119件中 61 - 70件表示
  • 清水隆行

    清水隆行から見た西口文也西口文也

    ''、前年中堅手を守ったタフィ・ローズが左翼手として起用されることになり、また中堅手としてにゲーブ・キャプラーが入団。清水は再び一塁手の練習に本格的に取り組んだが、一塁手も清原和博で埋まっていた為、開幕スタメンを勝ち取れず、4月は控えに回される。しかし中堅手のキャプラーは打撃・守備共に精彩を欠き、4月後半にはキャプラーと左翼を併用され、5月には定位置に復帰している。5月の西武ライオンズ戦では先発の西口文也が9回2アウトまでノーヒットノーランの投球を見せたが、最後の打者として回ってきた清水がノーヒットノーランだけでなく完封試合も阻止するソロホームランを放つという試合もあった。その後も好調を維持し、終わってみれば正左翼手として2年連続で打率3割を記録した。清水隆行 フレッシュアイペディアより)

  • 仁科時成

    仁科時成から見た西口文也西口文也

    8月20日の対近鉄戦で、9回2死までノーヒットに抑えながら、次打者の仲根政裕に阻止される。翌5月29日の対近鉄戦で、またもあと1人の場面で平野光泰によってノーヒットノーランを阻まれた。同ケースは過去に19例あるが、2回逃したのは仁科と西口文也だけである。に通算100勝を達成し、に引退。仁科時成 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た西口文也西口文也

    埼玉西武ライオンズの西口文也が現役引退を表明。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見た西口文也西口文也

    1000三振:2004年4月14日、対西武ライオンズ5回戦(千葉マリンスタジアム)、1回裏に西口文也から ※史上36人目堀幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 本多雄一

    本多雄一から見た西口文也西口文也

    。8月17日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で牧野塁の速球を右翼席に運び、プロ入り初本塁打、初打点を記録した。8月24日にスカイマークスタジアムで行われた対オリックス・バファローズ戦の9回同点二死満塁の場面で守護神・馬原孝浩が塩崎真を詰まらせた打球が二塁本多の前に転がり捕球直前にイレギュラーして自身の股間を通過し、サヨナラ負けを喫した(記録は安打)。8月27日の対埼玉西武ライオンズ戦では西口文也からタイムリー二塁打を放ち、代打起用での初安打・初打点を記録した。8月30日の対千葉ロッテ戦で第1打席でプロ初の三塁打で先制、2打席目は安打で出塁して得点、4打席目は1点リードの9回にダメ押しのソロ本塁打で勝利を決定付け、プロ初の猛打賞を達成した。本間満と併用される形で二塁手として最終的に31試合に先発出場した。本多雄一 フレッシュアイペディアより)

  • 許銘傑

    許銘傑から見た西口文也西口文也

    は開幕から先発ローテーションに食い込み、ダルビッシュ有等各チームのエース級との対戦や打線の援護に恵まれずに勝ち星は増えなかったが、岸孝之・石井一久ら主力投手が相次いで離脱した苦しい時期を平野将光・西口文也と共に裏ローテのエースとして支え、投球回数は2002年以来8年ぶりに100イニングを超えた。後半戦になると調子を崩し気味になり、9月に降格してシーズンを終えた。本人が「初球から攻めていく」と話していたように、ファーストストライクを取ることを心がけた結果、前年よりも四球率が格段によくなった。12月24日、登録名を「ミンチェ」にすることが発表された。許銘傑 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た西口文也西口文也

    に西武の監督に就任。ドラフトで西口文也、高木浩之、小関竜也などを獲得。黄金期の主軸を担ったオレステス・デストラーデを復帰させ、現役メジャーリーガーのダリン・ジャクソンを獲得するも、オリックスに5勝21敗と大きく負け越し、1年目は3位に終わった(オリックス戦以外の成績は62勝36敗6分だった)。翌には広島から河田雄祐、中日から清水雅治と前原博之をトレードで獲得し、ドラフトでも高木大成・大友進・原井和也を獲得して戦力を整え、2年ぶりの優勝を目指したが、8月終了時点で借金12(47勝59敗4分=最下位)を経験するなど勝率は5割を切り、この年も3位に終わった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見た西口文也西口文也

    100本塁打:2006年5月6日、対西武ライオンズ7回戦(インボイスSEIBUドーム)、4回表2死に西口文也から左越逆転決勝3ラン ※史上245人目フリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球チップス

    プロ野球チップスから見た西口文也西口文也

    当時の各球団の監督・主力2選手のファーストカードの復刻版。なお西武監督・伊原春樹は現役時代にカルビーからカードが発行されなかったため、西武に関しては主力3選手(松井稼頭央・西口文也・伊東勤)のファーストカードが復刻された。プロ野球チップス フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た西口文也西口文也

    7月16日の埼玉西武ライオンズ戦では西口文也から初回先頭打者本塁打を放ち、7月19日のオリックス・バファローズ戦では来日初のサヨナラ安打を放った。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「西口文也」のニューストピックワード