1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示
  • 多村仁志

    多村仁志から見た西口文也西口文也

    2005年12月5日、NTVスポーツうるぐす「2005アンラッキー王決定戦」の収録に西口文也、普天王とともに参加。釣り対決を行った。釣れたのは魚の「ウロコ」のみ(西口は1匹も釣れなかったため、普天王1匹・多村ウロコ1枚・西口0匹で、ウロコの差で西口に勝利した)。最後に神社でお祓いしてもらったものの、おみくじで「凶」を引いてしまった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷博

    新谷博から見た西口文也西口文也

    西口文也に次ぐ2、3番手の先発と見られていたが、シーズン初登板となった4月9日の対オリックス戦で7安打6失点(自責点は1)の内容で3回で降板し、続く4月17日の対日本ハム戦では初回に6安打を浴びて5点を失い、1死しか取れずに28球でKOされた。この深刻な不振のため、初めて一軍登録を抹消されて二軍で調整を行っている。6月に一軍に復帰したものの再び打ち込まれて二軍に戻り、前年オフに伸ばし始めたヒゲを剃り落とし、走り込みと投球フォームの確認を続けた。8月18日に一軍に再昇格し、翌日の対ロッテ戦でシーズン初勝利を挙げたものの、同年はわずか2勝に終わった。同年の日本シリーズでは第4戦に先発し、4回を投げ6安打3失点で5回表に代打を送られ敗戦投手となった。3回の2死二、三塁の場面で安易に勝負に行き、古田敦也に2点タイムリー二塁打を打たれたことが敗北の大きな原因になったと評されている。オフの契約更改では3,000万円の大幅減で年俸8,000万円(推定)となった。新谷博 フレッシュアイペディアより)

  • クリフ・ブランボー

    クリフ・ブランボーから見た西口文也西口文也

    初安打:2005年3月27日、対西武ライオンズ2回戦(インボイスSEIBUドーム)、6回表に西口文也から左前安打クリフ・ブランボー フレッシュアイペディアより)

  • 駒田徳広

    駒田徳広から見た西口文也西口文也

    、当時選手会長の石井琢朗が、外様の駒田が経験などをスムーズに発言しやすいようにと要請し、キャプテンに就任。マシンガン打線の5番打者としてチームの日本一に貢献。前半戦では不振のロバート・ローズに代わり20試合で4番打者を務めたり、打点王争いに絡むなど活躍したが、終盤には応援団に応援ボイコットをされるほどの深刻な打撃不振に陥る。結局打率.281で本塁打は9本に終わったが、前の打者の出塁率の高さと、2本の満塁本塁打を含む自身の満塁での強さなどから81打点を挙げ、生涯唯一のベストナインを獲得する。日本シリーズでは第4戦までわずか2安打とシーズン終盤の不調をひきずっていたが、第5戦(西武ドーム)で満塁でのタイムリーを含む4安打5打点と大活躍をして調子を取り戻すと、日本一を決めた第6戦(横浜スタジアム)では、スコア0-0の8回裏、西口文也から決勝2点タイムリー二塁打を放ちシリーズ優秀選手に選出された。駒田徳広 フレッシュアイペディアより)

  • 時刻表

    時刻表から見た西口文也西口文也

    また、埼玉西武ライオンズを保有していることから、西武ドームでの野球開催時臨時ダイヤも掲載されている。第20号では野球ダイヤページがカラー化され2007年時点での主力選手の選手紹介(中島、片岡、西口、和田、帆足、小野寺、赤田、中村、涌井)も掲載されていたが第21号では選手紹介の類は省略され時刻表部分も2色刷の時刻表になっている。かつては試合終了時間に合わせて臨時列車を運行していたため「行き」のみ掲載であったが近年は試合終了時間にかかわらず同一のダイヤで運行されるようになり、「帰り」のダイヤも掲載されている。なお、かつては西武園競輪への競輪ダイヤのページもあったが21号より西武園線および国分寺線ページの本文中に記載されている。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井秀悟

    藤井秀悟から見た西口文也西口文也

    1月11日、巨人へFA移籍した村田修一の人的補償により横浜DeNAベイスターズへ移籍。背番号は00。開幕は2軍で迎えたが5月14日に一軍に昇格すると、2試合目の先発となった5月28日のオリックス・バファローズ戦で今季初勝利となる605日ぶりの勝利を挙げた。10月1日には1000奪三振を記録するが、この試合は6イニングで降板し先発無完投が103試合連続となり、当時の日本記録を持っていた西口文也の102試合連続を抜き、先発無完投連続試合の日本記録を更新した。一時先発で6連勝を記録。8月15日の7勝目を最後にシーズン中に白星をあげることはできなかった。オフの11月には、ストーカー被害にあっている事を自身のブログで明かした。藤井秀悟 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山幸二

    秋山幸二から見た西口文也西口文也

    1000打点:1996年4月7日、対西武ライオンズ2回戦(福岡ドーム)、3回裏に西口文也から左犠飛 ※史上23人目秋山幸二 フレッシュアイペディアより)

  • 全国中学校軟式野球大会

    全国中学校軟式野球大会から見た西口文也西口文也

    西口文也:和歌山市立高積中学校の遊撃手・外野手として第8回大会・第9回大会に連続出場全国中学校軟式野球大会 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示