前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た杉内俊哉

    は開幕から絶好調でセ・パ交流戦では6勝を挙げて交流戦の初代最多勝投手に輝く。レギュラーシーズンでも抜群の安定感で、杉内俊哉と最多勝を争う。直接対決で敗れたため1勝及ばずタイトルを逃すが、自己最多の17勝を挙げた。毎年多めな被本塁打も13本に抑えたほか、防御率も初の2点台を記録した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た伊東勤

    2015年は開幕二軍スタートとなったが、5月28日の巨人戦で一軍初登板を果たし、2年ぶりに先発したが4回4失点でKOされた。結局この1試合で二軍落ちとなった。9月23日に現役引退を表明した。フランチャイズ・プレイヤー歴21年は伊東勤の22年に次ぐ記録。11月5日に日本野球機構(NPB)より任意引退公示された。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た小坂誠

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが、西口は何とか後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た江夏豊

    また、西口は1996年の近鉄戦に8者連続三振、2006年には通算1500奪三振を記録し、要した投球回数1729イニングは史上48人の達成者の中で石井一久、江夏豊、川口和久に次ぐ4番目のスピード記録であり、右投げでは歴代1位である。1997年4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)の2回裏に、史上4人目の1イニング4奪三振を記録している。2006年6月18日の対横浜ベイスターズ戦では12個の三振を奪い、1996年から11年連続で2桁奪三振試合を達成するというパ・リーグ新記録を樹立した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た読売ジャイアンツ

    2002年はリーグ2位となる15勝を挙げてリーグ優勝に貢献。3度目のゴールデングラブ賞を受賞した。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは第4戦に先発し、5回を2安打2失点に抑えるも6回に松坂が勝ち越され、そのまま敗れ日本一を逃した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た北海道日本ハムファイターズ

    は試合前半に打ち込まれる姿が目立ち、7月までは防御率6.35と苦しんだ。しかし後半は持ち直し、7月27日の対日本ハム戦で好投して以降は4勝1敗・防御率2.74と活躍、終盤のケガもあって前年より勝ち星は減ったが、レギュラーシーズンを勝ち越して終えた。巨人との日本シリーズでは第7戦に先発するものの、初回に1死満塁のピンチで先制点を与え、2回には坂本勇人にソロ本塁打を打たれ2回2失点で降板した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た松坂大輔

    は3年連続で開幕投手を務める。チーム最多勝は新人の松坂大輔に奪われたが、2年連続で最多完封勝利を記録した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た清水隆行

    西武時代のかつてのチームメイトだった清原和博(なお、西口と清原は1995年と1996年の2年間チームメイトだった。)の死球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、清水隆行にスライダーを右翼席に本塁打されて快挙を逃した。1安打1死球、6-1の完投勝ち。清水を抑えて達成していたら交流戦初、西武ドーム初の達成者だった(のちにリック・ガトームソンが、日本人では杉内俊哉が交流戦初の達成者となった。ちなみに、西口と清水は2009年の1年間だけチームメイトになっている。)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た清原和博

    西武時代のかつてのチームメイトだった清原和博(なお、西口と清原は1995年と1996年の2年間チームメイトだった。)の死球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、清水隆行にスライダーを右翼席に本塁打されて快挙を逃した。1安打1死球、6-1の完投勝ち。清水を抑えて達成していたら交流戦初、西武ドーム初の達成者だった(のちにリック・ガトームソンが、日本人では杉内俊哉が交流戦初の達成者となった。ちなみに、西口と清水は2009年の1年間だけチームメイトになっている。)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たトム・デイビー

    初安打・初打点:2005年5月6日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、3回表にトム・デイビーから中前2点適時打西口文也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「西口文也」のニューストピックワード