前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • シャトル・ミール計画

    シャトル・ミール計画から見たプログレス補給船プログレス補給船

    この計画は「フェイズ1」とも呼ばれ、アメリカ合衆国が長期の宇宙飛行の経験を持つロシアから学び、NASAとRoscosmosの間の協力精神を養うことを意図していた。計画は1993年に公表され、1994年にミッションが始まり計画完了の1998年まで継続された。スペースシャトルの飛行11回に加え、ソユーズの飛行も行われ、7回のアメリカ人宇宙飛行士の長期宇宙滞在によって、アメリカの宇宙飛行士は累積でほぼ900日間宇宙に滞在した。計画の実行中には両国によって多くの「初」の事柄が成し遂げられた。アメリカの宇宙飛行士が初めてソユーズで打ち上げられ、史上最大の宇宙ステーションが組み立てられ、アメリカ人がロシアのオーラン宇宙服を着て宇宙遊泳を行った。計画は4年間続いたが、火災とプログレス衝突事故によるミールの安全性問題、ロシアの宇宙計画の財源喪失による問題、計画管理者の態度に対する宇宙飛行士からの不満などから計画は中止されることとなった。シャトル・ミール計画 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機から見たプログレス補給船プログレス補給船

    誘導制御系・電力供給系・通信データ処理系・通信系の電子機器を搭載する。なお、太陽電池はプログレスやATVと異なり、パドル形ではなく、電気モジュールや補給キャリアの外面に取り付けられる。これはHTVがプログレスやATVのような自動ドッキングではなく、共通結合機構(CBM)を用いての接続のため、カナダアーム2による把持(キャプチャ)させるためにはパドルがあると邪魔になるからである。しかし、HTVと同じ結合方式となる米国の商業補給機ドラゴンとシグナスは太陽電池パドルを使う方式を採用しており、設計次第ではどちらでも可能である。宇宙ステーション補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション

    国際宇宙ステーションから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ISSの建設は50以上の組立部品及び作業のための打ち上げが要求される。それらの打ち上げの39回はスペースシャトルによる打ち上げである。比較的小型な部品はプログレス補給船といった無人宇宙補給機によって運ばれる。組立が完了した時点のISSは、体積1,200立方メートル、重量419トン、最大発生電力110キロワット、トラス(横方向)の長さ108.4メートル、進行方向の長さ74メートル、最大滞在人数6名となる予定である。国際宇宙ステーション フレッシュアイペディアより)

  • サリュート6号

    サリュート6号から見たプログレス補給船プログレス補給船

    サリュート6号(、ラテン文字表記:Salute 6)、DOS-5はソビエト連邦の宇宙ステーション。サリュート計画のひとつとして計画され、1977年9月29日にプロトンロケットで打ち上げられ、第2世代最初のステーションとなった。サリュート6号の全体的な設計は以前のステーションと似ているが、にもかかわらずいくつかの革新的な発展を遂げており、2個目のドッキングポート、新しいメイン推進システム、ステーションの主要な科学観測器具、BST-1Mマルチスペクトル望遠鏡などの発展が見られる。特に、ドッキングポートが2つになったことによって宇宙空間でのクルーの引継ぎと貨物輸送船プログレスによるステーションへの補給が可能となり、これは短期訪問用ステーションから長期滞在用のステーションへの計画の変化もたらし、マルチモジュール型長期研究ステーションへの移行の開始となった。サリュート6号 フレッシュアイペディアより)

  • ISS推進モジュール

    ISS推進モジュールから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ISS推進モジュール()はズヴェズダとプログレス補給船の役割をバックアップするために提案されていた国際宇宙ステーションのモジュール。ISSを保つために重要な誘導、航行、制御、推進などの機能はズヴェズダとプログレス、欧州補給機のみに提供されている。推進モジュールはズヴェズダが打ち上げ失敗して利用できない場合の高度維持と高度上昇用のリブースト、デブリ回避、姿勢制御、本体への燃料供給などに必要とされていた。ズヴェズダが利用可能でなくなると暫定制御モジュールが最初に使われるはずだったが、この機構は寿命が3年でありその後は何らかの推進モジュールが必要であった。ISS推進モジュール フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-58

    プログレスM-58から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-58(Progress M-58)は2006年10月23日に打ち上げられたプログレス補給船。国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはプログレスM 11F615A55、シリアル番号は358。NASAによる名称はプログレス23(略称: 23P)。プログレスM-58 フレッシュアイペディアより)

  • HTV技術実証機

    HTV技術実証機から見たプログレス補給船プログレス補給船

    また輸送コスト単価でも他の輸送機に比べ優位性があるとHTVは評価された。1トンあたりの輸送コストはATVが約58億円(134円/ユーロ)、スペースシャトルが約76億円(94円/ドル)であるのに対し、HTVは約47億円である。なおプログレス補給船はコスト非公表となっている。HTV技術実証機 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ計画

    ソユーズ計画から見たプログレス補給船プログレス補給船

    ソユーズロケットは、使い捨て型ロケットであり、ロシアのサマーラにあるProgress State Research and Production Rocket Space Center (TsSKB-プログレス)で製作されている。このロケットは、国際宇宙ステーション(ISS)へ人員輸送を行うソユーズ宇宙船の打ち上げに使用されるほか、ISSへ物資の補給と廃棄を行うプログレス補給船の打ち上げや、政府機関や商業目的の衛星や探査機の打上げにも使用されている。現在、ソユーズ宇宙船とプログレス補給船の打ち上げ及びロシア政府が運用する衛星打ち上げは、ロシア連邦宇宙局の運用により行われる。民間及びロシア国外の政府機関から委託された衛星や探査機の打ち上げは、国と民間の出資により設立された衛星打ち上げ会社が請負っている。また、ヨーロッパのアリアンスペース社がロシア連邦宇宙局と欧州宇宙機関(ESA)と契約を結び、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターにソユーズロケット用の発射台を建設し、2011年からソユーズロケットを使用した衛星や探査機の打ち上げを開始した。現在、ソユーズロケットは、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地とロシアの北東部のプレセツク宇宙基地、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターの3ヶ所から打ち上げられている。ソユーズ計画 フレッシュアイペディアより)

  • 無人宇宙補給機

    無人宇宙補給機から見たプログレス補給船プログレス補給船

    無人宇宙補給機は1978年1月20日に打ち上げられたプログレス1から始まり、過去にはサリュート6号、サリュート7号、ミールの補給に、そして現在国際宇宙ステーションの補給に使用されている。打ち上げられたほとんどは旧ソ連・ロシア連邦のプログレス補給船である。無人宇宙補給機 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州補給機

    欧州補給機から見たプログレス補給船プログレス補給船

    ATVはロシアのプログレス補給船を補完する目的で計画され、プログレスの3倍の輸送能力を持つ。 液体や比較的壊れやすい貨物などは、プログレスと同様に気密の保たれた与圧部に格納されており、 ISS とドッキング中、宇宙飛行士は宇宙服の着用なしで与圧カーゴ区画へ入ることができる。 与圧カーゴ区画は、スペースシャトルが ISS との間の貨物輸送の際にコンテナとして利用した、イタリア製の多目的補給モジュール (MPLM) の構造を基礎として開発された。またATVはプログレス同様、 分離時にはISS のゴミを搭載して廃棄するコンテナとしても利用される。欧州補給機 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示