前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示
  • 大松尚逸

    大松尚逸から見た西口文也西口文也

    '、4月15日に一軍に昇格し、対西武ライオンズ戦に1番・右翼手で即先発出場すると、7回に西口文也からプロ初本塁打となる逆転満塁本塁打'を放った。また5月26日には2度目の4番出場でジェレミー・パウエルから決勝3ラン本塁打を放ちチーム屈指の巨人キラーと名を馳せた。打率は.217と低かったが8本塁打・31打点と非凡な長打力をアピールした。二軍では少ない試合数ながら打率.364を打った。大松尚逸 フレッシュアイペディアより)

  • 草野大輔

    草野大輔から見た西口文也西口文也

    開幕戦の西武ライオンズ戦(グッドウィルドーム)で、「2番・三塁手」として先発出場し、西口文也からプロ初本塁打を放つなど幸先の良いスタートとなった。前半戦は「落ちるとこまで落ちた」と自身も語るほどの打撃不振に陥り、その間に渡辺直人の台頭もあって先発を外れ、代打に回る機会が多くなる。しかし、その代打で結果を残すようになり、ホセ・フェルナンデスの不振から交流戦終了後より三塁手でのスタメン出場が増えてきた(ただし、相手先発が左投手の時は先発を外れることが多かった)。7月には池山隆寛からアドバイスを受け、腰を低く落とした打撃練習に取り組む。 この練習が功を奏し、チェンジアップなど縦に変化するボールに対応できるようになった8月ごろから打率が上がり始め、8月10日の千葉ロッテマリーンズ戦(クリネックススタジアム宮城)でプロ初のサヨナラ安打を放ち、8月21日のロッテ戦(千葉マリンスタジアム)でソロ本塁打を放った。この試合後、監督の野村克也は「(草野は)勝負強いし、(打撃に関しては)天才的なところがある。草野を3番に」とコメントし、これ以降は先発投手の左右に関係なく「3番・三塁手」で先発出場が定着する。9月には15日・21日・24日・27日・29日・30日と続けざまに猛打賞を記録してチームの勝利に貢献する殊勲打を度々叩き出し、楽天の最下位脱出(単独4位)の立役者の一人となった。最終的には規定打席不足ながら、打率.320を記録する一方、守備面ではリーグ5位の14失策を記録した。草野大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た西口文也西口文也

    、開幕戦の日本ハム戦に「1番・中堅手」としてスタメン出場する。4月22日の西武戦で西口文也からプロ初本塁打を放つ。6月2日は古巣の中日戦(フルキャストスタジアム宮城)で4安打を放ちサヨナラ勝ちにつなげ、試合後、中日監督の落合博満から「お前を(トレードに)出した甲斐があった」とのコメントを受けた。6月30日の日本ハム戦から7月6日のロッテ戦にかけて9打席連続三振を記録。野手の連続三振記録の新記録となった。この年は103試合に外野手として出場し、チーム2位の打率.303を残す。また、西岡剛、赤田将吾、川崎宗則と並んでリーグトップタイの7三塁打を記録した。ファンからの最多投票を受け、楽天野球団主催の『2006年度MVP選手』に選ばれる。これにより、2007年度の同球団ファンクラブ特典のフィギュアは鉄平となった。11月、イオン日米野球2006に監督推薦選手として出場。スコアボードになぜか「東北鉄平」と誤表示されてしまうというハプニングもあった。12月7日、球団史上最高となる220%の年俸アップ率で契約更改をし「自費で新幹線に乗るときはいつも自由席だったけど、これからは座席が広いグリーン車に乗れそうです」とコメントした。また、この日「グッズを作り直すのが大変だろうから」と、背番号は変更しないことを発表した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の日本シリーズ

    1997年の日本シリーズから見た西口文也西口文也

    (西)●西口(1敗)?伊東1997年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た西口文也西口文也

    ''、同年より外野手登録へ変更された。春季キャンプは2月1日のベースランニング中に右足を痛め、右足太もも裏肉離れと診断され、福岡へ強制送還された。一軍合流後はアピールを続け、開幕を一軍で迎えた。代走での起用が続いたが、松中信彦・長谷川勇也の打撃不振により内川聖一が中堅手から左翼手起用となり、4月30日の千葉ロッテ戦で約1年ぶりの先発出場を果たし、5回同点二死一二塁の場面ではサブローの打球をフェンス際で後ろを向いて倒れながら捕球するなど活躍し、その後13試合外野でスタメン起用されたが、5月17日に自身の打率が2割を切り、代わりに起用された長谷川が5月の月間打率.306と結果を出した事で先発の座を奪われた。6月1日対中日戦で多村仁志負傷交代時に活躍して交流戦優勝マジック点灯に貢献、6月6日の対広島戦では代走から出場して2打席連続三塁打など結果を出し、6月12日には初めて一塁手で先発出場を果たした。6月18日から故郷・横浜スタジアムにて2試合に途中出場したが打席に立つことは無かった。6月23日の内川の離脱をきっかけに15試合連続でスタメン起用され、7月3日の対オリックス・バファローズ戦ではプロ初のマルチ盗塁を決めた。7月10日の対千葉ロッテ戦では同点の4回に二塁打で出塁し、二死一三塁の場面では一塁走者の中村晃のスタート後に捕手・的場直樹が二塁へ送球して渡辺俊介がしゃがんだ瞬間スタートを切り、ダブルスチールを成功させ決勝点を挙げた。7月14日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の2回に飛びついて捕球した際に左肩を強打して負傷交代し、左肩関節亜脱臼の疑いと診断され、7月15日に出場選手登録を抹消された。それに伴い予定されていたフレッシュオールスターゲームへの出場を辞退した。8月6日に一軍へ再昇格し、8月7日に一旦先発出場したが再び控え起用となった。調整で出場した8月30日のウエスタン・リーグ対オリックス戦で満塁本塁打を含む5打数5安打6打点の活躍し、9月6日の対北海道日本ハムファイターズ戦で1ヶ月ぶりの先発出場を果たすと、2回に守備で好返球、4回には同年18勝を挙げるダルビッシュ有から決勝打となる先制の二塁打、7回にも三塁打と活躍し、シーズン終了までのスタメンを勝ち取った。9月28日の対日本ハム戦では武田勝からタイムリー打を含む3安打を放ってプロ初の猛打賞を記録した。9月30日の対西武戦では5回3点ビハインドの場面で西口文也のスライダーをライトスタンドに運びプロ1号となるソロ本塁打を放ち、7回同点無死二三塁の場面では岡本篤志から決勝タイムリーを打って優勝マジックを1とした。10月1日の同カードでは6回一死二塁の場面で先発の岸孝之から先制のタイムリー打を放ち、明石健志の三塁打で生還、3点リードの9回二死の場面では浅村栄斗のライト線への飛球をスライディングキャッチしてチームはリーグ連覇を果たした。レギュラーシーズンは最終的に97試合に出場し、61試合に先発出場、打順は主に7・8番、守備位置は外野と一塁で起用され自己最多の22盗塁(成功率91.7パーセント)を記録した。打率.252だったが出塁率.281で四球はわずか4と課題も残した。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 1997年の野球

    1997年の野球から見た西口文也西口文也

    10月20日 - 沢村賞の選考委員会が都内のホテルで開かれ、西武の西口文也を選出。1997年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 濱中治

    濱中治から見た西口文也西口文也

    移籍初年度のは、6番・右翼手として開幕戦にスタメン出場。4月1日の対西武戦では西口文也から逆転決勝1号満塁本塁打、4月30日の対楽天戦では9回裏に青山浩二から代打同点3号2ラン、5月6日の対ロッテ戦では成瀬善久から逆転決勝4号2ランと、開幕直後はチャンスで好打をたびたび放った。しかし、打率は伸び悩み、大石大二郎に監督が代わると、スタメンから外れるケースも多くなった。7月中旬に一旦2軍降格、8月初旬に1軍に復帰した。復帰直後はまずまずの打撃を見せたものの、坂口智隆・下山真二の活躍やルーキー・小瀬浩之の台頭もあり、出場機会をあまり得られなかった。最終的には85試合に出場して打率.253、9本塁打の成績に終わった。前年ほどの不振ではないにしろ、カムバック賞を獲得した平野とは対照的に、期待された成績を残したとは言い難かった。濱中治 フレッシュアイペディアより)

  • 江川智晃

    江川智晃から見た西口文也西口文也

    ''、5月5日に一軍に初昇格し、同日の対埼玉西武ライオンズ戦で不振の松田宣浩に代わり7番・三塁手で先発出場し、2回第1打席で松坂大輔からレフト前へ初打席初安打を放つと、9回にも正津英志からセンター前安打を放ち、デビュー戦で5打数2安打とマルチヒットを達成した。5月6日の同カードでは4回二死二塁の場面で西口文也プロ初打点となるダメ押しタイムリー打を放った。9回には正津からもタイムリー打を放ち、プロ入り初の猛打賞を達成し3安打2打点と活躍した。本拠地福岡 Yahoo! JAPANドームデビューとなった5月9日のセ・パ交流戦、対広島東洋カープ戦では相手のエース黒田博樹から6回2死満塁の場面での2点タイムリーを含む2安打と活躍し、初のヒーローインタビューも受けた。5月12日のセ・パ交流戦、対阪神タイガース戦で8回にセカンドゴロで一塁を駆け抜けた際に右かかとを痛め、一軍選手登録を抹消された。6月16日に再昇格し、6月23日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で犠牲フライを放ったのみで12打数無安打と活躍できず、6月28日に二軍へ降格し、再昇格なくシーズンを終えた。ウエスタン・リーグでは65試合に出場し、本塁打10本(リーグ2位タイ)、41打点(リーグ3位タイ)の成績を残した。また守備では遊撃手、三塁手だけでなく外野手、一塁手でも出場した。これは入団当初からのプランである。江川智晃 フレッシュアイペディアより)

  • 石井貴

    石井貴から見た西口文也西口文也

    翌年も10勝を記録し、2年連続で2ケタ勝利を挙げた。完投は少なかったが、この2年間で完封を3度記録した。2000年まで、福岡ダイエーホークスは西武の投手陣(石井、西口文也、豊田清ら)を大の苦手としており、石井もダイエー相手に3年越しの連勝記録を更新していてダイエーをカモとしていた。この年の5月4日に行われた福岡ドームでの試合で、秋山幸二が打ったピッチャー返しの打球が顔面へ直撃し、倒れこみのた打ち回った。このときこめかみあたりから出血していた。石井貴 フレッシュアイペディアより)

  • オツ

    オツから見た西口文也西口文也

    オツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示

「西口文也」のニューストピックワード