前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た小坂誠

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た江夏豊

    特徴の一つに奪三振の多さが挙げられる。1996年の近鉄戦に8者連続三振、2006年には通算1500奪三振を記録し、要した投球回数1729イニングは史上48人の達成者の中で石井一久、江夏豊、川口和久に次ぐ4番目のスピード記録であり、右投げでは歴代1位である。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た松坂大輔

    は初の開幕投手。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。ただし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。翌年も開幕投手を務めるが不調、前半は中継ぎ・抑えも経験する。しかし、後半戦から復調し、最終的に2年連続の最多勝・最多奪三振・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。には3年連続で開幕投手を務める。チーム最多勝は新人の松坂大輔に奪われたものの、2年連続で最多完封勝利を記録した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    2006年6月4日の対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)で8回2/3を2失点完投して(この試合は9回サヨナラ負け)以降、2011年8月28日の北海道日本ハムファイターズ17回戦(西武ドーム)で後述する「幻の完全試合」となった2005年8月27日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦以来の完封勝利を挙げるまで、先発での登板時に102試合連続で完投がなかった。この数字は、従来ケビン・ホッジスが持っていた81を大幅に更新する日本記録(当時)であった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た北海道日本ハムファイターズ

    は試合前半に打ち込まれる姿が目立ち、7月までは防御率6.35と苦しんだ。しかし後半は持ち直し、7月27日の対日本ハム戦で好投して以降は4勝1敗・防御率2.74と活躍、終盤のケガもあって前年より勝ち星は減ったものの、レギュラーシーズンを勝ち越して終えた。日本シリーズ(対読売ジャイアンツ戦)では最終戦に先発するものの、2回2失点で降板した。前日の救援投手として投げた岸孝之は「もし、第7戦に持ち込んだら西口さんが先発なので繋げたかった」と日本シリーズMVP受賞の会見で述べている。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たホセ・フェルナンデス

    2500投球回数:2012年7月6日、対東北楽天ゴールデンイーグルス8回戦(西武ドーム)、1回表3死目にホセ・フェルナンデスを三塁ゴロで達成 ※史上45人目西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た伊東勤

    最優秀バッテリー賞:3回 (1996年 - 1998年、いずれも捕手は伊東勤) ※3回は投手の最多記録。同一バッテリーでは史上最多・史上最長の3年連続受賞西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た清原和博

    清原和博の死球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、清水隆行にスライダーを右翼席に本塁打されて快挙を逃した。1安打1死球、6-1の完投勝ち。清水を抑えて達成していたら交流戦初、西武ドーム初の達成者だった(のちにリック・ガトームソンが、日本人では杉内俊哉が交流戦初の達成者となった。ちなみに、清水とは2009年の1年間だけチームメイトになっている)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た石井義人

    その後は後続を抑えて、石井義人の適時打で勝利したため、結果は10回1安打1四球、1-0の完封勝ちとなった。仮にパーフェクトピッチングを続け、西武の打線の援護でサヨナラゲームを決めれば、1973年8月30日に江夏豊が中日ドラゴンズ戦で達成して以来の2度目の延長戦ノーヒットノーラン、延長戦完全試合は史上初の達成となるところだった。この試合は完全試合の参考記録とされている。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た水口栄二

    1996年9月23日の対近鉄バファローズ戦(西武球場)で、初回に水口栄二に安打を打たれたものの後続を全て抑え、途中8連続奪三振の活躍(日本記録は梶本隆夫、土橋正幸の9連続)で1安打、6-0の完封勝ちをあげた。このとき一度目の「準」完全試合を達成していた。西口文也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
93件中 1 - 10件表示

「西口文也」のニューストピックワード