88件中 71 - 80件表示
  • 第3次長期滞在

    第3次長期滞在から見たプログレス補給船プログレス補給船

    第3次長期滞在では、ISSの維持と拡張のために4度の宇宙遊泳が行われた。最初の3回は、ピアースと呼ばれるロシア製のモジュールをISSに取り付けるために行われた。4回目はプログレス6号のドッキングを妨害していた障害物を取り除くために行われた。4回の宇宙遊泳は全てピアースから行われた。これによって、ISSからの宇宙遊泳は合計6回になり、ISSの組み立て、維持のための宇宙遊泳は合計30回になった。第3次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-9

    ソユーズTMA-9から見たプログレス補給船プログレス補給船

    [[ファイル:Soyuz TMA-9 at ISS (NASA S116-E-06753).jpg|right|thumb|200px|STS-116の乗組員により撮影された、プログレス補給船とドッキングするソユーズTMA-9]]ソユーズTMA-9は、ISSへの32回目の有人宇宙飛行である。2006年9月18日から21日の3日間は、コロンビア号空中分解事故後としては初めて、12人の人間が同時に宇宙にいたことで知られる。3人は第13次長期滞在でISSに、3人はソユーズTMA-9に、6人はSTS-115のミッションで、アトランティスにいた。ソユーズTMA-9 フレッシュアイペディアより)

  • 第6次長期滞在

    第6次長期滞在から見たプログレス補給船プログレス補給船

    スペースシャトルの打上げは、その後2年間以上に渡って行われず、ISSの維持管理はその間ソユーズとプログレス補給船によって行われた。第6次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・フォール

    マイケル・フォールから見たプログレス補給船プログレス補給船

    フォールは1997年にSTS-84で出発して先任で乗り込んでいたジェリー・リネンジャーと交代し4ヶ月をミールで過ごし、ミール23とミール24のミッションを経てSTS-86で帰還した。ミール23の間にはプログレス補給船が衝突した。彼は窓に当てた親指を軸にして星がどう動くかを計算し、ロシアの地上管制塔に対して、宇宙船の回転を止めるのにどうすればよいかアドバイスした。他の2人のロシア人宇宙飛行士ワシリー・ツィブリエフとアレクサンドル・ラズトキンは船内活動でミール内部の損傷を調べた。ミール24では、フォールとロシア人のアナトリー・ソロフィエフはロシア製の宇宙服を着て6度の宇宙遊泳を行い、「スペクトル」モジュールの外部の損傷を検査した。マイケル・フォール フレッシュアイペディアより)

  • サリュート

    サリュートから見たプログレス補給船プログレス補給船

    なお、搭乗員の打ち上げ・帰還には専らソユーズ宇宙船が使用され、荷物の運搬はプログレス補給船が使われた。サリュート フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTM-15

    ソユーズTM-15から見たプログレス補給船プログレス補給船

    ミシェル・トニーニは、宇宙ステーションを訪れた3人目のフランス人となった。彼はプログレスMで運ばれた300kgの装置を使って10の実験を行った。トニーニはロシアとフランスの宇宙開発での協力の一環として2週間宇宙に滞在し、ソユーズTM-14で地球へ帰還した。ソユーズTM-15 フレッシュアイペディアより)

  • 第14次長期滞在

    第14次長期滞在から見たプログレス補給船プログレス補給船

    食糧、燃料、水等の補給物資を積んだ3度のプログレス補給船をISSに迎え入れる。第14次長期滞在 フレッシュアイペディアより)

  • コロンビア号空中分解事故

    コロンビア号空中分解事故から見たプログレス補給船プログレス補給船

    コロンビア号を喪失したことにより、シャトル計画は一時的な中止を余儀なくされた。またシャトルは国際宇宙ステーション(ISS)の区画を宇宙に運搬する唯一の手段であったため、ISSの建設にも大幅な遅延が生じた。この間物資の補給にはロシアのプログレス補給船が、飛行士の送迎には同じくロシアのソユーズ宇宙船が使用され、ステーションの運営は最小人員の二名でまかなわなければならなくなった。コロンビア号空中分解事故 フレッシュアイペディアより)

  • スニータ・ウィリアムズ

    スニータ・ウィリアムズから見たプログレス補給船プログレス補給船

    2007年3月初め、スパイシーな食べ物がほしいという彼女の要求に応え、プログレス補給船からワサビのチューブを受け取った。1気圧で詰められたチューブを開けると、ゲル状の物質は気圧の低いISS船内に飛び散った。スニータ・ウィリアムズ フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ

    ソユーズから見たプログレス補給船プログレス補給船

    ほぼ同型で地上帰還能力や生命維持機構を搭載しない、輸送船に特化されたタイプは「プログレス」と呼ばれる。こちらもサリュート時代から使用されており、食料や酸素、推進剤、予備品などの物資輸送に活躍している。初代プログレスは42号まで、改良型のプログレスMは67号まで、プログレスM1は11号まで使われ、最新型はプログレスM改良型が使われている。ソユーズ フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示