165件中 71 - 80件表示
  • プログレスM-07M

    プログレスM-07Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-07M ()は2010年にロシア連邦宇宙局が国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASAではProgress 39、39Pなどと称している。。プログレス-M (11F615A60)型の7機目であり、2010年では4機目、シリアル番号は407だった。RKKエネルギアが製造し、ロシア連邦宇宙庁が運用した。第24次長期滞在のクルーの搭乗時に到着し、第25次長期滞在のクルー搭乗時の全期間中ドッキングを続けており、第26次長期滞在のクルー搭乗時にドッキングを解除した。プログレスM-07M フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-67

    プログレスM-67から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-67はロシア連邦宇宙局が国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASAではProgress 34、34Pなどと称され、プログレス-M(11F615A55)型であり、シリアル番号は367であった。プログレス-M 11F615A55型の最後の飛行であり、この機種の引退後、近代化を施したプログレス-M 11F615A60型が運用されている。プログレスM-67 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-64

    プログレスM-64から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-64はロシア連邦が国際宇宙ステーションの補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASAではProgress 29、29Pなどと呼ぶ。プログレス-M(11F615A55)型であり、シリアル番号は364版だった。プログレスM-64 フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-02M

    プログレスM-02Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-02Mはロシア連邦が国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASAではProgress 33、33Pなどと称される。プログレス-M (11F615A60)型の2度目の飛行でありシリアル番号は402であった。プログレスM-02M フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-4

    プログレスM-4から見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-4はソビエト連邦が1990年にミール宇宙ステーションの補給のために打ち上げたプログレス補給船。ミールを訪れた64機のプログレスのうち22回目であり、プログレス-M (11F615A55)型で、シリアル番号は204だった。プログレスM-4 フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズTMA-9

    ソユーズTMA-9から見たプログレス補給船プログレス補給船

    [[ファイル:Soyuz TMA-9 at ISS (NASA S116-E-06753).jpg|right|thumb|200px|STS-116の乗組員により撮影された、プログレス補給船とドッキングするソユーズTMA-9]]ソユーズTMA-9は、ISSへの32回目の有人宇宙飛行である。2006年9月18日から21日の3日間は、コロンビア号空中分解事故後としては初めて、12人の人間が同時に宇宙にいたことで知られる。3人は第13次長期滞在でISSに、3人はソユーズTMA-9に、6人はSTS-115のミッションで、アトランティスにいた。ソユーズTMA-9 フレッシュアイペディアより)

  • スペクトル (ミール)

    スペクトル (ミール)から見たプログレス補給船プログレス補給船

    1997年6月25日、クバント1へのドッキング操作中であった無人補給船プログレス M-34が進路を逸れ、スペクトルに衝突した。この衝突によってスペクトルの太陽電池アレイのうち一枚がダメージを受け、モジュールの与圧隔壁に穴が開き、与圧が失われた。スペクトルモジュールはミール全体が減圧するのを防ぐためにハッチを閉じて残りのモジュールから隔離されたが、この際に急いで電力ケーブルを外す必要があったため、火災時用の斧でケーブルの切断が行われた。この影響で、スペクトルの太陽電池アレイからの電力供給が途絶えた。1997年8月、ソユーズTM-26で派遣されたアナトリー・ソロフィエフとパーヴェル・ヴィノグラードフが、減圧状態のスペクトルモジュール内部で船外活動を行い、ハッチを改造して配線を通せるようにしたことで配線接続の回復に成功した。2回目のスペクトル内部での船外活動は1997年10月に行われ、2枚の太陽電池アレイを自動制御で太陽に向けられるようにするためにコンピュータシステムに接続した。これらの修理によって電力の供給量は最大で衝突前の約70%にまで戻った。スペクトル (ミール) フレッシュアイペディアより)

  • プログレスM-27M

    プログレスM-27Mから見たプログレス補給船プログレス補給船

    プログレスM-27M ()はロシア連邦宇宙局が2015年に国際宇宙ステーション(ISS)の補給のために打ち上げたプログレス補給船。NASAやJAXAではプログレス59や59Pと呼ばれる。プログレスM-27M フレッシュアイペディアより)

  • S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア

    S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアから見たプログレス補給船プログレス補給船

    S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギアまたはS.P.コロリョフ・ロケット・宇宙会社「エネルギヤ」(、略称:、英文字略称:RKK EnergiaまたはRSC Energia) はロシアのソユーズ宇宙船、プログレス補給船、人工衛星などの宇宙機と宇宙ステーションのモジュールの設計・製造会社である。モスクワ近郊のコロリョフに本社を置く。S.P.コロリョフ ロケット&スペース コーポレーション エネルギア フレッシュアイペディアより)

  • ソユーズ21号

    ソユーズ21号から見たプログレス補給船プログレス補給船

    彼らは若干の科学実験しか行わなかったが、その中には結晶成長の実験等があった。また、将来のプログレス補給船に影響を与えた燃料移送システムの実験等も行われた。ソユーズ21号 フレッシュアイペディアより)

165件中 71 - 80件表示