98件中 21 - 30件表示
  • 1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た西口文也西口文也

    (パ) ●西口(西)、グロス(日)、星野伸(オ)、豊田(西)、野村貴(オ)、石井貴(西)、下柳(日)?伊東、城島1997年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1999年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1999年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た西口文也西口文也

    (パ) ●黒木(ロ)、小池(近)、西口(西)、金田(オ)?城島、的山(近)1999年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • シャーマン・オバンドー

    シャーマン・オバンドーから見た西口文也西口文也

    初安打・初打点・初本塁打:1999年5月27日、対西武ライオンズ10回戦(西武ドーム)、2回表に西口文也から左越ソロシャーマン・オバンドー フレッシュアイペディアより)

  • 1972年のスポーツ

    1972年のスポーツから見た西口文也西口文也

    9月26日 - 西口文也(和歌山県、野球)1972年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 富岡久貴

    富岡久貴から見た西口文也西口文也

    には西口文也とともに、アメリカの独立リーグであるノーザンリーグのスーシティ・エクスプローラーズに野球留学した。富岡久貴 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐章人

    五十嵐章人から見た西口文也西口文也

    6月22日の対西武ライオンズ戦に4番・一塁手として先発出場し、全打順先発を達成した。更にこの試合で西口文也から右越えに2号ソロ本塁打を放ち、この時点で本塁打を打ったことのない打順は8番を残すのみとなった。なお、五十嵐のプロ人生において4番での先発出場はこの1試合のみであった。五十嵐章人 フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・グリーン

    アンディ・グリーンから見た西口文也西口文也

    初打点:2007年3月31日、対西武ライオンズ2回戦(札幌ドーム)、7回裏に西口文也から左翼へ2点適時二塁打アンディ・グリーン フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た西口文也西口文也

    ロッテは1回、先頭の小坂誠の3塁打の後、堀が前日に続き犠飛を放ち先制。さらに6回裏、2死2塁からベニー・アグバヤニの適時打で2点目、さらに1、2塁とチャンスが続き今江の適時打で3-0とする。7回まで西武打線を2安打に抑えていたロッテ先発の小林宏之は、8回に中村にソロ本塁打を打たれるが、後続を藤田宗一が抑え、9回は小林雅が3人で抑え、ロッテがストレートで第2ステージ進出を決めた。アレックス・カブレラを怪我で欠いた西武は、先発の西口文也を打線が援護できず、リーグ2連覇を逃した。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 仁科時成

    仁科時成から見た西口文也西口文也

    岡山県山陽高校から大倉工業を経て、1976年のドラフト3位でロッテオリオンズに入団。アンダースローからの強気の投球で、主力投手として活躍。には17勝をマークしている。8月20日の対近鉄戦で、9回2死までノーヒットに抑えながら、次打者の仲根政裕に阻止される。翌5月29日の対近鉄戦で、またもあと1人の場面で平野光泰によってノーヒットノーランを阻まれた。同ケースは過去に19例あるが、2回逃したのは仁科と西口文也だけである。に通算100勝を達成し、に現役引退。仁科時成 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チップス

    プロ野球チップスから見た西口文也西口文也

    当時の各球団の監督・主力2選手のファーストカードの復刻版。なお西武監督・伊原春樹は現役時代にカルビーからカードが発行されなかったため、西武に関しては主力3選手(松井稼頭央・西口文也・伊東勤)のファーストカードが復刻された。プロ野球チップス フレッシュアイペディアより)

98件中 21 - 30件表示

「西口文也」のニューストピックワード