98件中 71 - 80件表示
  • 景浦安武

    景浦安武から見た西口文也西口文也

    2007年は長年慣れ親しんだ物干し竿バットから普通のバットに持ち替え、ボロボロになるまで現役を続けることを決心していた。しかし、シーズンの途中から長打を必要とするためか、あるいはダントツの優勝候補と言われながらも勝ちきれず、不甲斐ない戦いを続けるチームに活を入れるためか再び物干し竿を使用。物干し竿を使うことで本塁打も出始めたが、打率が下がるうえ体にも負担がかかる事から、再び普通のバットに持ち替えた。再度のバット持ち替えにより再び打率は上昇。残り10試合の時点で打率4割(規定打席到達)だったが、自身が望み最後まで出場。そのため最終戦となる西武戦を前にして4割をわずかに割り込んだ。その最終戦では先発の西口文也からヒットを放ち再び4割に到達したが、試合は決着が付かず延長戦に突入する。そして満塁で打順が回り、普通ならここで交代だったが西口がいまだ投げていることから、打席に立つことを志願。そこでサヨナラヒットを放ち、ついに正真正銘の打率4割を達成した。景浦安武 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山市

    和歌山市から見た西口文也西口文也

    西口文也 - プロ野球選手和歌山市 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の日本シリーズ

    2000年の日本シリーズから見た西口文也西口文也

    巨人・工藤公康、ダイエー・若田部健一の先発で開幕。工藤はシリーズタイ記録となる3チーム目でのシリーズ出場で、いずれのチーム(西武、ダイエー、巨人)でも第1戦先発を経験したことになる。また、2年連続の第1戦先発は西武の西口文也以来2年ぶり10人目だが、異なるチームでの2年連続第1戦先発は史上初。巨人は初回、先頭の仁志敏久が二塁打で出塁。2死を取ったものの、4番の松井秀喜がバックスクリーン右へ先制2ラン本塁打。ダイエーは2回表、城島健司のソロ本塁打で追い上げるが、その裏巨人は2死1、2塁から仁志のタイムリー二塁打で再び2点差とした。ダイエーは若田部から渡辺正和、田之上慶三郎とつなぎ、追加点を許さず反撃を待った。7回表、先頭の大道典良がヒットで出塁。小久保裕紀は左飛に倒れたが、松中信彦がライトスタンドへ同点2ラン本塁打。そして9回表、代打で登場したメルビン・ニエベスが巨人の3人目槙原寛己から勝ち越しのソロ本塁打。最後はロドニー・ペドラザが走者を許したものの危なげなく巨人打線を抑え、ダイエーが先勝した。巨人は6回裏の2死満塁のチャンスで清水隆行が一塁ゴロに倒れたのが痛かった。2000年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • マイカ・ホフパワー

    マイカ・ホフパワーから見た西口文也西口文也

    2011年4月12日の埼玉西武ライオンズの開幕戦に初先発。涌井秀章から2回裏に初打席初安打、4回裏に初打点を放つと、翌13日の西武戦には帆足和幸から2回裏に右越ソロ本塁打を放った。4月17日の千葉ロッテマリーンズ戦では、1回裏に大嶺祐太から2試合連続となる逆転満塁本塁打を放ち、この日プロ初先発の斎藤佑樹の初勝利に貢献した。その試合の後、5月まで打率.238、7本塁打、OPS.786を残すが、6月と7月にかけては打率.200、2本塁打、OPS.610と低迷し、その後は左投手相手にはスタメンを外れるなど首脳陣の信頼を得られず、最終的には12本塁打36打点に留まった。打率も.222と低迷したが、四球はチームで2番目に多い38個を選んでいる。クライマックスシリーズではファーストステージ第2戦では、4回裏に西口文也から右中越ソロ本塁打を放った。マイカ・ホフパワー フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た西口文也西口文也

    【NPB】西武の西口文也がこの日の対楽天8回戦(西武ドーム)に先発登板し、プロ野球史上45人目の通算2500投球回を達成。2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石井一久

    石井一久から見た西口文也西口文也

    、8月7日、対ソフトバンク戦で通算2000奪三振を達成(プロ野球20人目)。記録達成に要した投球回数は1967回2/3であり、これまでの最速記録保持者であった江夏豊を超えるプロ野球最速記録となった。が、シーズン6勝、防御率4.31と先発ではあまり結果を残すことができず、シーズン終盤にはリリーフに回った。しかしリリーフでは安定感を見せ、特にクライマックスシリーズファーストステージ第2戦では、8回無死一、三塁から西口文也をリリーフして、糸井嘉男、小谷野栄一、稲葉篤紀をパーフェクトに抑え、日本シリーズ第1戦の石井一久との投げ合いからこれまでポストシーズンで勝ち星のなかった西口のポストシーズン初勝利とチームのクライマックスシリーズファイナルステージ進出に貢献した。石井一久 フレッシュアイペディアより)

  • 東尾修

    東尾修から見た西口文也西口文也

    に西武の監督に就任。ドラフトで西口文也、高木浩之、小関竜也などを獲得。黄金期の主軸を担ったオレステス・デストラーデを復帰させ、現役メジャーリーガーのダリン・ジャクソンを獲得するも、オリックスに5勝21敗と大きく負け越し、1年目は3位に終わった(オリックス戦以外の成績は62勝36敗6分だった)。翌には広島から河田雄祐、中日から清水雅治と前原博之をトレードで獲得し、ドラフトでも高木大成・大友進・原井和也を獲得して戦力を整え、2年ぶりの優勝を目指したが、8月終了時点で借金12(47勝59敗4分=最下位)を経験するなど勝率は5割を切り、この年も3位に終わった。東尾修 フレッシュアイペディアより)

  • 潮崎哲也

    潮崎哲也から見た西口文也西口文也

    西口文也に次ぐ先発2番手として期待されたが、前年を下回る7勝となった。日本シリーズでは2連敗で迎えた第3戦に先発し、緩急や高めの球をうまく使って横浜ベイスターズのマシンガン打線を抑えた。オフには、同年取得したFA権を行使した上でチームに残留している。は高速シンカーを習得し、4月18日の対日本ハム戦では8回を投げて4安打1失点の好投を見せたが、シーズン通算では5勝に終わっている。潮崎哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 立正大学

    立正大学から見た西口文也西口文也

    立正大学硬式野球部は東都大学野球連盟に所属している。硬式野球部の近況は2005年春季リーグで2部優勝を果たし1部昇格した。2006年春季リーグでは1部リーグ最下位となり2部リーグに降格したものの2007年春季リーグで2部優勝。入替戦で専大に勝ち越し3季ぶりの1部リーグ昇格を果たした。2009年の春季リーグでは最下位に終わったものの入替戦で専大に勝ち残留。秋季リーグ戦では悲願の初優勝を果たした。また、同年の明治神宮野球大会で初出場初優勝の快挙を達成した。野球部OBには埼玉西武ライオンズで活躍している西口文也投手、北海道日本ハムファイターズ武田勝投手、中日ドラゴンズ金剛弘樹投手をはじめ、プロ野球・社会人野球等多くの選手・OBが活躍している。立正大学 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た西口文也西口文也

    最優秀バッテリー賞:6回 (1991年、投手:工藤公康、1992年、投手:石井丈裕、1996年 - 1998年、投手:西口文也、2002年、投手:豊田清)伊東勤 フレッシュアイペディアより)

98件中 71 - 80件表示

「西口文也」のニューストピックワード