93件中 21 - 30件表示
  • 西口文也

    西口文也から見た一場靖弘

    9回終了まで完全に抑えていたものの、この試合で投げ合った一場靖弘の178球の力投の前に打線が沈黙し、延長戦に突入した。延長10回表、沖原佳典に安打を打たれて快挙を逃した。このような形で延長戦で完全試合を逃したのは史上初、ノーヒットノーランでは9人目。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たセス・グライシンガー

    2004年に日本ハムの本拠地が札幌ドームとなった後は、移転後も年10試合前後行われる東京ドームでの日本ハム主催試合が西武戦では行われていないため、西口の東京ドーム登板の可能性はセ・パ交流戦か、西武と巨人が日本選手権シリーズに進出した場合に限られるはずだったが、2007年のパ・リーグ公式戦において、対オリックス・バファローズ戦(主催試合)が2試合(5月19日・20日)組まれ、19日の予告先発に指定されたが、結局当日になって腰痛のため回避された。同年6月24日の対巨人戦に先発すると6回1失点に抑え、11年ぶりに東京ドームでの勝利を挙げた。2008年6月9日の対巨人戦でも先発し、5回3失点だったもののセス・グライシンガーの乱調もあって勝利投手となっている。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た多村仁志

    から始まったセ・パ交流戦では6勝を挙げ、交流戦の初代最多勝投手に輝く。レギュラーシーズンでも抜群の安定感で、自己最多の17勝を挙げた。毎年多めな被本塁打も13本に抑えたほか、防御率も初の2点台を記録した。年末には、スポーツうるぐすの企画で「今年ついてなかったスポーツ選手」として、普天王・多村仁と釣り対決をしたが釣果なし(ボウズ)に終わった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た普天王

    から始まったセ・パ交流戦では6勝を挙げ、交流戦の初代最多勝投手に輝く。レギュラーシーズンでも抜群の安定感で、自己最多の17勝を挙げた。毎年多めな被本塁打も13本に抑えたほか、防御率も初の2点台を記録した。年末には、スポーツうるぐすの企画で「今年ついてなかったスポーツ選手」として、普天王・多村仁と釣り対決をしたが釣果なし(ボウズ)に終わった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た藤井秀悟

    後日、この記録について西口本人は「おそらく、この記録は抜かれることはないと思いますから。どんなことでも記録として名前が残るのは、うれしいことです」と振り返っていたが、翌2012年には藤井秀悟が先発登板時に103試合連続完投なしとなり、西口の記録は1年あまりで更新された。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たサブロー

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たゴールデングラブ賞

    は初の開幕投手。9月には連投から中4日で登板するなど大車輪の活躍を見せ、最多勝・最多奪三振・最高勝率・ベストナイン・ゴールデングラブ賞・沢村賞・MVPを受賞した。ただし、日本シリーズでは好投するも2敗を喫した。翌年も開幕投手を務めるが不調、前半は中継ぎ・抑えも経験する。しかし、後半戦から復調し、最終的に2年連続の最多勝・最多奪三振・ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得。には3年連続で開幕投手を務める。チーム最多勝は新人の松坂大輔に奪われたものの、2年連続で最多完封勝利を記録した。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見たオリックス・バファローズ

    に松坂がボストン・レッドソックスへ移籍し、層が薄くなった投手陣の中でリーダーとして期待され、5度目の開幕投手を務めて1999年以来の白星を記録。3・4月の月間MVPを初めて獲得したほか、8月17日の対オリックス・バファローズ戦(グッドウィルドーム)に先発して、史上46人目の通算150勝を達成。9月18日の対オリックス戦では史上83人目の2000投球回を達成した。しかし、6月以降の失速が響いて勝ち星は前年と同じ9勝(11敗)となり、プロ入り以来初めて負け越したシーズンとなった。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た千葉ロッテマリーンズ

    1997年4月12日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)の2回裏に、史上4人目の1イニング4奪三振を記録している。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た読売ジャイアンツ

    は試合前半に打ち込まれる姿が目立ち、7月までは防御率6.35と苦しんだ。しかし後半は持ち直し、7月27日の対日本ハム戦で好投して以降は4勝1敗・防御率2.74と活躍、終盤のケガもあって前年より勝ち星は減ったものの、レギュラーシーズンを勝ち越して終えた。日本シリーズ(対読売ジャイアンツ戦)では最終戦に先発するものの、2回2失点で降板した。前日の救援投手として投げた岸孝之は「もし、第7戦に持ち込んだら西口さんが先発なので繋げたかった」と日本シリーズMVP受賞の会見で述べている。西口文也 フレッシュアイペディアより)

93件中 21 - 30件表示

「西口文也」のニューストピックワード