88件中 21 - 30件表示
  • ピアース (ISS)

    ピアース (ISS)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    またピアースは、ドッキングしているプログレスM補給船の推進剤タンクから、ズヴェズダの推進システムかザーリャ機能的貨物ブロックへ推進剤を補給することができる。また反対に、ズヴェズダとザーリャから、ドッキング中のプログレスの推進システムへ推進剤を補給することもできる。ピアース (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • ストレラ (クレーン)

    ストレラ (クレーン)から見たプログレス宇宙船プログレス補給船

    ストレラはミール宇宙ステーションと国際宇宙ステーション(ISS)のモジュールで利用されているロシアの手動操作式のクレーン。ミールやの宇宙飛行士の移動や船外機器の移動のために使われている。ミールではコアモジュールにプログレスで輸送された2台のストレラクレーンが取り付けられていた。またISSではピアース(DC-1)にSTS-96とSTS-101の2回に分けてに乗せて運ばれたものと、ピアース内に収納されて運ばれたものの2台が取り付けられている。ストレラ (クレーン) フレッシュアイペディアより)

  • スペクトル (ミール)

    スペクトル (ミール)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    1997年6月25日、クバント1へのドッキング操作中であった無人補給船プログレス M-34が進路を逸れ、スペクトルに衝突した。この衝突によってスペクトルの太陽電池アレイのうち一枚がダメージを受け、モジュールの与圧隔壁に穴が開き、与圧が失われた。スペクトルモジュールはミール全体が減圧するのを防ぐためにハッチを閉じて残りのモジュールから隔離されたが、この際に急いで電力ケーブルを外す必要があったため、火災時用の斧でケーブルの切断が行われた。この影響で、スペクトルの太陽電池アレイからの電力供給が途絶えた。1997年8月、ソユーズTM-26で派遣されたアナトリー・ソロフィエフとパーヴェル・ヴィノグラードフが、減圧状態のスペクトルモジュール内部で船外活動を行い、ハッチを改造して配線を通せるようにしたことで配線接続の回復に成功した。2回目のスペクトル内部での船外活動は1997年10月に行われ、2枚の太陽電池アレイを自動制御で太陽に向けられるようにするるためにコンピュータシステムに接続した。これらの修理によって電力の供給量は最大で衝突前の約70%にまで戻った。スペクトル (ミール) フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズU2

    ソユーズU2から見たプログレス補給船プログレス補給船

    ソユーズ2は当初ヤンターリ偵察衛星やミール宇宙ステーションへのソユーズ宇宙船やプログレス補給船の打ち上げに使用された。ソユーズU2 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-1

    プログレスM-1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-1(Progress M-1)はソビエト連邦が1989年に打ち上げたプログレス補給船。ミールステーションへの補給活動に使用され、シリアル番号は201。初のプログレスMタイプである。プログレスM-1 フレッシュアイペディアより)

  • クルス (ドッキングシステム)

    クルス (ドッキングシステム)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    クルスはイグラシステムの後継であり、ソユーズ宇宙船やプログレス補給船などが宇宙ステーションに自動接近、ドッキングする際に使用される。かつてはミール宇宙ステーションへのドッキングに使用され、現在は国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに使用されている。日本の宇宙ステーション補給機や、アメリカのスペースシャトルもISSにドッキングするが、いずれもドッキング時には機体の操縦やロボットアームの操作などで人手が必要であり、最後まで完全自動なのはロシアのシステムだけである。クルス (ドッキングシステム) フレッシュアイペディアより)

  • コスモス1669号

    コスモス1669号から見たプログレス補給船プログレス補給船

    コスモス1669号()は1985年7月19日に打ち上げられたプログレス補給船。サリュート7号への補給活動に使用され、バージョンはプログレス7K-TG、シリアル番号は126。コスモス1669号 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-45

    プログレスM-45から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-45(Progress M-45)は2001年8月21日に打ち上げられたプログレス補給船。国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはProgress-M 11F615A55、シリアル番号は245。NASAによる名称はプログレス5(Progress 5 略称: 5P)。プログレスM-45 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-SO1

    プログレスM-SO1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-SO1(Progress M-SO1)は国際宇宙ステーションにピアースモジュールを輸送するための改造型プログレス補給船。プログレスM 11F615A55をベースにし、与圧カーゴモジュールが取り除かれている。シリアル番号は301.。プログレスM-SO1 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM1-8

    プログレスM1-8から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM1-8(Progress M1-8)は2002年3月21日に打ち上げられたプログレス補給船。国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはProgress-M1 11F615A55、シリアル番号は257。NASAによる名称はプログレス7(Progress 7 略称: 7P)。プログレスM1-8 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示