103件中 21 - 30件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た藤井秀悟

    2006年6月4日の対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)で8回2/3を2失点完投して(この試合は9回サヨナラ負け)以降、2011年8月28日の北海道日本ハムファイターズ17回戦(西武ドーム)で後述する「幻の完全試合」となった2005年8月27日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦以来の完封勝利を挙げるまで、先発での登板時に102試合連続で完投がなかった。この数字は、従来ケビン・ホッジスが持っていた81を大幅に更新する日本記録(当時)であった。後日、この記録について西口は、「おそらく、この記録は抜かれることはないと思いますから。どんなことでも記録として名前が残るのは、うれしいことです」と振り返っていたが、翌2012年には藤井秀悟が先発登板時に103試合連続完投なしとなり、西口の記録は1年あまりで更新された(藤井は2013年4月27日に完投勝利を挙げ、現在の日本記録は107試合である)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たサブロー

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが、西口は何とか後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    2006年6月4日の対読売ジャイアンツ6回戦(東京ドーム)で8回2/3を2失点完投して(この試合は9回サヨナラ負け)以降、2011年8月28日の北海道日本ハムファイターズ17回戦(西武ドーム)で後述する「幻の完全試合」となった2005年8月27日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦以来の完封勝利を挙げるまで、先発での登板時に102試合連続で完投がなかった。この数字は、従来ケビン・ホッジスが持っていた81を大幅に更新する日本記録(当時)であった。後日、この記録について西口は、「おそらく、この記録は抜かれることはないと思いますから。どんなことでも記録として名前が残るのは、うれしいことです」と振り返っていたが、翌2012年には藤井秀悟が先発登板時に103試合連続完投なしとなり、西口の記録は1年あまりで更新された(藤井は2013年4月27日に完投勝利を挙げ、現在の日本記録は107試合である)。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たゴールデングラブ賞

    は初の開幕投手を務める。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。しかし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た千葉ロッテマリーンズ

    また、西口は1996年の近鉄戦に8者連続三振、2006年には通算1500奪三振を記録し、要した投球回数1729イニングは史上48人の達成者の中で石井一久、江夏豊、川口和久に次ぐ4番目のスピード記録であり、右投げでは歴代1位である。1997年4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)の2回裏に、史上4人目の1イニング4奪三振を記録している。2006年6月18日の対横浜ベイスターズ戦では12個の三振を奪い、1996年から11年連続で2桁奪三振試合を達成するというパ・リーグ新記録を樹立した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た中日ドラゴンズ

    から禁煙・食事制限など節制に努めて復活を期し、3度右足内転筋を痛めて離脱したが10勝を挙げる。この年FA権を取得するが「これから西武で何勝できるかやってみたい」と発言し残留を決めた。怪我の影響でプレーオフは登板はなかったが、チームはリーグ優勝した。自身は中日ドラゴンズとの日本シリーズ第5戦に先発し、6回2/3を投げて3失点と好投を見せたが打線の援護がなく敗戦投手となり中日の日本一に王手をかけられたが、チームはそこから2連勝し日本一を達成した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た沢村栄治賞

    は初の開幕投手を務める。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。しかし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た埼玉西武ライオンズ

    西口 文也(にしぐち ふみや、1972年9月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(投手)。現役時代21年間全て西武に所属したフランチャイズ・プレイヤー。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たオリックス・バファローズ

    に松坂がボストン・レッドソックスへ移籍し、層が薄くなった投手陣の中でリーダーとして期待され、5度目の開幕投手を務めて1999年以来の白星を記録。3・4月の月間MVPを初めて獲得した他、8月17日の対オリックス・バファローズ戦(グッドウィルドーム)に先発して、史上46人目の通算150勝を達成。9月18日の対オリックス戦では史上83人目の2000投球回を達成した。しかし6月以降の失速が響いて勝ち星は前年と同じ9勝(11敗)となり、プロ入り以来初めて負け越したシーズンとなった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た大阪近鉄バファローズ

    1996年9月23日の対近鉄バファローズ戦(西武球場)で、初回に水口栄二に安打を打たれたものの後続を全て抑え、途中8連続奪三振の活躍(日本記録は梶本隆夫、土橋正幸の9連続)で1安打、6-0の完封勝ちをあげた。このとき西口は一度目の「準」完全試合を達成していた。西口文也 フレッシュアイペディアより)

103件中 21 - 30件表示

「西口文也」のニューストピックワード