119件中 31 - 40件表示
  • 富岡久貴

    富岡久貴から見た西口文也西口文也

    には西口文也とともに、アメリカの独立リーグであるノーザンリーグのスーシティ・エクスプローラーズで野球留学した。富岡久貴 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本プロ野球

    2006年の日本プロ野球から見た西口文也西口文也

    5月6日 - 西武の西口文也が対ソフトバンク戦でNPB史上46人目の通算1500奪三振2006年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本プロ野球

    2005年の日本プロ野球から見た西口文也西口文也

    8月27日 - 西武の西口文也が対楽天戦(インボイス)に9回まで完全試合も、延長10回に沖原佳典に初安打を打たれる。延長で完全試合を逃したのはNPB史上初2005年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2004年の日本プロ野球

    2004年の日本プロ野球から見た西口文也西口文也

    西武の西口文也が札幌ドームでの対日本ハム20回戦に先発し、プロ通算1500投球回を達成。2004年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・ドネルス

    クリス・ドネルスから見た西口文也西口文也

    初安打・初打点:1996年3月31日、対西武ライオンズ2回戦(西武ライオンズ球場)、3回表に西口文也から左中間へ先制決勝適時二塁打クリス・ドネルス フレッシュアイペディアより)

  • シャーマン・オバンドー

    シャーマン・オバンドーから見た西口文也西口文也

    初安打・初打点・初本塁打:1999年5月27日、対西武ライオンズ10回戦(西武ドーム)、2回表に西口文也から左越ソロシャーマン・オバンドー フレッシュアイペディアより)

  • ジム・テータム

    ジム・テータムから見た西口文也西口文也

    はボストン・レッドソックス、パドレスと移籍を繰り返し、6月にパドレス傘下(当時)のAAA級ラスベガス・スターズを経てヤクルトスワローズに入団し、来日。小早川毅彦と一塁手のポジション争いを演じながら、51試合で打率.309、13本塁打と結果を残し、リーグ優勝に貢献した。同年の西武ライオンズとの日本シリーズ第1戦(西武球場)では、8回表に西武先発の西口文也から先制ソロ本塁打を放ち、これが決勝点となり1-0で初戦を制したヤクルトが日本一に輝いた。一定の活躍を見せたが、シーズン終了後ライル・ムートンの獲得が決定したことにより同年限りで自由契約となり、帰国した。ジム・テータム フレッシュアイペディアより)

  • 最高勝率 (野球)

    最高勝率 (野球)から見た西口文也西口文也

    1リーグ制時代は年によって試合数や完投数などを選出基準に入れている場合があり、厳密には最高勝率の投手が受賞していない年がある。2リーグ制後の選出基準は、セ・リーグが「規定投球回数に達した投手のうち、勝率が最も高い投手」、パ・リーグが1985年までセと同一、1986年以降は「シーズン13勝以上を挙げた投手のうち、勝率が最も高い投手」。このためセ・リーグでの選出者は基本的に先発中心の投手のみだが、パ・リーグでは1985年に19勝3敗の石本貴昭、1995年に15勝5敗の平井正史、1999年に14勝1敗の篠原貴行等がリリーフ勝利のみでの選出例がある。また、1998年黒木知宏の13勝9敗勝率.591は2016年現在リーグ勝率トップ最低記録となっているが、この年13勝以上を挙げた投手が武田一浩13勝10敗勝率.565、西口文也13勝12敗勝率.520しかおらず、セ・リーグのルールであれば石井貴9勝3敗勝率.750がトップになっていた。逆に無敗でシーズンを終えた場合は1.000となり、そのまま不滅のリーグ記録になるとの特徴がある。なお、2015年末時点で1.000を記録しているのは景浦將、御園生崇男、間柴茂有、田中将大の4名で、セ・リーグでは例がない。最高勝率 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤井秀悟

    藤井秀悟から見た西口文也西口文也

    1月11日、巨人へFA移籍した村田修一の人的補償により横浜DeNAベイスターズへ移籍。背番号は00。開幕は2軍で迎えたが5月14日に一軍に昇格すると、2試合目の先発となった5月28日のオリックス・バファローズ戦で今季初勝利となる605日ぶりの勝利を挙げた。10月1日には1000奪三振を記録するが、この試合は6イニングで降板し先発無完投が103試合連続となり、西口文也の102試合連続を抜き、先発無完投連続試合の日本記録を更新した。一時先発で6連勝を記録。8月15日の7勝目を最後にシーズン中に白星をあげることはできなかった。オフの11月には、ストーカー被害に遭っている事を自身のブログで明かした。藤井秀悟 フレッシュアイペディアより)

  • フランク・ボーリック

    フランク・ボーリックから見た西口文也西口文也

    初盗塁:1999年4月27日、対西武ライオンズ4回戦(西武ドーム)、2回表に二盗(投手:西口文也、捕手:伊東勤)フランク・ボーリック フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「西口文也」のニューストピックワード