119件中 81 - 90件表示
  • 時刻表

    時刻表から見た西口文也西口文也

    また、埼玉西武ライオンズを保有していることから、西武ドームでの野球開催時臨時ダイヤも掲載されている。第20号では野球ダイヤページがカラー化され2007年時点での主力選手の選手紹介(中島、片岡、西口、和田、帆足、小野寺、赤田、中村、涌井)も掲載されていたが第21号では選手紹介の類は省略され時刻表部分も2色刷の時刻表になっている。かつては試合終了時間に合わせて臨時列車を運行していたため「行き」のみ掲載であったが近年は試合終了時間にかかわらず同一のダイヤで運行されるようになり、「帰り」のダイヤも掲載されている。なお、かつては西武園競輪への競輪ダイヤのページもあったが21号より西武園線および国分寺線ページの本文中に記載されている。時刻表 フレッシュアイペディアより)

  • 上本達之

    上本達之から見た西口文也西口文也

    ''は序盤から打撃不振で、6月5日に登録抹消となる。7月8日に再び登録された後も代打起用のみであったが、8月13日の対オリックス・バファローズ戦に先発出場し先発の西口文也を好リードすると、以降西口が先発する試合は全て上本がスタメンマスクをかぶるようになった(この間の西口の成績は7勝1敗・防御率2.07)。9月4日の対福岡ソフトバンクホークス戦ではプロ入り初の満塁本塁打を記録した。上本達之 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の日本シリーズ

    2000年の日本シリーズから見た西口文也西口文也

    巨人・工藤、ダイエー・若田部の先発で開幕。工藤はシリーズタイ記録となる3チーム目でのシリーズ出場で、いずれのチーム(西武、ダイエー、巨人)でも第1戦先発を経験したことになる。また、2年連続の第1戦先発は西武の西口文也以来2年ぶり10人目だが、異なるチームでの2年連続第1戦先発は史上初。2000年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 森慎二

    森慎二から見た西口文也西口文也

    は開幕からストッパーとして期待され起用されたものの不振で、同じく先発で不振だった西口文也と配置転換で先発登板する。中継ぎと谷間のローテーションを埋め徐々に調子を取り戻し52試合に登板8勝8敗5セーブを記録しリーグ連覇に貢献した。森慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た西口文也西口文也

    開幕を一軍で迎えて先発ローテーション4枚目として3月30日の対福岡ダイエーホークス戦で先発したが、3本塁打を浴びるなど7失点し敗戦投手となった。4月6日からは月間防御率4.18ながら先発で4連勝と4月は負けなしだった。5月3日の対近鉄戦で7失点と炎上し、5月は敗戦処理担当となった。6月3日に先発の機会を得たが3回60球7安打1失点で降板。6月12日のロングリリーフで5失点して6月14日に二軍へ降格。7月25日に一軍へ戻ると同日の対近鉄戦で先発し、初回に2点失うも、2回から6回までの5イニングは一塁を踏ませない完璧な投球で8点の援護を呼び、9回を8安打1四球4失点(自責3)にまとめて本拠地でプロ入り初完投勝利を達成し、自己最多となるシーズン5勝目を挙げた。8月15日の連続ノックアウトで中継ぎへ戻された。8月21日の対オリックス戦では先発の西口文也が1回を無失点で終えた所で内転筋違和感により降板したため、帆足が緊急登板した。2回の日高剛の投手強襲タイムリー内野安打、5回塩崎真のソロ本塁打で2点先行されたが、それまで7回1安打に抑えられていた味方打線が川越英隆を攻略して逆転。6イニングを2失点に抑えて6勝目を手にした。これによりチームは首位ダイエーにゲーム差なしの2位へと迫った。8月28日からは先発へ戻り3試合で3連勝した。松坂大輔、張誌家のアテネオリンピックの出場によりライオンズは先発投手を2人欠いたが、8月3日以降彼らが戻るまでの約1ヶ月間5試合20回1/3を投げ2勝1敗、防御率3.43とイニングを埋めた。プロ野球ストライキにより2試合中止の後、9月20日に4万5000人のファンがかけつけた本拠地西武ドームでの対千葉ロッテ戦で先発西口文也が再び右足内転筋痛で初回二死満塁で降板。急遽スクランブル登板となった帆足は迎えたサブローをサードゴロに打ち取り初回を切り抜け、1回裏に貝塚政秀の安打で先制点を得て、3回表にベニー・アグバヤニの二塁打で同点とされたが、3回裏に貝塚が二塁打で2点援護、4回にも貝塚らのタイムリー3本で3点の援護を得て、6回1/3を投げ4安打1四球1失点、9奪三振と好投してプロ4年目で初の2桁勝利となる10勝目を挙げた。またこれにより8月21日から自己最長となる5連勝を達成した。帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 尾花高夫

    尾花高夫から見た西口文也西口文也

    1999年の西武ライオンズとの開幕戦で、王監督に対し、「監督、この試合は何対何で勝つつもりですか?どの程度の得失点を想定しておられますか?」と尋ねた。王はコーチからこのような質問を受けるのは初めてで怪訝そうな顔つきをしていると、「その想定なくしては私はどのように投手を用意したらいいのですか。例えば2対1と3対2では投手継投が大きく異なります」と続けた。王が「君はどう思う?」と聞くと、「西口文也から二点取れますか?2対1または1対0で勝たないと。いずれにせよ、接戦になるでしょう」と答え、王も頷いた(結果は1対0でライオンズの勝利。西口が完封勝利した)。この試合を機に、試合前に試合展開に応じて投手起用を事前に準備する方式が確立したという。 この年、ホークスは日本一となったが、尾花は他のコーチとの確執が絶えず、王に辞意を伝えたが、彼の手腕を認めた王が「お前の居易いようにするから」との一声で留任を決めたという。また、島田誠の存在も大きく、外様故に軽視されがちだった所を島田に助けてもらった経緯もあり、彼が王の信頼を失いかけた時は自らも島田を助ける等、互いに信頼関係を築いていた(島田の項も参照)。尾花高夫 フレッシュアイペディアより)

  • 五十嵐章人

    五十嵐章人から見た西口文也西口文也

    6月22日の対西武ライオンズ戦に4番・一塁手として先発出場し、全打順先発を達成した。更にこの試合で西口文也から右越えに2号ソロ本塁打を放ち、この時点で本塁打を打ったことのない打順は8番を残すのみとなった。なお、五十嵐のプロ人生において4番での先発出場はこの1試合のみであった。また、同年5月25日にはプロ2度目の捕手を務めた。五十嵐章人 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東勤

    伊東勤から見た西口文也西口文也

    1996年 - 1998年、投手:西口文也伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • フランチャイズ・プレイヤー

    フランチャイズ・プレイヤーから見た西口文也西口文也

    西口文也(埼玉西武ライオンズ、1995年-2015年)フランチャイズ・プレイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 田口壮

    田口壮から見た西口文也西口文也

    1000本安打:2000年10月6日、対西武ライオンズ26回戦(グリーンスタジアム神戸)、4回裏に西口文也から中前安打 ※史上203人目田口壮 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「西口文也」のニューストピックワード