88件中 41 - 50件表示
  • プログレスM-66

    プログレスM-66から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-66(Progress M-66)は2009年2月10日に打ち上げられたプログレス補給船。国際宇宙ステーション(ISS)への補給活動に使用され、バージョンはプログレスM 11F615A55、シリアル番号は366。NASAによる名称はプログレス32(Progress 32 略称: 32P)。プログレスM-66 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-03M

    プログレスM-03Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-03M(Progress M-03M)は2009年10月18日に打ち上げられたプログレス補給船。国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはProgress-M 11F615A60、シリアル番号は403。NASAによる名称はプログレス35(略称: 35P)。プログレスM-03M フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-08M

    プログレスM-08Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-08M(Progress M-08M)は、国際宇宙ステーションへの補給活動に使用される無人宇宙補給機である。NASAによる名称はプログレス40(Progress 40 略称: 40P)。2010年10月27日15:11(UTC)にソユーズ-Uロケットによりバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。本補給船の型式はProgress-M 11F615A60であり、この型式としては8番目に打ち上げられたプログレス補給船となった。また2010年に打ち上げられた5番目のプログレス補給船となった。本補給船は、RSC Energiaで製作され、ロシア連邦宇宙局で運用されている。第25次長期滞在を実施中に国際宇宙ステーションに到達し、第26次長期滞在を実施中の2011年1月24日にドッキング解除されるまで、国際宇宙ステーションにドッキングした状態でいる予定である。プログレスM-08M フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-12M

    プログレスM-12Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-12M(、Progress M-12M)は、2011年8月24日に打ち上げられたプログレス補給船。NASAによる名称はプログレス44(Progress 44 略称: 44P)。国際宇宙ステーション(ISS)への補給活動が目的だったが、打上げに失敗して機体は喪失した。プログレスM-12M フレッシュアイペディアより)

  • プログレス1

    プログレス1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレス1(Progress 1)は初のプログレス補給船。シリアル番号は102。1978年にソビエト連邦がサリュート6号宇宙ステーションに補給物資を輸送するため使用した。プログレス1 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-14

    ソユーズTMA-14から見たプログレス補給船プログレス補給船

    2009年7月3日、ソユーズTMA-14は、ズヴェズダ後方とのドッキングを解除し、約30分間の飛行を行い、ピアース・ドッキング室とドッキングした。なお、この移動飛行には日本人宇宙飛行士若田光一が搭乗し、ソユーズ宇宙船に搭乗した2人目の日本人となった。また、この移動は、空けたドッキング・ポートを、後日、プログレス補給船 (34P) が使用するためである。ソユーズTMA-14 フレッシュアイペディアより)

  • こうのとり2号機

    こうのとり2号機から見たプログレス補給船プログレス補給船

    なお、この期間には先にドッキングしていたプログレス補給船とソユーズTMA-20、ソユーズTMA-01Mと本機に加え、2月24日にヨハネス・ケプラーが、さらに2月26日にディスカバリー(STS-133)が国際宇宙ステーションにドッキングした。この時点で上記の5機種6機が一堂に会し、宇宙開発の国際協力を象徴するイベントとなった。シャトルが退役することが決まっていたことから、現役である宇宙機の勢ぞろいはこれが最初で最後の機会となった。こうのとり2号機 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズT-15

    ソユーズT-15から見たプログレス補給船プログレス補給船

    レオニード・キジムとウラジーミル・ソロフィエフは、1986年3月13日に打ち上げられ、3月15日にミールと初めてドッキングした。ミールへの51日間近くの滞在で、到着後に2機のプログレス補給船を迎えた。ソユーズT-15 フレッシュアイペディアより)

  • ワシリー・ツィブリエフ

    ワシリー・ツィブリエフから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ツィブリエフは、1997年にプログレス補給船がミールに衝突した際、ミール側の責任者であった。ワシリー・ツィブリエフ フレッシュアイペディアより)

  • STS-133

    STS-133から見たプログレス補給船プログレス補給船

    ミッション中ISSにはスペースシャトル、ソユーズ(2機)、プログレス(1機)、ATV(ATV-2)、HTV(HTV2)が同時に結合している状態になった。これはISSに各国の宇宙船・補給船が集合した最初で最後の機会であった。ソユーズTMA-M宇宙船を一時的に切り離しISS全体像を記念撮影する案も検討されたが、使用するソユーズ宇宙船が改良型の初号機ということからISS近傍を飛行する安全性に疑問があったためこの案は却下された(ソユーズ宇宙船を使ってのシャトルがドッキングしたISSの撮影は次のSTS-134で実現した)。EVA中に宇宙飛行士がEVAカメラで全体撮影を行った他、帰還のために分離したシャトルからのISSの撮影は行われた。STS-133 フレッシュアイペディアより)

88件中 41 - 50件表示