98件中 41 - 50件表示
  • 上本達之

    上本達之から見た西口文也西口文也

    、正捕手の座を銀仁朗に譲る。代打起用が中心となり、初登場となった4月17日の対ソフトバンク戦では2安打を放つ。しかし、先発出場機会が巡ってきた4月24日の対オリックス戦で、北川博敏の犠打を処理する際に本塁を空けて、二塁走者の後藤光尊に生還を許すというミスを犯してしまう。打撃も2ヶ月近くノーヒットと振るわず6月5日に登録抹消となる。7月8日に再び登録された後も代打起用のみであったが、8月13日の対オリックス戦に先発出場し先発の西口文也を好リードすると、以降西口が先発する試合は全て上本がスタメンマスクをかぶるようになった(この間の西口の成績は7勝1敗・防御率2.07)。9月4日の対ソフトバンク戦ではプロ入り初の満塁本塁打を記録した。上本達之 フレッシュアイペディアより)

  • 斉藤秀光

    斉藤秀光から見た西口文也西口文也

    初安打:1996年4月14日、対西武ライオンズ3回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回裏に西口文也から斉藤秀光 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・シェルドン

    スコット・シェルドンから見た西口文也西口文也

    初本塁打:2002年4月21日、対西武ライオンズ5回戦(鹿児島県立鴨池野球場)、4回裏に西口文也から左越2ランスコット・シェルドン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本シリーズ

    2009年の日本シリーズから見た西口文也西口文也

    文化放送(独自) 実況:飯塚治 解説:東尾修 ゲスト解説:西口文也(埼玉西武ライオンズ)2009年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 石井義人

    石井義人から見た西口文也西口文也

    8月27日、西口文也が9回まで無安打無四球を続けたものの、味方も無得点だったために延長へ突入し、10回表に安打を打たれて完全試合を逃した試合で、10回裏に福盛和男からサヨナラ適時打を放って西口に白星をつけたのが石井で、「今日はそれまで4タコだったから絶対に打とうと思った。西口さんが頑張っていたし、今日は守備のほうが緊張した」と語った。石井義人 フレッシュアイペディアより)

  • キャットルーキー

    キャットルーキーから見た西口文也西口文也

    第2部から登場。第2部で小日向が敷いた「三人投手」の布陣の一角。第3部ではエースに。モデルは西口文也。背番号13。キャットルーキー フレッシュアイペディアより)

  • 初芝清

    初芝清から見た西口文也西口文也

    300二塁打:2002年7月28日、対西武ライオンズ17回戦(西武ドーム)、1回表に西口文也から右中間フェンス直撃二塁打 ※史上39人目初芝清 フレッシュアイペディアより)

  • 巽真悟

    巽真悟から見た西口文也西口文也

    細身の体格やフォームが似ていることから、西口二世などといわれる。また、高校時代は新宮高校の先輩でもある藪恵壹と同じくスライダーを武器にしていたこともあり、藪二世として報じられたこともある。巽真悟 フレッシュアイペディアより)

  • 武田 一浩

    武田一浩から見た西口文也西口文也

    に先発投手としてチーム最多、リーグ3位の15勝を挙げた。開幕投手を務めたは不調に終わるもには黒木知宏、西口文也と並んで13勝で最多勝利のタイトルを獲得し、同年オフにFAで中日ドラゴンズへ移籍(FA宣言当初はダイエーに残留するつもりであったが、同じく明治大学出身の星野仙一監督が突如獲得に名乗りを上げたことにより一転して移籍を決断した)。先発ローテの一員として活躍し、1999年のリーグ優勝に貢献した。同年、古巣であるダイエー相手の日本シリーズ第4戦に先発するも前年までの同僚たちに打ち込まれ敗戦投手となる。武田一浩 フレッシュアイペディアより)

  • 南昌輝

    南昌輝から見た西口文也西口文也

    球歴が似ていることから西口文也二世と呼ばれるが、ピッチングは常時140km/h台をマークする最速151km/hのストレートとキレ味鋭く落ちるフォーク、100 - 110km/h台の緩いカーブ、スライダー、ツーシームのコンビネーションが武器の本格派右腕。南昌輝 フレッシュアイペディアより)

98件中 41 - 50件表示

「西口文也」のニューストピックワード