2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示
  • 西口文也

    西口文也から見たノーザンリーグ

    にアメリカの独立リーグ「ノーザンリーグ」のスーシティ・エクスプローラーズに野球留学し、後の決め球となるチェンジアップを習得。後半戦で初完投・初完封勝利を記録。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た2008年の日本シリーズ

    は試合前半に打ち込まれる姿が目立ち、7月までは防御率6.35と苦しんだ。しかし後半は持ち直し、7月27日の対日本ハム戦で好投して以降は4勝1敗・防御率2.74と活躍、終盤のケガもあって前年より勝ち星は減ったが、レギュラーシーズンを勝ち越して終えた。巨人との日本シリーズでは第7戦に先発するものの、初回に1死満塁のピンチで先制点を与え、2回には坂本勇人にソロ本塁打を打たれ2回2失点で降板した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たスライダー (球種)

    キレの良いスライダーを代名詞としている。変化の大きいものから小さいもの、横変化の強いものや縦変化の強いものと様々な種類のスライダーを投げ分け、特に2ストライクに打者を追い込んでからは、時にフォークボールと見間違えられる程に鋭く縦に変化し、打者にスライダーを空振りしたのではなくフォークを空振りしたかのようなスイングをさせることがある。好調時には高い確率で打者の空振りを誘い、早いカウントの時は小さな変化でストライクを稼ぐというように使い分けている。速球はかつて150km/h以上(最速152km/h)を計測することもあったが、晩年は平均球速約138km/hに収まっていた。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た日本

    西口 文也(にしぐち ふみや、1972年9月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)。現役時代21年間全て西武に所属したフランチャイズ・プレイヤー。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た神戸総合運動公園野球場

    100勝:2002年10月9日、対オリックス・ブルーウェーブ27回戦(グリーンスタジアム神戸)、先発で7回1失点 ※史上118人目西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た規定投球回

    西口は毎年20本前後の本塁打を打たれ、先発投手としては良い被安打率を誇る割には防御率が良くない。現役21年のプロ生活で10回の2桁勝利を達成している(9勝のシーズンも2回)が、規定投球回投げている年で防御率が3点未満になったのは1度だけである(2005年)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た多臓器不全

    2017年6月27日、一軍投手コーチを務めていた森慎二が病気療養のため休養が発表され、代わって西口が一軍投手コーチとしてブルペン部門を担当することとなった(翌28日、森は多臓器不全のため死去)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た東京農業大学

    市立西和佐小学校から市立高積中学校までは遊撃手、外野手としてプレーしていたが、和歌山県立和歌山商業高等学校から投手を兼任し、立正大学入学後は投手に専念して活躍。1992年春季の東都2部リーグで最優秀投手賞を受賞している。以降準エース格の働きを見せ、1993年の秋季リーグで立正大学が2部優勝し、東京農業大学との入れ替え戦を制して東都1部に昇格している。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た最優秀選手 (野球)

    MVP:1回 (1997年)西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た2004年のパシフィック・リーグプレーオフ

    から禁煙・食事制限など節制に努めて復活を期し、3度右足内転筋を痛めて離脱したが10勝を挙げる。この年FA権を取得するが「これから西武で何勝できるかやってみたい」と発言し残留を決めた。怪我の影響でプレーオフは登板はなかったが、チームはリーグ優勝した。自身は中日ドラゴンズとの日本シリーズ第5戦に先発し、6回2/3を投げて3失点と好投を見せたが打線の援護がなく敗戦投手となり中日の日本一に王手をかけられたが、チームはそこから2連勝し日本一を達成した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
103件中 91 - 100件表示

「西口文也」のニューストピックワード