894件中 71 - 80件表示
  • 大村益次郎

    大村益次郎から見た山口市山口市

    周防国吉敷郡鋳銭司(すぜんじ)村字大村(現・山口県山口市鋳銭司)に村医の村田孝益と妻うめの長男として生まれる。天保13年(1842年)、防府の梅田幽斎に医学や蘭学を学び、翌年4月梅田の勧めで豊後国日田に向かい、4月7日広瀬淡窓、の私塾咸宜園に入る。1844年6月まで漢籍、算術、習字など学ぶ。同年、帰郷して梅田門下に復帰後、弘化3年(1846年)、大坂に出て緒方洪庵の適塾で学ぶ。適塾在籍の間に長崎の奥山静叔のもとで1年間遊学し、その後帰阪、適塾の塾頭まで進む。大村益次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 小郡インターチェンジ (小郡道路)

    小郡インターチェンジ (小郡道路)から見た山口市山口市

    小郡インターチェンジ(おごおりインターチェンジ)は、山口県山口市小郡下郷の国道2号小郡道路のインターチェンジ。小郡インターチェンジ (小郡道路) フレッシュアイペディアより)

  • 美しい日本の歩きたくなるみち500選

    美しい日本の歩きたくなるみち500選から見た山口市山口市

    西の京・山口歴史探訪のみち美しい日本の歩きたくなるみち500選 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本実業団ハーフマラソン

    全日本実業団ハーフマラソンから見た山口市山口市

    全日本実業団ハーフマラソン(ぜんにほんじつぎょうだんハーフマラソン)は、毎年3月中旬に山口県山口市で開催される陸上競技大会の一つ。愛称は全日本実業団 山口ハーフマラソン。全日本実業団ハーフマラソン フレッシュアイペディアより)

  • 大内政弘

    大内政弘から見た山口市山口市

    大内 政弘(おおうち まさひろ)は、室町時代の守護大名。大内氏第14代当主。父は大内教弘、母は山名宗全の養女で山名熙貴の娘。最盛期には周防・長門・豊前・筑前と、安芸・石見の一部を領有し、強大を誇った。応仁の乱には西軍側の主力として参戦する。文化にも造詣が深く、後年山口が西の京と呼ばれる基礎を築く。大内政弘 フレッシュアイペディアより)

  • 祇園祭

    祇園祭から見た山口市山口市

    鷺舞(さぎまい)は白絹の羽を纏い、雌雄の鷺に扮した成人男性の舞い手2人が囃子に合わせて優雅に舞い踊る郷土芸能。約600年前に存在した「笠鷺鉾」の周りで舞われていたが、江戸時代中期に途絶えた。1956年(昭和31年)に鷺舞保存会が、園祭の鷺舞を伝えていた島根県津和野町から舞を逆輸入して復活させ、経費を氏子組織(清々講社)が負担して八坂神社境内で奉納されていた。鷺舞は山口市、潟上市にもある。浅草寺(台東区)の「白鷺の舞」も、これを参考にした。祇園祭 フレッシュアイペディアより)

  • 杉道助

    杉道助から見た山口市山口市

    山口県山口市生まれ。慶應義塾大学を卒業後、久原鉱業所(現・JXホールディングス)に入社。その後、八木商店社長となり、大阪商工会議所会頭や日本商工会議所副会頭、海外市場調査会(現・日本貿易振興機構)理事長などを歴任。特に大阪商工会議所ではリーダーシップを発揮し、戦後大阪の経済復興に大きな役割を果たした。杉道助 フレッシュアイペディアより)

  • 内海忠勝

    内海忠勝から見た山口市山口市

    周防国吉敷郡吉敷村(現山口県山口市)出身。長州藩士として禁門の変に参加。維新後新政府に登用され、岩倉使節団に大使随行員として参加。地方官として長崎、三重、兵庫、長野、神奈川、大阪、京都の各県令・知事を歴任。1901年、第1次桂内閣で内務大臣に就任し初入閣を果たした。山口県山口市に「内海忠勝顕彰碑」が建立されている。内海忠勝 フレッシュアイペディアより)

  • 道の駅仁保の郷

    道の駅仁保の郷から見た山口市山口市

    道の駅仁保の郷(みちのえき にほのさと)は、山口県山口市仁保中郷井開田西の国道376号沿いにある道の駅。道の駅仁保の郷 フレッシュアイペディアより)

  • 梅光学院中学校・高等学校

    梅光学院中学校・高等学校から見た山口市山口市

    山口県では男女別学をとる高等学校は2校だが、当校はそのうちの1校(もう1校は山口市の中村女子高等学校)。梅光学院中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

894件中 71 - 80件表示

「西京山口のできごと」のニューストピックワード