59件中 41 - 50件表示
  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見た新潮文庫

    『西の魔女が死んだ』(にしのまじょがしんだ)は、梨木香歩による日本の小説。1994年に単行本が、2001年には新潮文庫より文庫本が出版された。日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、第44回小学館文学賞受賞。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見た魔法

    注意として、この作品に登場する魔女が使う魔法とは、ファンタジーの世界のようなものではなく、ちょっと不思議なことが分かる程度のものである。現実に魔女と呼ばれた人達のように、物語中でもこの力により迫害を受けたような描写もある。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見たラジオドラマ

    NHKラジオ第1放送、FMの「ラジオ深夜便小劇場」枠においてラジオドラマ化されて、2005年3月に数回放送された。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見たラジオ深夜便

    NHKラジオ第1放送、FMの「ラジオ深夜便小劇場」枠においてラジオドラマ化されて、2005年3月に数回放送された。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見たキープ協会

    「おばあちゃんの住む家」を忠実に再現するべく、山梨県の清里高原にセットが作られ、撮影はそこで行われた。セットは2009年はじめまで保存・公開され、その後も建物はキープ協会の管理の下で保存されていたが、現在は解体されている。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見た混血

    まいの母親。おばあちゃんの娘で、日本人とイギリス人のハーフ。まい共々、おばあちゃんを「西の魔女」と呼んでいる。しかし、家事と仕事の両立や教育方針に関しては意見が合わないようだ。インターナショナル・スクールもない時代に日本で大学まで出ているが、やはり学校と言う場に溶け込めなかったらしく、まいが不登校になった理由も聞かずにいた。愛車はダークグリーンのミニ。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見た女性警察官

    ショウコの母。元婦人警官。まいとショウコに絵画展の画集を買ってくるように頼んだ。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見た外人

    おばあちゃんの家の近所に住むおじさん。まいの土地に無断で立入ったり(竹の子を掘っていたと弁解した)、いかがわしい雑誌を平気で捨てたり、更にはまいが「外人の孫」で「不登校」であることを理由に嘲ったりと、まいの神経を逆撫ですることばかりしていた。まいとおばあちゃんの確執を生んだ張本人(まいの怒りと嫌悪が頂点に達した時でさえ、おばあちゃんが彼に対して寛大だったため)。2年後にまい達がおばあちゃん家に来た際、おばあちゃんの最後を看取っていた事や、おじいちゃんが好きだった銀龍草を大事そうにまいに渡した姿を見て、まいの彼に対する嫌悪の感情が消えた。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見たダンプカー

    ダンプカーの運転手。藤沢の兄と婚約している。「やりたいことを仕事にする」のが信条で、まいとショウコから憧れられている。物語の最後で、藤沢兄弟の誤解を解く。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

  • 西の魔女が死んだ

    西の魔女が死んだから見たサシバ

    まいは友人のショウコとサシバの渡りを見にいく約束をしていた。しかしショウコは約束をすっぽかし、家を訪ねてもなかなか起きてこない。ショウコは起きてきてもわびる様子もない。時間的にも渡りを見に行けなくなったため、ショウコの母親に勧められて、絵画展を見に行くことにする。しかし、途中で同級生・藤沢の怪我に遭遇し、ショウコの安請け合いによって急遽藤沢の代わりに市立競技場へ荷物を届けることになる。西の魔女が死んだ フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示