119件中 91 - 100件表示
  • 江草仁貴

    江草仁貴から見た西口文也西口文也

    初打点:2006年6月11日、対西武ライオンズ6回戦(阪神甲子園球場)、2回裏に西口文也から右前適時打江草仁貴 フレッシュアイペディアより)

  • 松井稼頭央

    松井稼頭央から見た西口文也西口文也

    前半戦だけで39盗塁を記録し、その内三盗は9度走り全て成功。打率も前半戦終了時点で.318を記録し、オールスターゲーム初出場を果たす。オールスターゲーム第1戦では1試合4盗塁の新記録を樹立しMVPを獲得。4盗塁は12球団No.1の盗塁阻止率を誇る古田敦也から決めた。4盗塁目は澤崎俊和と古田のバッテリーが松井に細心の注意を払ったにも関わらず三盗を決め、オールスター戦史上初の1試合に三盗を2度成功という記録も同時に達成した。またオールスターのスピードガンコンテストでは球速149km/hを記録した。第2戦でも古田から1つ盗塁を決め、シリーズ新記録となる計5盗塁を記録した。優勝決定試合では同点本塁打を放った。同年は初めて打率を3割に乗せ.309でリーグ4位となり、62盗塁でパ・リーグ盗塁王になるなどリーグ優勝に貢献。62盗塁中三盗は二桁に上った。パ・リーグにおいてシーズン60盗塁以上を記録したのはの大石大二郎以来だった。シーズンMVPは西口文也に譲ったが、投票の合計ポイントは1位の西口、2位の伊東勤に次ぐ3位だった。ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは第2戦に突き指をしながら2安打を放ち、第3戦で猛打賞を達成。敢闘賞を受賞した。松井稼頭央 フレッシュアイペディアより)

  • 高木浩之

    高木浩之から見た西口文也西口文也

    に視力障害の再発によって、一軍はおろかイースタン・リーグでも試合に十分出場することが出来ず、同年9月22日に現役引退を表明した。引退試合は同年9月28日に西武ドームで行われ、8回裏に代打(先頭打者・9番)で登場、二塁ゴロに終わった。9回表は慣れ親しんだ二塁の守備に就いたものの守備機会は巡ってこず、そのまま現役生活に別れを告げた。引退セレモニーでは西武での14年間を「悔いはありません」とコメントし、同期入団で同い年の西口文也(セレモニー開始時にLビジョンで流された高木の足跡を振り返るVTRの最後にメッセージを贈った。ちなみにその7年後、西口の引退セレモニーで最初に花束を贈ったのは高木だった)から花束を贈られた後、二塁の守備位置で行われた胴上げで4回宙を舞った。同年10月27日、西武の編成部アマチュア担当に就任すると発表された。高木浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 平石 洋介

    平石洋介から見た西口文也西口文也

    初盗塁:2008年10月4日、対埼玉西武ライオンズ24回戦(クリネックススタジアム宮城)、6回裏に二盗(投手:西口文也、捕手:銀仁朗)平石洋介 フレッシュアイペディアより)

  • 岸孝之

    岸孝之から見た西口文也西口文也

    ドラフト前には西武ライオンズと地元の東北楽天ゴールデンイーグルスが、さらにドラフト直前には大隣憲司の獲得を断念した読売ジャイアンツが希望枠での獲得を目指すが、最終的に当初から目を掛けてくれていること、尊敬する西口文也がいることを理由に西武を選択。2006年の大学生・社会人ドラフト会議希望入団枠での指名を経て、契約金1億円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で西武と契約した。背番号は11。岸孝之 フレッシュアイペディアより)

  • SET UP!!

    SET UP!!から見た西口文也西口文也

    18:00-20:00「駒田徳広 満塁ナイト〜西口文也の誕生日に喋り倒せ!〜」SET UP!! フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズ

    埼玉西武ライオンズから見た西口文也西口文也

    序盤から低迷しBクラスをさまよっていたが、2年目の西口文也が最多勝のキップ・グロス(日本ハム)より1勝少ない16勝をあげ活躍。終盤の猛攻で最終的には62勝64敗4分、負け越しではあったが2年連続の3位。不動の4番として活躍した清原がシーズン後にフリーエージェントで巨人に移籍した。埼玉西武ライオンズ フレッシュアイペディアより)

  • 指名打者

    指名打者から見た西口文也西口文也

    1987年、1990年、1992年、1998年に、リーグ優勝決定後に各年1試合ずつ、計4試合で9番に先発投手を起用した。打席に立った投手は1987年が渡辺久信、1990年が工藤公康・渡辺智男、1992年が渡辺久信・潮崎哲也・石井丈裕、1998年が西口文也の延べ計7人。1992年10月10日の試合では渡辺久が左前安打を打っている。指名打者 フレッシュアイペディアより)

  • 清水直行

    清水直行から見た西口文也西口文也

    シーズンでは、9月2日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)の3回、カリーム・ガルシアを空振り三振に打ち取り投球回数1000回を達成。シーズン最終戦の10月1日の対楽天戦に登板し、1失点完投勝利して5年連続2桁勝利を達成。なお2桁勝利での1桁敗戦(10勝8敗)は初。さらに、年々悩まされてきた一発病も、この年は規定投球回に達した投手の中ではトム・デイビー(オリックス)と並んでリーグ最少の被本塁打9本と安定感を見せた。この年まで他の主戦級投手不在もあり、安定した活躍を続けたため、次第にエースとしての認識が定着する。2002年 - 2006年のシーズンに連続2桁勝利を挙げているのは、清水以外に井川慶(阪神タイガース)、石川雅規(東京ヤクルトスワローズ)のみである。現役投手の連続2桁勝利記録は - 2002年の7年連続の西口文也(西武)。オフには10月から翌年3月まで、TBSラジオでプロ野球選手をオフ期間中パーソナリティに起用した番組『エキサイト・スタジアム』の木曜日を担当。清水直行 フレッシュアイペディアより)

  • 立正大学

    立正大学から見た西口文也西口文也

    立正大学硬式野球部は東都大学野球連盟に所属している。硬式野球部の近況は2005年春季リーグで2部優勝を果たし1部昇格した。2006年春季リーグでは1部リーグ最下位となり2部リーグに降格したものの2007年春季リーグで2部優勝。入替戦で専大に勝ち越し3季ぶりの1部リーグ昇格を果たした。2009年の春季リーグでは最下位に終わったものの入替戦で専大に勝ち残留。秋季リーグ戦では悲願の初優勝を果たした。また、同年の明治神宮野球大会で初出場初優勝の快挙を達成した。野球部OBには埼玉西武ライオンズで活躍している西口文也投手、北海道日本ハムファイターズ武田勝投手、中日ドラゴンズ金剛弘樹投手をはじめ、プロ野球・社会人野球等多くの選手・OBが活躍している。立正大学 フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「西口文也」のニューストピックワード