165件中 61 - 70件表示
  • プログレスM-39

    プログレスM-39から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-39()はロシア連邦が1998年にミール宇宙ステーションの補給のために打ち上げた無人宇宙補給機プログレス補給船。シリアル番号は238番だった。プログレスM-39 フレッシュアイペディアより)

  • コスモス1669号

    コスモス1669号から見たプログレス補給船プログレス補給船

    コスモス1669号()は1985年7月19日に打ち上げられたプログレス補給船。サリュート7号への補給活動に使用され、バージョンはプログレス7K-TG、シリアル番号は126。コスモス1669号 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスMS-1

    プログレスMS-1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスMS-1 () はロスコスモスが2015年に国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASA や JAXAではプログレス62や62Pとも称される。2015年12月21日に打ち上げられた。プログレス-MSシリーズの最初の機体である。プログレスMS-1 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス-M

    プログレス-Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレス補給船の派生型であり、もともとは1980年代後半にソユーズ-T、ソユーズ-TM用に開発された新システムを利用したの近代化版として作られた。プログレス-M フレッシュアイペディアより)

  • プログレス1

    プログレス1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレス1(Progress 1)は初のプログレス補給船。シリアル番号は102。1978年にソビエト連邦がサリュート6号宇宙ステーションに補給物資を輸送するため使用した。プログレス1 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ31号

    ソユーズ31号から見たプログレス補給船プログレス補給船

    ステーションに残った乗組員は、ソユーズ31号を前方ポートに移動し、プログレス補給船のために後方ポートを空けた。彼らは、139日間という宇宙滞在記録を樹立し、11月2日に地球に帰還した。ソユーズ31号 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-35

    プログレスM-35から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-35は1997年にロシア連邦宇宙局が宇宙ステーションミールの補給のために打ち上げたプログレス補給船。シリアル番号は235であった。プログレスM-35 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-3

    プログレスM-3から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-3はソビエト連邦がミール宇宙ステーションの補給のために1990年に打ち上げたプログレス補給船。ミールに訪れた64機のプログレス補給船のうち20機目であり、プログレス-M(11F615A55)型で、シリアル番号は203番だった。M-3はでミールに乗っているクルー向けの食料、水、酸素や、科学研究を行うための資材、軌道補正とマニューバを行うための燃料などが積まれていた。プログレスM-3 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM1-1

    プログレスM1-1から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM1-1はロシア連邦がミール宇宙ステーションの補給のために2000年に打ち上げたプログレス補給船。型でシリアル番号は250であった。加圧貨物を超える燃料の輸送に最適化された国際宇宙ステーションの補給のために開発されたプログレス-M型の派生として生まれたプログレス-M1型の初飛行であった。プログレスM1-1 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-2

    プログレスM-2から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-2はソビエト連邦が1989年、ミールの補給のために打ち上げたプログレス補給船。ミールに到着した19機目のプログレス補給船であり、プログレス-M(11F615A55)型で、シリアル番号は202であった。ミールのの搭乗員のための食料、水、酸素などを積んでおり、科学研究のための装置類、ステーションの軌道調整とマニューバ実行用の燃料などが積まれていた。プログレスM-2 フレッシュアイペディアより)

165件中 61 - 70件表示