98件中 31 - 40件表示
  • 大久保秀昭

    大久保秀昭から見た西口文也西口文也

    初本塁打:1999年8月18日、対西武ライオンズ20回戦(西武ドーム)、5回表に古久保健二の代打で出場、西口文也から右越ソロ大久保秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • スーシティ・エクスプローラーズ

    スーシティ・エクスプローラーズから見た西口文也西口文也

    1995年には、西武ライオンズから西口文也と富岡久貴が野球留学した。スーシティ・エクスプローラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズから見た西口文也西口文也

    西:○西口 (7回0/3) - H石井一 (1回) - 牧田 (1回)2011年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジム・テータム

    ジム・テータムから見た西口文也西口文也

    はボストン・レッドソックス、パドレスと移籍を繰り返し、6月にパドレス傘下(当時)のAAA級ラスベガス・スターズを経てヤクルトスワローズに入団し、来日。小早川毅彦と一塁手のポジション争いを演じながら、51試合で打率.309、13本塁打と結果を残し、リーグ優勝に貢献した。同年の西武ライオンズとの日本シリーズ第1戦(西武球場)では、8回表に西武先発の西口文也から先制ソロ本塁打を放ち、これが決勝点となり1-0で初戦を制したヤクルトが日本一に輝いた。一定の活躍を見せたが、シーズン終了後ライル・ムートンの獲得が決定したことにより同年限りで自由契約となり、帰国した。ジム・テータム フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ボーリック

    フランク・ボーリックから見た西口文也西口文也

    初盗塁:1999年4月27日、対西武ライオンズ4回戦(西武ドーム)、2回表に二盗(投手:西口文也、捕手:伊東勤)フランク・ボーリック フレッシュアイペディアより)

  • 沖原佳典

    沖原佳典から見た西口文也西口文也

    離脱した高須洋介と入れ替わる形で、2番・遊撃手のレギュラーの座を獲得する。終盤に自身が離脱したことで規定打席には到達しなかったものの、打率.313を記録した。同年8月27日の対西武ライオンズ戦では、延長10回表に安打を放って西口文也の完全試合を阻止した。沖原佳典 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎敏

    山崎敏から見た西口文也西口文也

    5月8日の対日本ハムファイターズ戦でプロ初登板を果たすと、5月12日の対福岡ダイエーホークス戦では、西口文也の故障によってプロ初先発、6回2失点に抑える好投を見せ、プロ初勝利を挙げた。6月に降格するが、シーズン後半に再昇格して14試合に登板する。山崎敏 フレッシュアイペディアより)

  • 今江敏晃

    今江敏晃から見た西口文也西口文也

    初安打・初打点:2002年9月30日、対西武ライオンズ27回戦(西武ドーム)、2回表に西口文也から中前適時打今江敏晃 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井彰人

    藤井彰人から見た西口文也西口文也

    初安打:1999年5月5日、対西武ライオンズ5回戦(大阪ドーム)、9回裏に西口文也から左翼へ二塁打藤井彰人 フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・ホッジス

    ケビン・ホッジスから見た西口文也西口文也

    日本ではヤクルトでの最終登板の1試合を除き、全て先発として登板したが、特に最多勝を獲得した2002年は中4日で登板する代わりに100球前後で降板するのが基本だったこともあり、完投の経験は1度もない。2005年5月6日の読売ジャイアンツ戦で70試合連続先発機会完投なしとなり、それまで戸叶尚が持っていたプロ野球記録の69を塗り替えた。なおこの年ホッジスと戸叶は楽天で同僚であった。その後、ホッジスは連続先発機会完投なしを81まで伸ばして日本球界を去ったが、この記録はに西口文也が更新した。ただし「初先発から」に限定すれば現在もホッジスがプロ野球記録を持っている。ケビン・ホッジス フレッシュアイペディアより)

98件中 31 - 40件表示

「西口文也」のニューストピックワード