1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示
  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た重量

    プログレスは無人・使い捨てとして設計されたため、重量の軽減が可能であった。これは、巨大な生命維持装置や耐熱シールドが不要であることを意味している。また、各モジュールを分離する機能も無い。ステーションから離脱した後は、逆推進ロケットを噴射して大気圏で燃え尽きる。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た非対称ジメチルヒドラジン

    ここには、乗員のための補給品(科学機器、衣服、パック詰めされた新鮮な食料、家族からの手紙など)が積み込まれている。ドッキング・ドローグはソユーズのものに類似しているが、UDMH燃料とN2O4酸化剤の配管が特徴である。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た四酸化二窒素

    ここには、乗員のための補給品(科学機器、衣服、パック詰めされた新鮮な食料、家族からの手紙など)が積み込まれている。ドッキング・ドローグはソユーズのものに類似しているが、UDMH燃料とN2O4酸化剤の配管が特徴である。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たサリュート6号

    プログレスは、サリュート(6号、7号)、ミール、ISSの4つの宇宙ステーションに燃料やその他の補給品を運搬してきた。長期間の宇宙ミッションを行なうためには、常に補給品を供給しなければならないという認識から、プログレスのアイデアが生まれた。宇宙飛行士は1人が1日につき30kgの消耗品を必要とすることがわかり、これは6ヵ月の滞在では5.4トンに達する。これだけの量の物資と乗員を、ソユーズの小さなスペースに一緒に積み込んで打ち上げることはとても無理だった。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たプログレスM-12M

    2011年8月24日、国際宇宙ステーションへ向かったプログレスM-12M(プログレス44P)がロケットの異常のため墜落した。この事故まで33年間に渡って100機以上のプログレスが成功裏に打ち上げられており、プログレスシリーズとしては初の打ち上げ失敗となった。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見た無人宇宙補給機

    プログレス補給船(プログレスほきゅうせん、ロシア語:'プラグリェース、英語:')は、現在主に国際宇宙ステーション (ISS) への補給に使われているロシアの使い捨て無人貨物輸送宇宙船である。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たサリュート7号

    プログレスは、サリュート(6号、7号)、ミール、ISSの4つの宇宙ステーションに燃料やその他の補給品を運搬してきた。長期間の宇宙ミッションを行なうためには、常に補給品を供給しなければならないという認識から、プログレスのアイデアが生まれた。宇宙飛行士は1人が1日につき30kgの消耗品を必要とすることがわかり、これは6ヵ月の滞在では5.4トンに達する。これだけの量の物資と乗員を、ソユーズの小さなスペースに一緒に積み込んで打ち上げることはとても無理だった。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たプログレス1

    貨物船の設計を担当したのは、TsKBEM(現在のRKKエネルギア社)である。1973年の中頃から設計が始まり、プログレスには暗号的な識別番号11F615A15が与えられた。1974年2月までには設計が完了し、1977年11月には最初の量産機の打ち上げ準備が整った。1978年1月20日に、ソユーズと同じロケットでプログレス1が打ち上げられた。ソユーズと同じシュラウド(保護用の覆い)も装備されていたが、緊急脱出システムは機能停止されていて、単純に空気力学的な目的のためだけだった。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
38件中 31 - 38件表示