98件中 51 - 60件表示
  • 水口栄二

    水口栄二から見た西口文也西口文也

    250犠打:2004年6月8日、対西武ライオンズ13回戦(大阪ドーム)、1回裏に西口文也から ※史上8人目水口栄二 フレッシュアイペディアより)

  • 平下晃司

    平下晃司から見た西口文也西口文也

    初本塁打:2000年6月7日、対西武ライオンズ8回戦(西武ドーム)、8回表に西口文也から中越ソロ平下晃司 フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た西口文也西口文也

    初安打:2002年5月11日、対西武ライオンズ7回戦(西武ドーム)、2回表に西口文也から一塁内野安打早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た西口文也西口文也

    初安打:同上、6回裏に西口文也から中前安打脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 最優秀バッテリー賞

    最優秀バッテリー賞から見た西口文也西口文也

    西口文也&伊東勤(3回・1996?1998年)最優秀バッテリー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 高木浩之

    高木浩之から見た西口文也西口文也

    に視力障害の再発によって、一軍はおろかイースタン・リーグでも試合に十分出場することが出来ず、同年9月22日に現役引退を表明した。引退試合は同年9月28日に西武ドームで行われ、8回裏に代打(先頭打者・9番)で登場、二塁ゴロに終わった。9回表は慣れ親しんだ二塁の守備に就いたものの守備機会は巡ってこず、そのまま現役生活に別れを告げた。引退セレモニーでは西武での14年間を「悔いはありません」とコメントし、同期入団で同い年の西口文也(セレモニー開始時にLビジョンで流された高木の足跡を振り返るVTRの最後にメッセージを贈った)から花束を贈られた後、二塁の守備位置で行われた胴上げで4回宙を舞った。高木浩之 フレッシュアイペディアより)

  • 石井貴

    石井貴から見た西口文也西口文也

    その後も先発ローテーションを守り、・と2年連続で2桁勝利(13勝・10勝)を記録。完投は少なかったが、2年間で完封を3度記録した。2000年まで、福岡ダイエーホークスは西武の投手陣(石井、西口文也、豊田清ら)を大の苦手としており、石井もダイエー相手に3年越しの連勝記録を更新していてダイエーをカモとしていた。この年の5月に行われた福岡ドームでの試合で、秋山幸二が打ったピッチャー返しの打球が顔面へ直撃し、石井は倒れこみ、のた打ち回った。このときこめかみあたりから出血していた。石井貴 フレッシュアイペディアより)

  • 岩崎哲也

    岩崎哲也から見た西口文也西口文也

    は新人として唯一の開幕一軍に登録された。開幕戦で西口文也を救援し、1イニングを無失点に抑えたものの、翌日は9回に登板して2/3回6失点とプロの洗礼を受けた。同年6月14日に中継ぎでプロ初勝利を達成。7月4日の対北海道日本ハムファイターズ戦では小野寺力の不調で抑え投手が不在になり、それまでチーム最多ホールドを挙げていた岩崎が登板、プロ初セーブを挙げた。序盤こそ不安定だったが、オールスター以降の防御率は1点台と大きく安定した。右のセットアッパーとして主に7回を任され、最終的に新人ながらチームトップの55試合に登板、防御率2.82・3勝1敗2セーブ、チーム2位となる16ホールドポイントの好成績を収めた。岩崎哲也 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た西口文也西口文也

    7月16日の埼玉西武ライオンズ戦では西口文也から初回先頭打者本塁打を放ち、7月19日のオリックス・バファローズ戦では来日初のサヨナラ安打を放った。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • 尾花高夫

    尾花高夫から見た西口文也西口文也

    1999年の西武ライオンズとの開幕戦で、王監督に対し、「監督、この試合は何対何で勝つつもりですか?どの程度の得失点を想定しておられますか?」と尋ねた。王はコーチからこのような質問を受けるのは初めてで怪訝そうな顔つきをしていると、「その想定なくしては私はどのように投手を用意したらいいのですか。例えば2対1と3対2では投手継投が大きく異なります」と続けた。王が「君はどう思う?」と聞くと、「西口文也から二点取れますか?2対1または1対0で勝たないと。いずれにせよ、接戦になるでしょう」と答え、王も頷いた(結果は1対0でライオンズの勝利。西口が完封勝利した)。この試合を機に、試合前に試合展開に応じて投手起用を事前に準備する方式が確立したという。 この年、ホークスは日本一となったが、尾花は他のコーチとの確執が絶えず、王に辞意を伝えたが、彼の手腕を認めた王が「お前の居易いようにするから」との一声で留任を決めたという。また、島田誠の存在も大きく、外様故に軽視されがちだった所を島田に助けてもらった経緯もあり、彼が王の信頼を失いかけた時は自らも島田を助ける等、互いに信頼関係を築いていた(島田の項も参照)。尾花高夫 フレッシュアイペディアより)

98件中 51 - 60件表示

「西口文也」のニューストピックワード