88件中 11 - 20件表示
  • ザーリャ

    ザーリャから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ザーリャにはドッキング・ポートが3つあり、両端に1つずつと、もう1つは側面(地球方向側)にある。一端にはズヴェズダが、もう一端にはPMA-1を介してユニティが取り付けられている。側面(軸方向または天底)のポートは、ロシアのソユーズやプログレス補給船のドッキングに使われていたが、2010年5月にSTS-132でミニ・リサーチ・モジュール1(MRM-1)が運ばれてここに結合された。ザーリャ フレッシュアイペディアより)

  • ミール

    ミールから見たプログレス補給船プログレス補給船

    1990年代にアメリカ合衆国主導の国際宇宙ステーション計画へロシア連邦が参加することが決定し、1997年のプログレス補給船衝突事故以降、施設の老朽化と陳腐化が関係者の間で問題となり、またロシア側が新たな基本モジュール(名称:ズヴェズダ。ミールのコアモジュールの改良型)の打ち上げに意欲を示したことから、国際宇宙ステーションに飛行士が滞在するのに合わせて廃棄する事となり、2001年3月23日に大気圏に突入した。15年もの間、旧東側諸国を中心にアメリカやヨーロッパからも100人以上の宇宙飛行士が訪れた。ミール フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズT-5

    ソユーズT-5から見たプログレス補給船プログレス補給船

    5月25日、乗組員はサリュート7号を再設定し、プログレス補給船の船尾を地球の方へ向けた。これは、重力傾斜安定化の位置に置くためである。Lebedevは彼の日記の中で、姿勢制御用ジェットは「とてもうるさく、大ハンマーで樽を叩いているような音」だったと述べている。翌日、乗組員は作業スペースと中間コンポーネントの間のハッチを閉め、ミッションコントロールセンターはプログレス13号からサリュート7号に燃料を給油した。乗組員は作業を観察していたが、作業はほとんどなかった。5月29日は、補給品を運ぶことで費やされた。同時に、Lebedevによると、「我々には不必要でロープに繋いだままのものを運び込んだ。荷物を積み込んだ宇宙船に入ると、金属音が響き、ブラスバンドのようだった」と述べている。5月31日に、プログレス13号から300リットルの水が積み込まれ、6月2日はソユーズT-6を迎えるため、サリュートから300?下の軌道に移動した。ソユーズT-5 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズT-13

    ソユーズT-13から見たプログレス補給船プログレス補給船

    乗組員の努力によって、歴史上最も印象に残る、宇宙空間での修理作業の1つになった。ソユーズがサリュート7号に近付くと、太陽電池がランダムな方向を向いており、長軸を中心にゆっくり回転している光景が見られた。彼らは手持ちの光波測距儀を用いて距離を測り、外壁が損傷を受けていないことを検査した。ジャニベコフは、移動コンパートメントの耐熱ブランケットは直射日光によって鈍い灰色に変色していたと述べている。ドッキングに際して、乗組員はドッキング部位の電子コネクタから、サリュート7号の電子システムがダウンしていることを知った。彼らはハッチを開ける前に注意深くステーション内の空気を採集し、空気はとても冷たいが呼吸可能であることを確認した。ステーション内の壁や装置は霜に覆われていた。宇宙飛行士達は冬季用の手袋や帽子を身につけてステーション内に入った。最初にするべき仕事は電源を復活させることだった。8つあるバッテリーのうち、全てが止まっており、2つは壊れていた。ジャニベコフは、センサーが故障したために太陽電池が正しい方向を向かず、バッテリーがチャージされないのだと考えた。その結果、サリュート7号の電源はすぐに尽き、全てのシステムが停止して、無線通信も途切れたのだと考えられた。彼らはソユーズT-13で押して、サリュート7号を太陽の方向に向け直して電源をチャージした。6月10日、暖房が復活した。彼らはそれまで、ソユーズT-13の空気調整システムを使っていた。6月13日には高度制御システムの正常な再動作に成功し、これは補給船プログレス補給船がドッキングできるようになったことを意味した。水が機器に入るのを防ぐために、壁ヒーターを用いて1日で霜を融かし、7月末には通常の湿度に戻った。ステーションの水タンクは6月末には融けたが、凍結によってヒーターが壊れたため、強力なテレビの光源を使って水が温められた。ソユーズT-13 フレッシュアイペディアより)

  • リブースト

    リブーストから見たプログレス補給船プログレス補給船

    リブースト(Reboost)は、人工衛星の高度を上昇させ、大気圏へ再突入するまでの時間を増やすプロセスである。たとえば、国際宇宙ステーション(ISS)は地球低軌道(LEO)にあって大気抵抗を受けるため、スペースシャトル、プログレス補給船、欧州補給機がドッキングしたとき毎回リブーストを行う。リブースト フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTM-19

    ソユーズTM-19から見たプログレス補給船プログレス補給船

    機長のマレンチェンコとフライトエンジニアのムサバイエフは共に初飛行である。両名はベテラン宇宙飛行士のゲンナジー・ストレカロフとともに宇宙へ向かい、彼は数日間のミール滞在の後、ソユーズTM-18で帰還する予定だった。しかし、乗組員の物資を運ぶ予定だった2機のプログレス補給船のうちの1機の運行が取りやめられたため、ストレカロフは搭乗できなくなった。このような事情で、珍しい新人同士での飛行となった。ソユーズTM-19 フレッシュアイペディアより)

  • スペースクラフト・セメタリー

    スペースクラフト・セメタリーから見たプログレス補給船プログレス補給船

    スペースクラフト・セメタリー(英: Spacecraft cemetery, 宇宙機の墓場)は、ニュージーランドのウェリントンから南東に3900 kmの南太平洋海域を指す言葉でで、ここではスペースクラフト(宇宙船、宇宙機)が定期的に落とされてきた。有名なものでは、ソ連のミール宇宙ステーションや廃棄物が搭載されたプログレス補給船、欧州補給機(ATV)、日本の宇宙ステーション補給機(HTV)などがこの海域に向けて制御落下した。周辺には人が住む島がないため、人に危害が及ぶ危険性が低いという理由でこの場所が選ばれている。スペースクラフト・セメタリー フレッシュアイペディアより)

  • ミニ・リサーチ・モジュール1

    ミニ・リサーチ・モジュール1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    MRM1はアンドロジナス(ロシア側仕様のドッキングポート)を二つ持っていて、一つはザーリャとの結合のために使用され、もう一つはソユーズ宇宙船やプログレス補給船とのドッキングのために使われる。当初のISSの設計からすると、ドッキング装置兼機器搭載区画(Docking Cargo Module :DCM)の役目を果たすことになる。MRM1の存在を明らかにする際、ロシアは予定していた最後の二つの区画となる「ロシア研究モジュール」の製造を中止することも併せて表明した(ただし、将来の動きは極めて流動的であり、新たなモジュールの設置構想もある)。ミニ・リサーチ・モジュール1 フレッシュアイペディアより)

  • ミニ・リサーチ・モジュール2

    ミニ・リサーチ・モジュール2から見たプログレス補給船プログレス補給船

    MRM2は2009年11月12日にズヴェズダ(Zvezda)区画の上部ドッキングポートに結合され、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船のための新たなドッキング場所として使われている。また、宇宙飛行士が船外活動をする際のエアロックとしても使用可能であり、2012年末に「ピアース」が廃棄されると、こちらがロシアのエアロックとして使用されるようになる。また科学実験に必要な空間を提供したり、ロシア科学アカデミーが開発する船外実験装置用に、電力供給とデータの送受信用のインタフェースを有する設置場所を2箇所装備している。ミニ・リサーチ・モジュール2 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTM-22

    ソユーズTM-22から見たプログレス補給船プログレス補給船

    バイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、1995年9月5日にその前日までプログレスM-28が接続されていたクバント2モジュールにドッキングした。ソユーズTM-22 フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示