88件中 61 - 70件表示
  • プログレスM-63

    プログレスM-63から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-63(Progress M-63)は2008年2月5日に打ち上げられたプログレス補給船。国際宇宙ステーションへの補給活動に使用され、バージョンはProgress-M 11F615A55、シリアル番号は363。NASAによる名称はプログレス28(Progress 28 略称: 28P)。プログレスM-63 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス

    プログレスから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレス補給船 - ソ連・ロシアの使い捨て貨物輸送宇宙船。プログレス フレッシュアイペディアより)

  • ロシア連邦宇宙局

    ロシア連邦宇宙局から見たプログレス補給船プログレス補給船

    宇宙ステーションのミールの運営、国際宇宙ステーション計画への参加、ソユーズ、プログレス宇宙船の開発と運用、アンガラロケットの開発、月・火星・金星探査機の開発、科学観測などを行っている。ロシア連邦宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • 国際宇宙ステーション組立順序

    国際宇宙ステーション組立順序から見たプログレス補給船プログレス補給船

    2013年現在、有人輸送手段としてロシアのソユーズ宇宙船のみが運用されている。また物資輸送手段としてロシアのプログレス補給船が主に使用され、2008年からヨーロッパの欧州補給機 (ATV) が、2009年からは日本の宇宙ステーション補給機 (HTV) が、2012年からは米民間企業のスペースX社のドラゴンが使用されている。2011年にアメリカのスペースシャトルが退役するまでは、有人/物資輸送の両面において主要な輸送手段として用いられていた。国際宇宙ステーション組立順序 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズU

    ソユーズUから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ソユーズUの最初の打ち上げは1973年5月18日に行われ、ゼニット衛星をコスモス559号として軌道へ投入した。ソユーズUは初期のソユーズの派生型やボスホートロケットを置き換えた。それまでは有人用と無人用に別々の型のロケットを用意していたが、ソユーズUの登場によりその必要が無くなった。運用は2012年現在も続いており、年に数機が打ち上げられており、ロシア連邦宇宙局によって国際宇宙ステーション(ISS)へのプログレス補給船の打ち上げに使用されている。ソユーズU フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズFG

    ソユーズFGから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ソユーズFG ロケットはソユーズUの増強型のR-7シリーズのロケットでサマーラのが開発生産している。2001年5月20日に初打ち上げでプログレス補給船を国際宇宙ステーション(ISS)へ運んだ。ソユーズFG フレッシュアイペディアより)

  • S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア

    S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアから見たプログレス補給船プログレス補給船

    S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアまたはS.P.コロリョフ・ロケット・宇宙会社「エネルギヤ」(、略称:、英文字略称:RKK EnergiaまたはRSC Energia) はロシアのソユーズ宇宙船、プログレス補給船、人工衛星などの宇宙機と宇宙ステーションのモジュールの設計・製造会社である。モスクワ近郊のコロリョフに本社を置く。S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア フレッシュアイペディアより)

  • ズヴェズダ (ISS)

    ズヴェズダ (ISS)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    移送チャンバには、ソユーズ宇宙船、プログレス補給船、欧州補給機とのドッキングに使われるドッキング機構がある。ズヴェズダ (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • 2009年人工衛星衝突事故

    2009年人工衛星衝突事故から見たプログレス補給船プログレス補給船

    これまでもいくつかの小規模な衝突は起きており、それらの多くはランデブー中であったり意図的な衛星破壊であった。その中にはDART (en) 衛星とMUBLCOM (en) 衛星との衝突や、プログレスM-24やM-34そしてソユーズTM-17がドッキングを試みている時に起きた有人の宇宙ステーションミールを巻き込んだ3回の衝突などがある。1996年には、フランスの人工衛星セリース (en) がスペースデブリと衝突している。これまで8回のよく知られている高速度の衝突が起きており、それらは衝突前は誰も予測しておらず、衝突が起こってから初めて衝突の事実に気づいた。2009年人工衛星衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • 第1次長期滞在

    第1次長期滞在から見たプログレス補給船プログレス補給船

    4ヶ月の滞在中に、シェパード、ギジェンコ、クリカレフは、スペースシャトルでISSの電力供給を増大させる太陽電池、デスティニーの最初の実験器具等を運んできた3人の来客をISSに迎えた。またその他に、ロシア側のポートに自動的にドッキングする無人のプログレス補給船を2度迎えた。第1次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示