88件中 51 - 60件表示
  • エレクトロン (ISS)

    エレクトロン (ISS)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    2006年9月18日 : 調子の悪いエレクトロン・ユニットから発生した煙により、NASAのフライトエンジニアが「宇宙船緊急事態」を宣言。焦げ臭いにおいから、別のエレクトロンの火災が疑われたが、そのユニットは「非常に熱い」だけであった。無臭で腐食性がある水酸化カリウムが漏れ出し、ISSクルーはやむを得ず手袋とフェイス・マスクを装着した。ゴム製の密封シールが過熱したために、異臭が発生したものと推測されている。事件が起きたのは、スペースシャトル・アトランティスが分離した直後、補給ミッション(宇宙旅行者のアニューシャ・アンサリが搭乗)が到着する直前である。2006年10月のプログレス補給船で新しい弁とケーブルが届けられ、2006年11月にようやくエレクトロンは復旧した。エレクトロン (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの宇宙開発

    ロシアの宇宙開発から見たプログレス補給船プログレス補給船

    国際宇宙ステーション計画に参加する国の1つであり、現在はロシアのソユーズが人員輸送できる唯一の宇宙機になっている。また、プログレス補給船は毎年4機以上が打ち上げられており、ISSの物資を満たすに必要不可欠な存在となっている。ロシアの宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTM-11

    ソユーズTM-11から見たプログレス補給船プログレス補給船

    TBSはソ連の宇宙機関 ( / GLAVKOSMOS) にこの飛行の資金を提供した。ソビエト連邦政府は、これを彼らの初めての商業飛行と呼び、1400万ドルを得たという。秋山は宇宙滞在期間中、毎日10分間のテレビ番組1つと20分間のラジオ番組2つに出演した。170kgの放送器材はプログレスM補給船で運ばれ、ソユーズTM-10でミールに滞在していたゲンナジー・マナコフとゲンナジー・ストレカロフによって前もって組み立てられていた。テレビカメラはPAL方式であり、ミールからモスクワまでの地上伝送はSECAM方式であった。日本での放送はNTSC方式で行われた。秋山の座席は12月5日にTM-10に移された。12月8日にTM-10は帰還を開始した。秋山たちの着陸の様子は、TBSによってカザフスタンから中継された。(「映像情報メディア工学総合大事典」継承技術編)ソユーズTM-11 フレッシュアイペディアより)

  • TORU (ドッキングシステム)

    TORU (ドッキングシステム)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    TORU()システムはロシアのソユーズおよびプログレス宇宙船の手動ドッキングシステム。自動ドッキングシステムクルスのバックアップとして採用されており、かつてはミール、サリュートに、現在は国際宇宙ステーション計画に使用されている。TORU (ドッキングシステム) フレッシュアイペディアより)

  • VBKラドゥガ

    VBKラドゥガから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスMに搭載された状態で打ち上げられ、ミールに運ばれた。プログレスがミールを離れる前にプログレスのドッキングプローブとカプセルが入れ替えられ、プログレスが軌道を離脱した後、カプセルを切り離し、カプセル単独で大気圏再突入を果たす。そのためカプセル自体には推進装置は搭載されていない。突入後はパラシュートを展開して着陸する。VBKラドゥガ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙待機軌道

    宇宙待機軌道から見たプログレス補給船プログレス補給船

    文字通りの意味では、欧州補給機は、国際宇宙ステーションとランデブーするタイミングを待つために数カ月の間、この軌道に留まることがある。安全上の理由から、スペースシャトルがドッキングしているか、ソユーズやプログレス補給船が手動でドッキング、離脱している間は、欧州補給機は国際宇宙ステーションに近づかない。宇宙待機軌道 フレッシュアイペディアより)

  • オリオン (宇宙船)

    オリオン (宇宙船)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    この延期によって、シャトルが退役する2010年(実際の退役は2011年になった)からアメリカの有人宇宙飛行に最低5年のブランクが生じる見込みになり、その間のISS滞在要員輸送手段は事実上ロシアのソユーズのみとなった。また、アレスVの初飛行は2018年以降になり、しかもアルタイル月着陸船の打ち上げが優先される予定だったので、ISSへの物資輸送も日本のHTVやロシアのプログレスなどに頼ることになった。オリオン (宇宙船) フレッシュアイペディアより)

  • 商業軌道輸送サービス

    商業軌道輸送サービスから見たプログレス補給船プログレス補給船

    もしこのようなサービスが2010年の終わりまでに利用できなかった場合、NASAのスペースシャトルの代替機であるオリオンの完成が2014年まで準備出来ない可能性があるため、NASAはロシア連邦宇宙局のソユーズ、プログレス補給船、ESAの欧州補給機 (ATV)、またはJAXAのH-II宇宙ステーション補給機 (HTV) などの軌道輸送サービスを調達せざるを得なくなる。しかし、NASAはCOTSが運用に入れば、その後ロシアの宇宙貨物輸送サービスを調達する必要はなくなる。商業軌道輸送サービス フレッシュアイペディアより)

  • STS-106

    STS-106から見たプログレス補給船プログレス補給船

    4度目の宇宙飛行となる船長のテレンス・ウィルコットは、7名の乗組員を指揮した。11日間のミッションで、ウィルコットらは1週間をISSの中で過ごし、アトランティス後部のSPACEHABとズヴェズダにドッキングしたロシアのプログレスM-1からの荷物を降ろした。ズヴェズダは7月26日にISSに接続されたばかりで、当初は居住区域として用いられた。STS-106 フレッシュアイペディアより)

  • ランデブー (宇宙開発)

    ランデブー (宇宙開発)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    無人船によるステーションへの補給作業も行われていて、ISSに対してはソユーズやプログレス補給船が自動誘導装置を使用する一方で、欧州補給機 (Automated Transfer Vehicle) はレーザー誘導システムを使って自動でドッキングをしている。ランデブー (宇宙開発) フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示