31件中 11 - 20件表示
  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たコロンビア (オービタ)

    国際宇宙ステーション (ISS) への補給のために、現在でも使われている。STS-107でコロンビア号が空中分解してスペースシャトルが飛行禁止となったため、2003年2月1日から2005年7月26日まで、大量の補給品をステーションへ運搬できる唯一の宇宙船であった。ISSへのミッションでは、プログレスM1改良型が使われていて、水タンクの場所を推進剤・燃料補給モジュールから与圧区画へ変更し、より多くの推進剤を運搬できるようになっている。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たSTS-107

    国際宇宙ステーション (ISS) への補給のために、現在でも使われている。STS-107でコロンビア号が空中分解してスペースシャトルが飛行禁止となったため、2003年2月1日から2005年7月26日まで、大量の補給品をステーションへ運搬できる唯一の宇宙船であった。ISSへのミッションでは、プログレスM1改良型が使われていて、水タンクの場所を推進剤・燃料補給モジュールから与圧区画へ変更し、より多くの推進剤を運搬できるようになっている。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たサリュート

    プログレスは、サリュート(6号、7号)、ミール、ISSの4つの宇宙ステーションに燃料やその他の補給品を運搬してきた。長期間の宇宙ミッションを行なうためには、常に補給品を供給しなければならないという認識から、プログレスのアイデアが生まれた。宇宙飛行士は1人が1日につき30kgの消耗品を必要とすることがわかり、これは6ヵ月の滞在では5.4トンに達する。これだけの量の物資と乗員を、ソユーズの小さなスペースに一緒に積み込んで打ち上げることはとても無理だった。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た大気圏再突入

    プログレスは無人・使い捨てとして設計されたため、重量の軽減が可能であった。これは、巨大な生命維持装置や耐熱シールドが不要であることを意味している。また、各モジュールを分離する機能も無い。ステーションから離脱した後は、逆推進ロケットを噴射して大気圏で燃え尽きる。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たフェリー

    ロシア語でフェリーを意味する () という名前の新しい宇宙船が、プログレスの代替として提案されている。この新しい宇宙船は、計画中のクリーペルやロシアのエアロックをもつ他の貨物コンテナを回収し、最大15トンまでISSに運搬できる。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たロシア語

    プログレス補給船(プログレスほきゅうせん、ロシア語:'プラグリェース、英語:')は、現在主に国際宇宙ステーション (ISS) への補給に使われているロシアの使い捨て無人貨物輸送宇宙船である。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た宇宙飛行士

    貨物船であるプログレスは飛行中は無人だが、宇宙ステーションへのドッキング後は宇宙飛行士が中に入ることができるので、製造しているRKKエネルギア社では「有人」に分類している。ソユーズ宇宙船に由来し、ソユーズ打ち上げロケットで発射される。現在は国際宇宙ステーション (ISS) への補給に使われているが、元々はロシアの宇宙ステーションへの補給に使われていた。プログレスによるISSへの補給は、年に3〜4回行なわれている。各補給船は、次の補給船が到着する直前まで、廃棄物の収納とリブーストのためドッキングしたままである。その後、廃棄物が積み込まれ、切り離されて軌道を離脱し、大気圏で大半が燃え尽きる。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た英語

    プログレス補給船(プログレスほきゅうせん、ロシア語:'プラグリェース、英語:')は、現在主に国際宇宙ステーション (ISS) への補給に使われているロシアの使い捨て無人貨物輸送宇宙船である。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た乾燥重量

    プログレスMは、基本的にプログレスと同じ宇宙船だが、ソユーズTとTMから導入された改良が特徴である。太陽電池パネルを装備するようになり、最高30日まで自律飛行ができ、ミールへ運搬できる貨物は100kg増えている。また、古いプログレスとは違って、VBKラドゥガ () カプセルで150kgまでの貨物を地球に持ち帰ることができる。このカプセルは長さが1.5m、直径60cmで、乾燥重量は350kg、与圧モジュールのハッチに挿入し、再突入時に分離・回収される。プログレスMは、ソユーズTMと同じ新しいクルスランデブーシステムを装備。軌道上寿命は180日間。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たコロンビア号空中分解事故

    国際宇宙ステーション (ISS) への補給のために、現在でも使われている。STS-107でコロンビア号が空中分解してスペースシャトルが飛行禁止となったため、2003年2月1日から2005年7月26日まで、大量の補給品をステーションへ運搬できる唯一の宇宙船であった。ISSへのミッションでは、プログレスM1改良型が使われていて、水タンクの場所を推進剤・燃料補給モジュールから与圧区画へ変更し、より多くの推進剤を運搬できるようになっている。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示