-1)に置き換えられる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見た姿勢制御

    軌道変更や姿勢制御のための推進装置を装備する区画。燃料(MMH: モノメチルヒドラジン)タンク2基、酸化剤(MON3: 窒素添加四酸化二窒素)タンク2基、軌道変換用メインエンジン4基、姿勢制御用RCSスラスタ28基を装備する。実証機と2号機と4号機のメインエンジン (R-4D) とRCSスラスタ (R-1E) は、米エアロジェット社製であるが、3号機と5号機以降はIHIエアロスペース社製の国産品(メインエンジンはHBT-5、RCSスラスタはHBT-1)に置き換えられる。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

74件中 31 - 40件表示

「宇宙ステーション補給機「こうのとり」」のニューストピックワード